最高のノイズキャンセリング性能と持ち運びのしやすさを持ったネックバンドタイプのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000XM2」登場。


Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホンで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したネックバンドタイプの「WI-1000X」後継モデル「WI-1000XM2」を2019年12月7日に発売。

先んじてオーバーヘッドタイプの「WH-1000XM3」と、左右独立型の「WF-1000XM3」の最新モデルがワイヤレスノイキャン界を席巻していて、ようやくネックバンドタイプにも最新技術がモリモリ搭載した新モデルとして「WI-1000XM2」が登場となる。

・業界最高クラスのNC性能のネックバンド型『WI-1000XM2』などワイヤレスヘッドホン3機種発売 | プレスリリース | ソニー

-----------------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000XM2」


「WI-1000XM2」は、音質もノイキャンも全てを妥協しないオーバーヘッドタイプは外出先で使いづらい、けれど性能は犠牲にしたくないしないという願いを叶えるネックバンド方式のヘッドホン。

初代モデルのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000X」からすると、2年ぶりのモデルチェンジ。

<前モデルWI-1000Xレビュー>
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000X」をソニーストアで触ってきたレビュー。ノイキャンも音質も妥協せずに持ち運びも楽ちんなネックバンドタイプは超アリ!
・持ち運びのしやすさと、ノイズキャリング性能や音質というクオリティも両立させてしまった、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000X」。


最大の特徴はオーバーヘッドタイプの「WH-1000XM3」と同じ、前モデル比約4倍の処理能力をもつ「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載していること。

ノイズキャンセリング性能が飛躍的に向上している。

飛行機のエンジン音のような低域ノイズから、人の声や雑踏の音まで中高域のノイズも、今まで以上に低減できるようになり、業界最高クラスの性能を持っている。


また従来どおり、音声信号処理技術や解析技術を統合したSENSE ENGINEによる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載。

「デュアルノイズセンサーテクノロジー」は、ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、音楽信号をすべてデジタル化して、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、「フィードフォワード」、「フィードバック」の2つの方式で騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成する。

気圧の変化に応じて、ノイズキャンセリング性能を最適化する機能にも対応する。


「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」
は、音質にも寄与する。

ポータブルオーディオ向けとして最高クラスのS/N比と低歪率をあわせ持ったD/A変換回路、さらにはヘッドホンアンプを内蔵しているだけでなく、32bitのオーディオ信号処理を行うことで、圧倒的なクリアな音楽再生が可能になる。


インナーイヤーヘッドホン部は、小型高感度9mmダイナミックドライバーユニットと、バランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを組み合わせた、HDハイブリッドドライバーシステムを搭載。

感度99dB/mW(有線接続、電源ON時)、94dB/mW(有線接続、電源OFF時)


CD音源やMP3といった圧縮音源をアップスケーリングし、サンプリング周波数とビットレートを最大96kHz/24bitまでアップスケーリングする「DSEE HX」をヘッドホン本体に搭載。

Bluetoothの対応コーデックは、SBC、AAC、そしてSBCの約3倍にもなる情報量で音源を転送できる 「LDAC(エルダック)」にも対応して高音質なワイヤレスの音楽再生が可能。

aptXaptX HDには非対応な点には注意が必要。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


また、ネックバンドタイプとはいえ前モデルの「WI-1000X」とはその形状は随分と異なる。

「WI-1000XM2」は、コンパクトに丸められる柔らかいシリコン製のネックバンドを採用。

トータル重量も約 58 g (本体: 約 44 g)と、前モデル約 71 g (本体: 約 61 g)よりも軽くなり、首回りにもフィットして装着性がより良くなった。


イヤホン本体は、イヤーピースに少し角度を付けたアングルドイヤーピース方式にしたことで、さらに耳の奥まで装着しやすくなったことで外れにくくフィット感が向上している。

また、左右のヘッドホンユニット部分に磁石を内蔵しているので、使わないときはユニット同士をスッキリまとめておくことができる。


シリコン製のネックバンドになったことで柔軟に曲げられるようになったことで、大幅にコンパクトに収納できるようにもなった。

付属のキャリングケースも圧倒的に縮小し、ネックバンド部分を丸めて小さく収納ができる。

キャリングケースには、専用ヘッドホンケーブル、充電ケーブル、航空機用プラグアダプターも一緒に収めて持ち運びもできる。


操作系のボタンは、ネックバンド部分ではなくより操作しやすいように左側のケーブル部分にリモコンとして独立。

音量調節や音楽の再生停止、曲送り、曲戻し、ハンズフリー通話の受話・終話といった操作が手元でできる。

iPhoneの「Siri」や、Androidの「Google Now」といった音声アシスタント機能の起動もできるので、スマートフォンを取り出さずにヘッドホン側の操作と音声操作だけで、電話をかけたり音楽を再生、情報検索といった使い方もできる。

リモコンに備えるカスタムボタンは、ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの切り替えが可能で、「Headphones Connect」アプリから別の機能、例えばボイスアシスタントなどに機能を割り当てといったこともできる。


スマートフォンアプリの「Headphones Connect」を使うことで、外音取り込みのレベル(22段階)や、サウンドエフェクトのカスタマイズが可能。

「アダプティブサウンドコントロール」では、ユーザーが歩いているか、とまっているか、電車にのっているかなどを検出して、状況にあわせてノイズキャンセルが最適化される。


連続再生時間は、ワイヤレス接続で最大10時間(ノイズキャンセリング機能ON時)の長時間使用が可能。

10分の充電で80分利用できるクイックチャージ機能もある。

-----------------------------


音質もノイズキャンセリング性能も妥協したくない派にはオーバーヘッドタイプの「WH-1000XM3」が最高。

これは揺るぎない。

その一方で、左右独立型の「WF-1000XM3」は装着していることの煩わしさからもノイズからも開放される快適さとクオリティのバランスが最高。

これはもう皆のハートをガッチリキャッチしたおかげでバカ売れ。恐ろしいほどに。

でも人間とは贅沢なもので、音質もノイキャン性能も犠牲にしたくないけどもっとスマートに使いたいところにネックバンドタイプの「WI-1000XM2」がズバリハマる。

オーバーヘッドタイプを通勤で使う勇気はないのよ、とか、さすがに荷物は極力小さくしたいのよとか。

左右独立まで究極に小さくなくていいから、LDAC搭載しておいて欲しいのよとかインナーイヤーのドライバーにこだわりたいたいのよとか。

もしもそうだとしたら「WI-1000XM2」にしておきなさいと。

「WI-1000XM2」はあの「WH-1000XM3」が究極にスゲーと驚いたノイキャン性能が強烈だということとヘッドホンアンプを内包して音質も大幅にアップする「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載している。

あとは巨大なオーバーヘッドのドライバーか、インナイヤーかの違い。

2年ぶりに、劇的に進化したネックバンドタイプを待ちわびたモデルとなる。

-----------------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000XM2」


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000XM2」
ソニーストア販売価格:35,000円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


・”静寂”というベクトルと”ワイヤレスでも良い音”というベクトルをあわせもって、”快適さ”を具現化してくれるヘッドホンワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM3」をソニーストアで触ってきたレビュー。ノイキャンの静寂っぷりと音質の心地よさがツボにハマる。


・静寂とイイ音の合わせ技が最高すぎる、完全ワイヤレスのノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を使ってみたレビュー。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を2週間ガッツリ使ってみた雑感。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」、おじさんレビューばかりじゃ参考にならない!?20代のナウでヤングなみんなたちのレビュー。


・もっと浸れる音楽へ。ソニーの選べるノイキャン・ワイヤレス

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket