テレワークや、ウォーキング・ランニングにも最適、「ながら聴き」できる耳をふさがないオープンイヤースタイルのヘッドセット3機種を紹介。


テレワークや屋内での運動、ウォーキング・ランニングなどにオススメのマイクつきヘッドホン。

Bluetooth接続してハンズフリーで使えて、「ながら聴き」ができる耳をふさがないオープンイヤースタイルのヘッドセット3機種を紹介。

・オープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」
・オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」
・ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 「Xperia Ear Duo(XEA20)」

<他、参考>
・テレワークや屋内での運動などにオススメのマイクつきヘッドホン。スマホとBluetooth接続してハンズフリーで使えるネックバンドタイプのワイヤレスヘッドホン。

-----------------------------

オープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」


オープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」
ソニーストア販売価格:6,880円+税
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


耳に装着する負荷が少なく、耳をふさがずに外の音も聴こえるオープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」

3.5mmステレオミニプラグのケーブル接続するリーズナブルなタイプ。

本体部分からのびるパイプ(音導管)が耳の穴の直前にまで迫って鼓膜に向かって音声を耳に伝えるという仕組み。

一般的なイヤホンのイヤーピースのように耳の穴の奥に入れるのではなくて、耳の穴の浅い部分にひっかけて安定させるためのリングサポーター。

耳に装着するためのオプションパーツとして、サイズ違いのリングサポーターがS/M/Lが左右にそれぞれ3種類付属していて、もしもゆるければリングサポーターのサイズLを、耳の穴が痛いとか大きすぎて保持できない場合はSと変えられる。


耳への装着のしかたは、耳たぶをはさむようにひっかける感覚で、大きめの本体が耳の後ろにくるように、パイプ部分が耳たぶをグルっと前にきてリングサポーターが耳の穴にハマる感じ。

これがまたフィッティングがよくて、かつ耳が痛くならないスタイル。

本体の半分が耳の後ろに定着していることもあって目立たないし、メガネをかけても干渉しないというメリットもある。

重さは両耳あわせても約18gしかなく、耳たぶに挟み込むように装着して触れているなという感覚があるのは、耳の穴の浅い部分周辺あたりだけ。


イヤホンタイプのような耳の穴の奥まで塞ぐインナーイヤーの圧迫感もなけく、安定性もよくて、首をふっても歩いても走ってもブレたり落ちたりしにくい。

このスタイルなら、大人も子供も男女とも耳のカタチや大きさにほとんど左右されずに着けられる。


耳に音が伝わる感覚は、ざっくり言えばスピーカーから音を聴いているような感覚に近い。

周りの環境音はいつもどおり聞こえていて、好みの音楽が流れている感じで、リラックスして聴けるのが良い。

当然ながら音楽に没頭したいなら密閉型が絶対オススメだけれど、その場を感じながら聴きたいとか、BGM的に聴くスタイルを好む人にはこっちのほうが向いている。

弱点があるとすれば、当然周囲の音が耳に当たり前に入ってくるので、その音がうるさいと本来の音が聞こえにくくなるところ。

周囲の音をコントロールしたい場合には、ノイズキャンセリングヘッドセットのほうが向いている。


ちなみに、ケーブル途中のリモコンにマイク、ボリューム、マルチファンクションキーを搭載。

スマートフォンのハンズフリー通話もできて、ボリューム調整、曲送り/戻しといった操作を手元でできる。

また、マルチファンクションキーを長押しすることで、GoogleやSiriを起動して音声検索を利用することもできる。


使わない時は、左右のユニットにのびるコードの中間にあるストッパーを引き寄せるとバラバラにならずに一本化できてスッキリくるくるっとまとめられる。


「STH40D」
のカラーバリエーションは、ブラック、グレー、グリーン、ピンクの4色展開。

今までのイヤホンとは明らかに立ち位置が違う新鮮な感覚。

自宅でテレワークをしていてもまわりの音が聞こえるほうが良いとか、運動不足解消にウォーキングやランニングするにしても車やバイクの音に気づきやすいほうが安心できるという場合には最高のアイテム。

・オープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」製品情報
・身につけていても違和感が少ない、まわりの音が聞こえつつ音楽を楽しめるオープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」レビュー。

 

-----------------------------

オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「STH82」


オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82」
ソニーストア販売価格:9,880円+税
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

耳をふさがない構造で、周囲の音も聞こえながら再生している音楽を楽しめる「デュアルリスニング」。

3.5mmステレオミニプラグのケーブル接続に対応した「STH40D」の、ワイヤレス版が「SBH82D」

音楽を聴いていても周囲の人と話をしたり、アウトドアで自然を体感しながら音を楽しんだり、様々なシーンで外音を遮らずに音楽や通話を両立できる。


ソニー独自の音導管設計により、耳をふさがない構造で、音導管を通して鼓膜へダイレクトに音を届けることで、周囲の音と再生している音楽がブレンドされる。

独自の測定データに基づいて、周囲の音の聞こえやすさと広がりある音を両立させて、BGMのように音楽を楽しめる。


どんな耳の形でもフィットする、新しい下掛けスタイルを採用。

装着していても正面から目立ちにくく、耳への負担もとても少ないほか、メガネと干渉が少ないという利点もある。

コンパクトなサイズで、耳に合ったサイズを選べる3種類(S/M/L)のリングサポーターを利用することでより安定した装着性を保ち、耳穴をふさがないため長時間でも蒸れにくい。


「STH40D」は有線接続なのに対して、「SBH82D」は、スマートフォンなどとBluetooth接続できるワイヤレスステレオヘッドセットタイプ。

煩わしいケーブルがないオープンイヤースタイルが快適。

コーデックは、SBC・AACに対応。

ワイヤレス接続時には、最大約7.5時間の連続音楽再生、最大約8時間の連続通話が可能。

本体質量は25.5g、首にかけていても疲れない軽さ。

ネックバンド自身が柔らかく小さく折りたたむこともできて、持ち運ぶときにもかさばらない。


ネックバンドにはマイクや操作ボタンを備えて、スマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量調節、電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能。

さらに、GoogleやSiriやといった、スマートフォンのボイスアシスタント機能の起動にも対応する。

カラーバリエーションは、ブラック、グレー、ブルーの3色展開。

・オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82」製品情報

 

-----------------------------

●ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」


ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 「Xperia Ear Duo(XEA20)」

ソニーストア販売価格:19,000円+税

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


耳を完全にふさがずに、周囲の音を聞きながら音楽を聴けたり、ハンズフリーでいろいろなコミュニケーションができる左右独立タイプのワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 「Xperia Ear Duo(XEA20)」

片側だけの重さは約10.6gで、耳たぶに挟み込むように装着。

左右独立型ながら通信方式は、補聴器で使われているNFMI (Near Field Magnetic Induction/近距離電磁誘導) を採用して、遅延もほぼなくて動画を見たりゲームをプレイしても映像と音が大幅にズレることもなく、片側の音が聞こえなくなるなんてこともない。


仮に、職場で電話がかかって来た場合、「Xperia Ear Duo」を耳につけたままでも受話器をとって電話しようと思えばできる。

どうしても外したいと思ったら、左側をはずして右側だけでも使える。

少しでも長くつけていられる、オープンに周囲の状況を察することができる、”ながら使い”が捗る。

普段何か作業をしながらBGM的に音楽を聴くようなながら聴きを好む人にとっては最高のアイテム。


Bluetooth接続して、ハンズフリー通話や音楽のリスニングという事に限らず、音声やジェスチャーで指示を出すことにで、インターネットの検索から、メッセージの読み上げ、ナビゲーションといったことを行ってくれる。

Android専用の「Xperia Ear Duo」アプリをスマホにインストールすることで「アシスタント」機能も利用できる。

複数のセンサー(近接、加速度、ジャイロ、気圧、方位、スマホのGPSなど)から、ユーザーの状況を認識して、知りたいときに知りたい情報を教えてくれたり、スマホにアプリの通知があれば、メッセージやメール、カレンダーの内容もアシスタントの声でお知らせしてくれる。

LINEの音声アシスタントClovaの音声操作を連携して、LINEのメッセージを読み上げてくれたり、音声でメッセージを送信といったことまでできる。


「Xperia Ear Duo」の左右の本体ユニットの平らな部分にはタッチパッド機能を搭載。

左ユニットは、シングルタップ/ダブルタップ/トリプルタップで、メディアの再生・一時停止、次のトラック、前のトラックといった操作ができて、左右どちらでもタッチぱどをスワイプすると音量の大小といったコントロールができる。


歩いていてもランニングしていても耳から外れてしまう不安もなく自然に装着できて、自転車や車が近づいた気配を感じたり、人から声をかけられても気付けて、電車や空港でのアナウンスも耳に入ってくる、といういつもと変わらないままで使える。

・ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 「Xperia Ear Duo(XEA20)」製品情報

・ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 「Xperia Ear Duo(XEA20)」レビュー(その1)。耳の負荷が極端に少ない、周りの音が聞こえながら音楽を楽しめる新しいイヤホン。
・ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 「Xperia Ear Duo(XEA20)」レビュー(その2)。LINE Clova連携が楽しい、必要なお知らせや情報を音声で知らせてくれる自分専用の秘書がいるようなアイテム。
・「Xperia Ear Duo(XEA20)」の初期セットアップ。長く着けていられる負荷の少なさと開放感が新鮮なワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 。
・ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット 「Xperia Ear Duo(XEA20)」に最新ファームウェア ver 1.0.18を更新。左右接続の安定性向上や、一部スマホでアプリ起動に失敗する不具合の修正など。
・「Xperia Ear Duo(XEA20)」に最新ファームウェア ver 2.0.0を更新。騒音が大きくてもはっきり聞こえる「ダイナミックノーマライザー」、タッチパッドに現在時刻読み上げやLINE送信に対応、他多数。

 

-----------------------------


・音楽を聴きながら会話も楽しめる オープンイヤーで「ながら聴き」

-----------------------------

●My Sony IDのサインインすると「割引価格」に!

・ソニーストア定期クーポン

My Sony ID
を登録すれば、ソニーストア割引クーポン(10%OFF)が利用できる。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket