神戸開催の「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに行ってきたよ。 #Xperiaアンバサダー

0705w

 7月4日(土)に兵庫県神戸市で開催された「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに行ってきたよ!

えぇ、この前6月12日(金)に品川で開催された時ももう無理やり行ってきたけれども、今回の神戸開催は地元から行くには(関東よりは)近いし、Xperiaアンバサダーの地方開催展開も今までになかったし、何よりも一般向けに公開しているイベントがどんなのか気になったので、その欲求だけで。

 0705a
0705b 0705c

開催日はあいにくの雨で、久しぶりに三宮で集合して、そこから参加者全員でバスに乗って移動。さすがに知り合いいないよねーと思ってバスに乗り込んでみたら、アラ!?座った隣の席に、ヒロナ( @hirona167 )くんがいた。誰も知らないとチキンハートなので少し安心。

神戸って長く住んでたから久しぶりなんだけれど、三宮からバスで30分くらい山手に進んで行って、辿り着いたのは、神戸市北区にある「スペースアルファ神戸」というところで、全く知らないお初の場所だった。ちなみに、バスには、わざわざ「Xperia アンバサダー様」という団体名になっていた。

0705e 0705d

今回の参加人数は、約30名で、品川の60人からするとちょうど半分だけど、あのブロガーのギラギラした熱量が凄い関東チームに比べると、さすがにお初というだけあってお互いに面識がない事もあってか、とても穏やかな雰囲気。

参加者の年齢層もかなり幅が広そう(多分)で、女性参加者も数名いていい感じで分散していたような。ちなみに、皆も持ち物をチラチラっと見てみた ら、PCはMacbookからVAIO、Lenovo、他もろもろ、スマートフォンもXperiaに限らず、iPhone、GALAXY、他いろいろとバ ラエティに富んでいて、何だかとっても新鮮。

0705k

この時、ふるぴー(@frk0715_sekaowa) さんと初めましての挨拶を交わした時に見せてもらった「Xperia Z3」。「こんなになっちゃったんですよ、液晶割れるとタッチもきかなくなるんですねー`,、(‘∀`) ‘`,、」って見せてもらったけどエライことになってるじゃないかーい:(;゙゚’ω゚’): あ、でも保障がきくらしく近々直しにショップに持っていく との事で、あぁこういう時って国内キャリアの補償サービスってのはいいよねと思わせられる一幕だった。

--------------------------

●ミーティング会場で、Xperia Z4のトークセッション

0705g

まずは、ソニーモバイルコミュニケーションズの笹谷さんの冒頭のお話から始まって、そののちにデザイン、カメラ、オーディオ、ディスプレイと各担当の皆さんからのプレゼンテーションを聴くトークセッション。えーと、この様子は、前回の品川での内容とほぼ同じところがあるので、こっちの内容は以前のBlogを参考に。

・「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」 アンバサダーミーティングに行ってきたよ(前編)
・「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」 アンバサダーミーティングに行ってきたよ(前編)

0705j

その場で体験できるネタとしてかなりおもしろいのが、バイノーラル録音。バイノーラル録音って何かというと、人が実際に音を聞いている状態と同じように録音する方式で、普通は相当高額な機材を用意しないと出来ないものを、Xperia Z4にデジタルノイズキャンセリングヘッドセットをつなぐだけで出来てしまうというもの。

デジタルノイズキャンセリングヘッドセットを耳にくっつけた状態で、カメラアプリを起動、前を向いたままで動画の録画を開始。この状態で、自分の周りから音を鳴らす。そして、録画したものを再生して聞いてみると、自分の周囲をまわるように音がぐるぐると自分の周囲 をめぐるように音の出る方向がわかるほどの臨場感のある音を聴くことができる。バイノーラル録音スゲー!

--------------------------

●Xperia Z4の分解パーツを嬉々として撮影する。

0705r

それから、「Xperia Z4」の分解モデルを触りながらの質疑応答タイム。「Xperia Z4」の本体はどこでも見る事はできても、バラバラに分解された状態の姿にお目にかかれるのは、こうしたXperiaアンバサダーミーティングならでは。

品川開催の時も山盛り撮ったはずなのに、新しいマクロレンズ「SEL90M28G」を手にしたら、もう一回撮りたいじゃない!と、必死になって撮りまくってしまった。人だかりが多いとアラなんて90mmって撮りやすいんでしょう!と物撮りに没頭すること十数分。

0705m

Xperia Z4の、まず自分の持ち物だとやらない分解状態。見てるだけで(*´Д`)ハァハァしてくるわ。というか、もうバッテリーの総体積が凄い事になっていて、各パーツギリギリのせめぎ合い。

0705l

本体が薄くなってもカメラ部分だけが飛び出さない超小さいレンズと、広角レンズになったフロントカメラのパーツ。nanoSIMとMicroSDカードが一体型になったスロット。あの!アツイハートの64bitのオクタコアCPUパーツ!この部分についても気になるところなんだけれども、現状としての対策は公式解答としてはもらえなかった。そりゃそうか。

0705n

本体をがっちり守るフレームとディスプレイパーツ他。フレームの上部に見える黒い物体はスピーカー。実際には下部にも備わって、薄いボディでもちゃんとしたステレオサウンドが出るのはなにげに凄い。

0705p 0705q

自分が思っている以上に拘って作られたフレームからコーナーのパーツ。使いこんで傷が付いたとしても輝きを失わせないとために着色した樹脂の上に透明な樹脂を重ねるという加工法は言うと簡単そうに思えるけれど、相当難易度が高いらしい。

0705o

Xperia Z3のデザインを引き継ぐと言いながらも、背面のパネルをとっても、ひとつひとつコンセプトから最良の色味を検討した結果、最終的にXperia Z4に採用された4色。ブラウンとアクアグリーンはほぼ別物になっていて、ホワイトも見るとフレームのカラーから雰囲気がまるで違う。あ、でも今回もパープルは採用されなかったそうで。

--------------------------

●イオンモール神戸北で、Xperia タッチ&トライイベント

 0705z11

そして、ミーティング会場を後にさらにバスで移動。神戸の「イオンモール神戸北 さざんかコート」で7月4日(土)5日(日)の期間限定で開催されている「Xperia タッチ&トライイベント」にそのまま参加。

0705s

時間制限がここでだいたい1時間もあるから充分楽しめるなと余裕ぶっこいてたら、取材に来ていた週アスのゆうこば(@KobayashiYutaro )さんに、「Xperiaの体験をこなしてスタンプカードに5つスタンプを押してらったら抽選でXperiaグッズもらえるらしいですよ。」と教えてもらい、ヤバイ、これは絶対やらなきゃ!絶対に!と妙なスイッチが入ってしまった。

0705z10

結構インパクトのある、「Xperia Z4 Tablet」」とか「Xperia Z4」の防水性能のデモンストレーション。雨のごとく上から水滴が落ちてる中で使っても平気だよというアピールは、一般の人たちには結構インパクトが大きいかも。

0705z13

実際に「Xperia Z4」を水に濡らした状態でのタッチ操作の体験もできる。厳密に言うと、指が濡れてるとか画面に水滴がついてるくらいなら本当に問題なく使えるので感動モノ。ただし、やりすぎてドバドバ水をかけたりすると、水圧を指のタッチと勘違いして動いちゃうのでさすがにやりすぎ注意。

0705v

「Xperia Z4」に入っているハイレゾ音源をハイレゾ音源に対応したヘッドホン「MDR-1A」で視聴したり、LDACに対応したワイヤレススピーカー「SRS-X99」で超高品質なワイヤレス音声もじっくり座って視聴できる。

 0705z14  0705z7

従来モデル(Xperia A2)と、「Xperia Z4」のカメラの画角比較。実際にアームに固定したXperiaのフロントカメラでそれぞれ撮って「Xperia Z4」がどれくらいワイドに映るかが体感できる。全然いらない情報だけど、ここのコーナーのお姉さんがめっちゃ愛想が良かった。

0705t

「Xperia Z4」についたプレミアムオートで料理を認識して美味しそうに撮れる料理モード。置いてある料理がサンプル品なのに、これを撮影してinstagramにアップしたら、結構それなりに本物っぽくみえたらしくて、だとすると効果があるという事かw

0705z12 0705z6

コドモからオトナまで受けていたのが、カメラアプリのデモンストレーション。顔を合成して遊べる「ARマスク」とか人の顔をアレンジえきる「スタイルポートレート」はもちろん、画面の中に絵を描いたりできる「ARファン」が相当にウケが良くて、さすがファミリーやカップルが多いだけに、ここの食い付きっぷりが半端じゃない。カメラ技術だけじゃなくてソフト大事!

0705z2

他にも、この夏の新モデル「Xperia A4」やタブレットの「Xperia Z4 Tablet」も全て展示。

0705z9

「Xperia Z4 Tablet」はBluetoothキーボードとドッキングさせていると、そのままクラムシェルのノートPCにしか見えなくて、家族連れのお父さんとか、カップルの彼氏のほうがかなり興味津々で触っていたのが印象的。そうか、スマートフォンとタブレット全盛でWindows PCが厳しくなってきたと言われるけど、物理キーのついたガジェットの吸引力はかなりあるんだなと。

0705z4

0705z 0705z1

アクセサリー関係もたっぷり置いてあって、絶えず人だかりが出来ていて人気者なのがSmart Bluetoothスピーカー「BSP60」。BSP60が音をならしながら踊っている姿にみんな釘付け。すごいよハロスピーカー!

0705z5

Smart Watch3は、いまやブラックのシリコンバンド以外にもカラバリも増えたし、メタルバンドも販売中。いや、お願いだからメタルバンドとかレザーバンドだけを単体で帰るようにしてくださいよ(`;ω;´)

0705z8

0705y 0705x

散々各ブースを時間目いっぱい使って楽しんだので、最後に抽選にチャレンジ。超でっかいXperiaの文字が入ったガラポンをまわす。狙うはもちろんA賞のXperiaのロゴの入ったオリジナル扇子!うりゃ~!出ろー!と雑念いっぱいで回したら、見事にB賞のXperiaオリジナル缶バッチだったとさ。いや、充分に嬉しいけども。

ちなみに、B賞にはもうひとつ、Xperiaオリジナルフードクリップなるものがあったらしいけど、既に終了していて、なくなってると思うと妙に気になったりして。

--------------------------

0705u

イオンモール内1Fの一区画(さざんかコート)を貸しきってのイベントだけにかなり大掛かり。唯一残念?だったのは、今回、埼玉、神戸、名古屋、岡山と地方開催される「Xperia タッチ&トライイベント」のうち、唯一神戸会場だけ「だから私はXperia」でもうおなじみの?web CM撮影会が行われていなかったという事。

あと残り、7月11日(土)12日(日)の名古屋、7月25日(土)26日(日)の岡山の2ヶ所の会場では、バッチリweb CM撮影会はあるようなので、行く人はぜひチャレンジしてみよう!

0705z15

という事で17時に神戸での「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングは終了。せっかく神戸に来たからゆっくりして帰りたかったけど、そうも言ってられないので速攻帰宅。

こうして地方で開催してもらえると、断然参加しやすさが違うのでまたぜひお願いしたく!出来るなら、大阪、広島、福岡といった開催場所が増えると、またXperia仲間と出会える機会も増えて楽しそうだなと。

 <Xperia Z4 のレビュー>
・「Xperia Z4」をいろいろ使ってみたレビューまとめ。
・「Xperia Z4」の外観を歴代Xperia Zシリーズを比べて見てみた。 #Xperiaアンバサダー #Xperia

<Xperia Z4 Tablet(国内版Wi-Fiモデル)のレビュー>
・高解像度になって、小さくて薄くて軽くなった「Xperia Z4 Tablet」を使ってみた。

<週刊アスキー掲載>
・フロントカメラだけじゃない! Xperia Z4をZ3と比較しながら実機レビュー – 週刊アスキー #XperiaZ4
・Xperiaヒストリー(毎週土曜日更新)

<アンドロナビ掲載>
・Xperia Zシリーズの最新モデル「Xperia Z4」をあますことなく紹介~外観編~
・Xperia Zシリーズの最新モデル「Xperia Z4」をあますことなく紹介~カメラ・オーディオ編~
・コンパクトながらもハイスペック!「Xperia A4 SO-04G」の魅力を紹介~外観編~
・コンパクトながらもハイスペック!「Xperia A4 SO-04G」の魅力を紹介~機能編~

<モバレコ掲載>
・「SONY Xperia Z4が買い」な理由!期待のスペックを検証する- モバレコ
・Xperia好き必見!「SONY Xperiaアンバサダーミーティング」参加リポート!- モバレコ
・今こそ欲しい、こだわりの全方位高スペック機! SONYのフラッグシップモデル「Xperia Z4」徹底レビュー!- モバレコ
・手のひらにおさまる高機能スマホ SONYのコンパクトモデル Xperia A4徹底レビュー!- モバレコ

iconicon

【HP TOPページへ】

LINEで送る
Pocket