「WF-1000XM4」と「WF-1000XM3」のイヤホンのバッテリー使用時間比較。コーデックや圧縮音源のアップスケーリング、ノイズキャンセリング機能のオンオフによるバッテリー駆動時間の変化もチェックしてみる。


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」は、「WF-1000XM3」よりも小型化したにもかかわらずバッテリーの持続時間が長くなっている。

ほかにもコーデックや機能のオンオフによってどのくらい異なるものなのか?

さすがにすべてを実際に駆動させる実験はできないので、公式のヘルプページよりバッテリーの使用可能時間を比較してみる。

・進化した業界最高クラス完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-1000XM4」発売 | プレスリリース | ソニー
・WF-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー

---------------------

「WF-1000XM4」と「WF-1000XM3」のイヤホンのバッテリー使用時間比較。


ソニー公式のヘルプページより抜粋して「WF-1000XM4」「WF-1000XM3」の使用時間を表にしてみた。

まずは、Bluetooth接続して、満充電からの使用可能時間。

※コーデックについてLDAC「WF-1000XM4」のみ搭載。
※圧縮音源のアップスケーリング機能は、「WF-1000XM4」DSEE Extreme「WF-1000XM3」DSEE HX

 

<考察1(同条件でバッテリーライフを比較)>

HPでうたわれている「WF-1000XM4」最長8時間の条件は、「AAC、ノイキャンオン、DSEE Extremeオフ」

「WF-1000XM3」を同条件でみると最長6時間

約2時間もバッテリーライフが長くなっていることがわかる。

 

<考察2(コーデックの違いによるバッテリーライフの変化)>

AAC(iOS)での接続が公称値になっているため、Androidの接続を考慮してSBCで接続すると考えるとバッテリーライフが短くなる。

「WF-1000XM4」待望のSBCの約3倍にもなる情報量で音源を転送できる 「LDAC(エルダック)」は最も消費電力が多い。

 

<考察2(使用条件の違いによるバッテリーライフの変化)>

また、圧縮音源のアップスケーリングをオンにすると、バッテリー消費が増える。

同じく、ノイズキャンセリング機能 / 外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)を使用すると、バッテリー消費が増える。

 

連続通話時間についても比較してみた。

ノイズキャンセリング機能をオンにした状態とオフの状態ともに、「WF-1000XM4」のほうが1.5時間バッテリーライフが長くなっている。


イヤホン自体のサイズについて、「WF-1000XM4」「WF-1000XM3」から約10%小型化

また、イヤホン本体の質量は、「WF-1000XM4」7.3g「WF-1000XM3」8.5g

バッテリーライフが上昇しながらも、よりコンパクトになり1.2gも軽量化していることになる。

実際に装着してみると、「WF-1000XM4」の耳からの飛び出しはさらに少ない。

成人男性の耳であれば、ほぼおさまるほど。

成人女性でも露出する部分がよりすくなくなるため、違和感も少ない。

 

---------------------

●バッテリーケースのサイズの違いと充電回数の違い。


イヤホンをケースに収めると自動的に電源OFFになって充電を開始。

フル充電にかかる時間は、「WF-1000XM4」「WF-1000XM3」ともに約1.5時間

 
急速充電はについて、「WF-1000XM4」5分で60分


「WF-1000XM3」10分で90分


バッテリーケースについては、「WF-1000XM4」は大幅にコンパクト化。

サイズは、66.9 mm x 39.2 mm x 29.4 mm

「WF-1000XM3」のバッテリーケースのサイズは、78 mm x 52.4 mm x 28.3 mm。

体積にしておよそ40%も小さくなっている。


「WF-1000XM4」は、バッテリーケースで充電できる回数は2回

本体で8時間持つ設定の場合、バッテリーケース2回充電して16時間とあわせて最長24時間バッテリーが持続るという計算。


「WF-1000XM3」は、バッテリーケースで充電できる回数は3回

本体で6時間持つ設定の場合、バッテリーケース3回充電して18時間とあわせて最長24時間バッテリーが持続するという計算。

 

---------------------

「WF-1000XM4」は、「WF-1000XM3」よりも10%コンパクトになり1.2gも軽量化しているにもかかわらず、バッテリー駆動時間が大きく延びているということがわかる。

また、LDACや、圧縮音源のアップスケーリング、ノイズキャンセリング機能/外音取り込み機能など、音質や機能を重視すると、消費電力が増えてバッテリー駆動時間が短くなるという事も知っておいて損はないだろう。

日々の使い方や好みもふまえて、設定を変えてみるのが良さそうだ。

 

<WF-1000XM4  レビュー>

・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」を使ってみたレビュー!待望のLDAC搭載だけじゃない、さらなるノイキャン性能アップやハンズフリー通話劇的改善、防滴対応、装着性まで何から何までが感動レベル!

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」
オープン価格
ソニーストア販売価格:33,000円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・海外で、完全ワイヤレスのノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」発表!LDACやDSEE Extreme搭載、ノイキャン性能アップ、防滴IPX4対応ほか、進化ポイントまとめ。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」を、6月25日に発売。ソニーストアで6月9日(水)10時より先行予約販売開始。ソニーストアでお得に購入する方法など。


ソニーストアのサービス「紛失あんしんサービス」

・ソニーストア定期クーポン

---------------------

●利用するとオトクなソニーストアのサービスとキャンペーン


ソニーストアで購入した商品に、好きな言葉や数字、記号を刻印できる「メッセージ刻印サービス」

サービス販売価格:1,100円(税込)


・24回払いまで分割払手数料0%キャンペーン

分割手数料が無料!

<例> WF-1000XM4:33,000円(税込)

24回払いなら
月々の支払い: 1,300円(税込)
1回目のみ:3,100円(税込)


・ソニーストア下取りサービス

ソニーストアでは、オンラインでもソニーストア直営店でも利用できる「ソニーストア下取りサービス」


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)では、6月9日(水)から先行展示を開始す。

実機を確かめたい人はぜひ脚を運んでみよう。

 

-----------------------------

●はじめてソニーストアを利用するときも先にMy Sony ID登録しよう

まだ一度もソニーストアを利用したことがないという場合でも、My Sony IDを新規登録すると、すぐに利用できるソニーストア割引クーポン(10%OFF)をもらうこともできる。

その後、お買い物条件に応じて年に2回オイシイクーポンがもらえるので、ぜひ利用しよう。

 

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」特集


・WF-1000XM4 コンセプトサイト


・「 WF-1000XM4開発者インタビュー」
業界最高クラスノイキャンとソニー初、ハイレゾ音質完全ワイヤレス さらなる静寂を実現する『WF-1000XM4』


・より高い遮音性と安定した装着性を実現する、ノイズアイソレーションイヤーピース

 

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket