「Xperia Z3 Tablet Compact」に液晶保護ガラスフィルムを貼ってみた。

  1110z15

・「Xperia Z3 Tablet Compact」、LTEを搭載したグローバルモデルの外観レビュー。
・「Xperia Z3 Tablet Compact」に使えるアクセサリー類いろいろ。
・「Xperia Z3 Tablet Compact」の基本性能をチェックしてみよう。
・ついつい手に持ってウロウロ連れて行きたくなる「Xperia Z3 Tablet Compact」
の続き。

そういえば、Xperia Z3 Tablet CompactのWi-Fiモデル「SGP611JPには、ソニー純正のスクリーンプロテクター「ET988」を貼り付けたというのは前回書いたけれど、LTEモデル「SGP621」には、液晶保護ガラスフィルムを貼ってみたのでその様子を。

-----------------------------

●液晶保護ガラスフィルムを貼ってみる。

1110z4 1110z2
何しろLTEモデルが出た直後は、ガラスフィルムはちっとも周辺機器が出回ってなかったのだけど、いつもお世話になってるJetstream SHOPさんのところに早速「Xperia Z3 Tablet Compact用 耐衝撃ガラスフィルム」が入荷していたのでそれをゲット。

Xperia Z UltraとかXperia Z2に、液晶保護ガラスフィルムを貼った事があるのだけど、いつもの保護フィルムと違って貼り付け作業がなかなか大変。

1110z3

というのも、普通ディスプレイ面に貼る位置決めさえしっかりすれば、多少ホコリが入ってたとしても4角にテープを貼って、ペリっと剥がしながらちょいちょいと取り除く事ができるのに、ガラスは基本曲がらないから全体を剥がさないといけない。しかもガラス面は特殊なツルツル加工がされてるからテープの吸着がかなり弱いし、ムリに一箇所だけを持ち上げようものなら割れてしまう可能性もある。

貼付け時に一挙にペターっとくっついてしまわないように、液晶の角にテープをあえて小さく貼っておいてリカバリーできる余地を残して最後の仕上げで取り除く作戦がいいかもしれない。

1110z7
液晶保護ガラスフィルムは、さすがに厚みがあるため本体に貼り付けると、いつものペラペラの液晶保護シートよりはディスプレイ面が厚くなる。

1110z8

いろいろなメーカーからしのぎを削って薄いガラスフィルムを出してきてるのだけど、ここがまた悩ましくて、薄くなれば薄くなるほど貼り付けが難しくなったり、万が一ぶつけてしまった衝撃でガラスフィルムが割れてしまうという事にもなる。

Xperia Z3 Tablet Compactは8インチとわりと面積が広くてもともとが非常に薄いこともあって、全体的に見渡すと気になるというほどではない。

1110z14 1110z13

実は、薄さウンヌンよりも重量のほうが気になってしまう。というのも、何しろXperia Z3 Tablet Compactは軽くてたったの270gしかない。

スクリーンプロテクター「ET988」を貼った状態だと、約276gと6gの上昇ですんでいるのだけど、液晶保護ガラスフィルムをはると約300gとプラス30gほど増えてしまう。300gでも軽いのだけど、さらにここからスタンド機能付きカバー「SCR28」を付けたとすると、カバーが約140gなので、最終的に約440gになったりする。

まぁこういう場合、家の中で使うときは素のままで使って、外に持ち出すときにはカバーを付けるとかでいいのかも。

1110z10

と、先にデメリットばかりを気にしてしまったけれど、液晶保護ガラスフィルムの良さはやはり透明度。貼っていないかのように透過していて気持ちいい視認性がある。

1110z9

表面はツルツルで指の滑りもとても良いし、もちろんどんどん触っていると指紋はついてしまうけれど、拭き取りもしやすいし、安心して使えるというのを手に入れたと思えば悪くない。

素のままで使うのが一番軽くてスタイリッシュなのはわかっちゃいるのだけど、普段どんなに気をつけていても、たった一度のミスで傷がついてショック!というのを過去に何度も経験してるので、何かしら保護フィルムは貼っておきたいなと。

-----------------------------

●他、今気になってるXperia Z3 Tablet Compact用アクセサリー

 個人的に一番のお気に入りの保護シートは、Xperiaを買ったら間違いなくといっていいほど買うミヤビックス製の「OverLay Magic for Xperia (TM) Z3 Tablet Compact SGP611 / SGP612 傷修復・耐指紋タイプ液晶保護シート OMXPZ3TBC」。だいたいいつも、「キズ修復・耐指紋タイプ」を選ぶかな。たまに「高光沢タイプ」。

純正のスクリーンプロテクター「ET988」は完全な光沢タイプじゃないので、あわよくばこっちに張り替えたい。(けどもったいないから当分そのまま。)

Xperia Z Ultraのソニーストアでの3年ワイドの保証特典でついてきていたDeff製の「High Grade Glass Screen Protector for Xperia Z3 Tablet Compact/ DG-XZ3TCG3F」は、0.33mm(全体の厚み0.55mm)の旭硝子製ガラスを使用。指紋や汚れがつきにくいだけでなくて、先の尖ったものがぶつかったとしても傷がつくことがない表面硬度”9H”を持っているプロテクトスクリーン。

純国産でなかなか良いのだけど、ぶっちゃけ値段が高いのがネック。

ただし、自分で綺麗に貼り付ける自信がないよーという場合に限っては、Xperia Z3 Tablet Compactをソニーストアで購入すれば、スクリーンプロテクター「ET988」を貼り付けて届けてくれるサービスを利用するという手もある。

同じく、ソニーストアでも取り扱いをしてるのでふと見つけて気になったDeff製の「TRAVEL BIZ Magnetic Connecter Cable/ DCA-SXLED」。マグネット端子に付けるユニットがかなり小型化してるし見た目かっこよくなってるし、充電中とか万充電の通知LEDもあるし、ヤバいこれ欲しい!

と、話が脱線しつつまた続く。

・Xperiaを充電する時、とっても便利なマグネット充電アダプター「TRAVEL BIZ Xperia」etc

-----------------------------

<Xperia Z3 Compact(D5833、D5803)グローバルモデルのレビュー>
 ・グローバルモデル「Xperia Z3 compact(D5803)」の外観ファーストインプレ。 
・「Xperia Z3 Compact(D5803)と(D5833)」の中身と新しい機能をチェックしてみる。
・暗がりでも撮れる写真、ブレない動画がもはやコンデジレベルの「Xperia Z3/Z3 Compact」カメラ。
・ハイレゾ音源、ノイズキャンセリング機能、いい音で聴けるスマートフォンになった「Xperia Z3/Z3 Compact」
・PS4リモートプレイ、BDレコーダーやnasneへリモートアクセスが楽しい「Xperia Z3/Z3 Compact/Z3 Tablet Compact」

 <Xperia Z3(D6653)グローバルモデルのレビュー>
・グローバルモデル「Xperia Z3(D6653)」の外観ファーストインプレ!
・「Xperia Z3(D6653)」の初期セットアップと新しい機能をチェックする。
・カメラアプリ、4K動画、ノイキャン、ハイレゾ音源、PS4リモート、「Xperia Z3」の機能モリモリ。

<Xperia Z2 Tablet(国内版Wi-Fiモデル)のレビュー>
・「Xperia Z2 Tablet(SGP512JP)」の外観ファーストインプレ。
・Xperia Z2 Tabletのスタンドに変化するブックレットスタイル保護カバー 「SCR12」
・わりと汎用性のあるXperia Z2 Tablet専用卓上ホルダ「DK40」
・Xperiaを充電しながら、迫力ある音を再生するスピーカードック「BSC10」

<Xperia Z2 Tabletグローバルモデルのレビュー>
・グローバルモデル「Xperia Z2 Tablet(SGP511)」の外観ファーストインプレ!
・「Xperia Z2 Tablet(SGP511)」のセットアップからいろいろ中身をみてみる。
・「Xperia Z2 Tablet(SGP511)」で、出来る事をいろいろやってみた。

<Xperia Z2グローバルモデルのレビュー>
・グローバルモデル「Xperia Z2(D6503)」の外観ファーストインプレ!
・「Xperia Z2(D6503)」をいじりながら進化したところをチェック。
・Xperia Z2で、4K動画を撮ってみる、そして観てみる。
・Xperia Z2の強化されたノイズキャンセル機能を使ってみる。
・Xperia Z2+DACアンプを使ってハイレゾ音源を聴いてみる!

<Xperia Z Ultra(国内版Wi-Fiモデル)のレビュー>
・「Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)」限定パープルを手にしたファーストインプレ!
・持ち運べる大画面が心地良い「Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)」
・Xperia Z Ultraを快適にするアクセサリーを使ってみる(その1)
・Xperia Z Ultraを快適にするアクセサリーを使ってみる(その2)
・Xperia Z Ultraでリモートデスクトップを使って「艦これ」をしてみよう!
・Xperia Z Ultra専用のバッテリー搭載ケース「Power Cover CP12」 をつかってみる。
・手持ち子機にしたり、2台同時接続が楽しいワイヤレスヘッドセット「SBH52」!

<Xperia Z Ultraグローバルモデルのレビュー>
・6.4インチサイズの「Xperia Z Ultra」の外観ファーストインプレ!
・「Xperia Z Ultra」をぼちぼちいじってみた雑感。
・Xperia Z Ultra(3G版)に「X-Reality for mobile」とスモールアプリ複数起動が追加!
・Xperia Z Ultraに、Android 4.3と各アプリアップデート!
・Xperia Z Ultraグローバルモデル(C6802)をAndroid4.4(KitKat)にアップデート!

・EXPANSYS(エクスパンシス)

iconicon

【HP TOPページへ】

 

LINEで送る
Pocket