21:9の有機ELディスプレイにトリプルカメラを搭載する6.0インチミッドレンジモデル「Xperia 10 II」。 防水防塵機能を備えてバッテリー容量増大、スペックも上がりスキのないモデルに。

毎年スペイン・バルセロナで開催されている携帯通信関連・国際展示会「MWC Barcelona 2020」は中止。

ソニーは2月24日(月)午前8時30分(バルセロナ現地時間、日本時間同日午後4時30分)から、YouTubeのXperia公式チャネルで新モデルを発表。

先日先行して発表されたローエンドモデルの「Xperia L4(エクスペリアエルフォー)」の上位モデルとして、「Xperia 1 II(エクスペリアワンマークツー)」、「Xperia 10 II(エクスペリアテンマークツー)」が登場する。

まずは、「Xperia 10 II(エクスペリアテンマークツー)」からみてみよう。

・Sony Japan | ニュースリリース | 没入感ある映像視聴とクリエイティブな撮影体験できる『Xperia 10 II』商品化
・Xperia 10 II brings water resistance and Sony’s 21:9 ultimate entertainment experience to its super mid-range

-----------------------------

●21:9有機ELディスプレイにトリプルカメラを搭載するミッドレンジモデル「Xperia 10 II」。


・Xperia 10 II Exceed your smartphone expectations

昨年発売された「Xperia 10」、「Xperia 10 Plus」を統合するかたちで、後継機種となる「Xperia 10 II(エクスペリアテンマークツー)」を発表。

アスペクト比21:9約6.0インチ フル HD+ディスプレイ(1080×2520)を搭載。

21:9のアスペクト比を活かして二画面同時表示や、動画を視聴しながらSNSの閲覧やメッセージといったマルチウィンドウの使い方が捗るスタイルはそのまま。

ここまでは「Xperia 10」と同じだけれど、液晶ではなく有機ELディスプレイを採用。

今回はミッドレンジながらも有機ELディスプレイによる引き締まった黒と色の鮮やかさが際立った映像美を堪能できる。

カメラはトリプルカメラへと進化。

・26mm F2.0 有効画素数約1200万画素 1/2.8″ Exmor RS™ for mobile センサー、 デュアルPD(フォトダイオード)
・52mm F2.4 有効画素数約800万画素 1/4″センサー
・16mm F2.2 有効画素数約800万画素 1/4″センサー
※35mm換算焦点距離

レンズを切り替えて、光学2倍ズーム背景ぼけ撮影超広角撮影ができる。

フロントカメラは、有効画素数800万画素のシングルセンサー。

AI機能により、人物であれば肌色を忠実に再現し、料理であれば鮮やかな色あいといった具合に、撮影時にシャッターを押すだけで本格的な色再現ができる。

「ナイトモード」では、ダイナミックレンジを拡張することで、白飛びや黒つぶれを抑えた写真撮影ができる。

高精細な4K動画撮影も可能。

本体サイズは157 x 69 x 8.2 mm、約151g。

フロントパネルとバックパネルには強度の高いCorning® Gorilla® Glass 6を採用

新たにIP65/IP68相当の防水防塵機能を備えたことで、よりアクティブに使用することができる。

右側面にそなえる指紋センサーは電源ボタンとひとつに統合。

ヘッドホン出力できるオーディオジャックを搭載するほか。ワイヤレスでもハイレゾ音源を楽しめる伝送技術LDACや、圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする高音質化技術DSEE HXに対応。

スペックとして、プロセッサーは、「Qualcomm® Snapdragon™ 665 Mobile Platform」に、メモリー(RAM)は4GB、ストレージは128GB

外部ストレージは最大1TBのmicroSDXCに対応。

バッテリー容量は、3,600mAhへと大容量化。

Xperia独自の充電最適化技術と「いたわり充電」で、充電時のバッテリーへの負荷を軽減することでおよそ2年使い続けても劣化しにくくバッテリーを長寿命化し、電池消費を抑えて電池持ちをよくする「STAMINA®モード」も備える。

カラーリングはミント、ホワイト、ブルー、ブラックの4色展開。

ネットワークは4G 対応となり、5Gには非対応。

世界各国で、2020年の春以降に発売される予定。

----------------------------

プロセッサーはミッドレンジを採用しているものの、昨年のディスプレイアスペクト比意外はこれといって特徴もなかった「Xperia 10」、「Xperia 10 Plus」と違い、大幅に進化。

大画面はフラッグシップの「Xperia 1 II(エクスペリアワンマークツー)」にまかせて、「Xperia 10 II(エクスペリアテンマークツー)」は6.0インチの1機種に絞られた。

ディスプレイは有機ELになるわ、トリプルカメラになるわ、防水防塵機能も備えてきて、バッテリー容量は増大。

メモリーとストレージも申し分ないスペックになっていて、指紋センサーもワンボタンオペレーションに戻ってきて、なんだかもう普通に良さげな端末。

あとはどれくらいの価格帯で販売されるのかが気になるところ。

いままでフラッグシップモデル以外のリーズナブルなモデルは、なかなか国内へ投入されることがなかったけれど、もう国内モデルを別枠で用意しなくてもこれをそのまま投入してほしいレベル。

 

・5G対応、21:9の4K有機ELディスプレイに刷新されたトリプルカメラを備える「Xperia 1 II」。AF/AE追従20コマ/秒の高速連写、「DSEE Ultimate™」初搭載、新要素山盛りのフラッグシップモデル。
・開発中の5Gミリ波帯対応スマートフォン「Xperia PRO」があまりにも魅力的。HDMI入力端子を備えて外部モニターと5G超高速モデムと化すプロ機。

<ASCII.jp x デジタルXperia執筆>
・ASCII毎週連載:Xperia周辺機器
・ASCII隔週連載:Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く

<Xperia 1 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載] ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ

・[ Engadget Japanese 掲載] 実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] 海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力
・「Xperia 1」を手に入れたら、真っ先に保護フィルムを貼っておこう。

<Xperia 10 / Xperia 10 Plus 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載]約5万円の超縦長Xperia「10 / 10 Plus」 高級感もあり日本発売してほしい:開梱レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia 10 / 10 Plus」の実機をじっくり触ったら「Xperia 1」が待ち遠しくなった

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


スマートフォンはソニーストアでも実機を展示中

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket