NTTドコモから5インチ18:9フルHD+ディスプレイのコンパクトモデル「Xperia Ace SO-02L」を6月1日に発売。


NTTドコモより、Xperiaシリーズの最新フラッグシップモデルとなる 「Xperia 1 SO-03L」を2019年6月中旬に、スタンダードモデル「Xperia Ace SO-02L」を2019年6月1日に発売。

「Xperia Ace SO-02L」は、「Xperia XZ2 Compact SO-05K」と同じディスプレイを持つコンパクト路線のモデル。

<NTTdocomo「Xperia Ace SO-02L」
・新たなコンテンツ体験を実現する21:9(*1)画面と世界初(*2)4K有機ELディスプレイを採用 ソニーの技術を結集したスマートフォン『Xperia 1』など2機種をNTTドコモより発売 ~世界初(*2)瞳AFに対応したトリプルレンズカメラ搭載などカメラ機能も進化~
・ドコモオンラインショップ

-----------------------------

●18:9ディスプレイのコンパクトなスタンダードモデル「Xperia Ace SO-02L」


「Xperia Ace SO-02L」は、2018年夏に発売されたコンパクトモデル「Xperia XZ2 Compact SO-05K」と同じ5.0インチ、アスペクト比18対9フルHD+ディスプレイ(解像度1,080×2,160)を搭載。

それより以前の「Xperia XZ1 Compact SO-02K」と横サイズ(67mm)を維持しながら縦方向に大画面化。

本体サイズは、約140㎜×約67㎜×約9.3㎜。質量は154g。

「Xperia XZ2 Compact SO-05K」のような背面が膨らんだデザインではなく、従来のフラットに。

前面ディスプレイにはCorning® Gorilla® Glass 5を採用、グラスファイバー強化プラスチックを採用してボディ強度を保ち、グロス仕上げや天面底面で輝くメタルを採用するなどしている。

鮮やかな色彩を再現するソニー独自のトリルミナス®ディスプレイ for mobileを搭載。

ただし、高画質エンジン「X-Reality® for mobile」やHDRアップコンバートは非搭載


サイド面に、電源と一体化したに指紋認証センサーを搭載。ぐるっと回って元の場所にもどってきた。

しかしながらカメラキーは省略されている。

さらに片手操作をより簡単に便利にするUI「サイドセンス」を搭載し、画面端のサイドセンスバーをダブルタップすることで、次に使いたいアプリをAIが予測して表示。


カメラは背面のメインカメラは約1,200万画素の裏面照射型CMOSセンサー Exmor RS® for mobile。

画素の低いセンサーになったかわりに、F値1.8の明るいレンズとあわせて暗いシーンでもきれいに撮影できる。

また、Xperia初として、動画時のハイブリッド手ブレ補正(光学式+電子式)が可能になっている。

カメラ構成が従来の「Xperia XZ2 Compact SO-05K」と異なり、4K HDRビデオ撮影、スーパースローモーション撮影といった高機能は非搭載。

フロントカメラは、800万画素の裏面照射型CMOSセンサー Exmor RS® for mobile、約120度という超広角なセルフィーが撮れる。


オーディオ機器として、ハイレゾ音源に対応。

Bluetoothはver 5.0、コーデックはLDACに加えてaptX HDにも対応する。

ヘッドホン端子は復活、変換ケーブルなしに有線ヘッドホンが利用できる。


IPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵性能を持っているので、水回りでも安心して使うことができる。

接続端子は、USB Type-C(USB3.1 Gen1)を採用して、Quick Charge 3.0に対応。

ワイヤレス給電規格Qi (チー) には非対応。


プロセッサーは、Qualcomm 「Snapdragon 630」、メモリー(RAM)は待望の4GB、ストレージ(ROM)は64GBで、外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応。

バッテリー容量は、2,700mAh

OSは、Android 9


光や角度によって表情を変えるカラーリングで、ブラック、ホワイト、パープルの3色展開。

PREMIUM 4Gによる受信時最大速度 500Mbps、送信時最大速度 75Mbpsに対応。

-----------------------------

「Xperia Ace SO-02L」のドコモ本体価格


NTTドコモより発売される「Xperia Ace SO-02L」の発売タイミングは6月中旬を予定。

「Xperia XZ2 Compact SO-05K」と同じ18:9の縦長5インチディスプレイを搭載するものの、プロセッサーやカメラセンサーをはじめとして多くの機能を削ぎ落としたモデル。

ここまで削るかというくらいまでいろいろ省かれている。

その代り本体価格は5万円切りと安価に設定されていて、ドコモの新プランと組み合わせて利用できる。

「Xperia Ace SO-02L」の現金販売価格/支払総額は、48,600円(税込)
分割支払金1,350円(税込)×36回

「スマホおかえしプログラム」の対象外。

ただし、旧モデルとなった「Xperia XZ2 Compact SO-05K」は、スペックからすると「Xperia Ace SO-02L」を上回りつつも「端末購入サポート」が適用されて一括10,368円と異常に安くなっているので、デザインさえ許容できればこちらをチョイスするという選択肢もある。

●ドコモオンラインショップ

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

<ASCII.jp x デジタルXperia執筆>
・ASCII毎週連載:Xperia周辺機器
・ASCII隔週連載:Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く

<Xperia 10 / Xperia 10 Plus 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載]約5万円の超縦長Xperia「10 / 10 Plus」 高級感もあり日本発売してほしい:開梱レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia 10 / 10 Plus」の実機をじっくり触ったら「Xperia 1」が待ち遠しくなった

<Xperia XZ3>
・[ Engadget Japanese 掲載] [ Engadget Japanese 掲載] 海外版「Xperia XZ3」が届いた!速攻開封レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載] 実機レビュー 新機能も細かくチェック
・[ Engadget Japanese 掲載] 「Xperia XZ3」をXZ2やXZ2 Premiumと比較。比べると際立つその仕上がり

<Xperia XZ2 Compact>
・[ Engadget Japanese 掲載] あるソニーマニアが今回、Xperia XZ2 Compactを選んだ理由

<Xperia XZ2 Premium>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2 Premium 実機レビュー、デュアルカメラには感動ポイントも
・5.8インチ4Kディスプレイ、デュアルカメラを備えたフラッグシップモデル「Xperia XZ2 Premium」をレビュー。(前編)

<Xperia XZ2>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2実機レビュー。手にして印象あっさり逆転「アラ、これ悪くないじゃない」
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia XZ2」を一週間使った率直な感想

<Xperia XZ1>
・Xperia XZ1をソニー好きが徹底レビュー。一見XZsから変わらずなれど、中身は各所がしっかり進化

<Xperia XZ1 Compact>
・Xperia XZ1 Compact 海外版先行レビュー X Compactの妥協感が消え高性能小型スマホ復権へ

<Xperia XZ Premium >
・[ ASCII.jp x デジタル ] Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ
・[ Engadget Japanese 掲載]  ソニーの4Kスマホ「Xperia XZ Premium」を徹底解剖!前モデルとの差が歴然なワケ
・[ Engadget Japanese 掲載]  Xperia XZ Premium自腹レビュー。デザイン・レスポンス・液晶とも心地良く、手放せなくなるモデル

iconicon

ソニーストア

 

LINEで送る
Pocket