ソニーのハイブリッドスマートウォッチ「wena wrist(ウェナ リスト)」に、Chronographモデルの新色ホワイトモデルが登場。


見た目は腕時計そのままに、バンド部にデジタルテクノロジーを載せて、アナログ腕時計のデザインはそのままにガジェットとしての便利機能を搭載した「wena wrist(ウェナ リスト)」

今回は追加されたのは、新色となる「wena wrist Chronograph White」が登場。

・wena wrist公式ページ。

---------------------

●wena wrist Chronograph White


「wena wrist(ウェナ リスト)」のデザインのうちスタンダードモデルとして存在している、ベース文字板と外周リングの2体で構成された文字板を持つ「Chronograph」モデルのホワイトモデル。

ホワイトをベースに文字板に金属の質感を引き出すためにブラスト仕上げを施してさわやかな印象を受けるフェイスデザイン。


サブダイヤルはベースの文字板から、微細な溝によって切り分かれていて、同一面にありながら別々のダイヤルであることを示唆するという機能を持つ。


外周リングにも同様に時刻を示す12本の溝(スリット)が斜面部に入っていてリングを切り分け。

リング天面には細く繊細なデザインのアラビア数字のフォントを10秒単位で60秒表示でレイアウト、必要最小限のシンプルな文字板デザインの中で特徴となっている。


ムーブメントを含めたヘッド部の設計・製造はシチズン時計株式会社が行っている。

「wena wrist(ウェナ リスト)」のバンド部分には、スマートフォンと連動して電話やメールの着信、SNSの更新を 光と振動でお知らせする”通知機能”、歩数や消費カロリーなど活動量計というログがとれる”ログ機能””電子マネー/おサイフケータイ”の3つの機能を備える。

---------------------

●wena wrist Whiteモデルラインナップ


[wena project] wena wrist Chronograph White WN-WC01W

価格は、ヘッド部+バンド部あわせて61,880円(税別)。

ヘッド部単品で、41,000円(税別)。


[wena project] wena wrist Three Hands White WN-WT01W

Three Handsのホワイトモデルは既に販売されていて、価格は、ヘッド部+バンド部あわせて43,800円(税別)

ヘッド部単品で、22,000円(税別)。

<wena wrist>
・[ ITmedia LifeStyle ] 禁断の合体も?:ソニーの最新スマートウォッチ「wena wrist」と「SmartWatch 3」を使い比べてみた
・[ Engadget Japanese ]レビュー:wena wrist ソニーが開発したおサイフ対応スマートウォッチの実力チェック
・[ RBB TODAY ] 決済が超キモチイイ! ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」を使ってみた
・「wena wrist(ウェナ リスト)」の現物をどうしても触りたくて、Sony’s Creative Loungeに行ってきた。

---------------------

●wena wristスタンダードモデルラインナップ(ソニーストア)

 
wena wrist Chronograph「WN-WC01」 Premium Black
ソニーストア販売価格:69,800円(税別)

wena wrist Chronograph「WN-WC01」 Silver
ソニーストア販売価格:59,800円(税別)

wena wrist Chronograph「WN-WC01」 White
ソニーストア販売価格:61,800円(税別)


 wena wrist Three Hands「WN-WT01」Premium Black
ソニーストア販売価格:49,800円(税別)

wena wrist Three Hands「WN-WT01」Silver
ソニーストア販売価格:42,800円(税別)

wena wrist Three Hands「WN-WT01」White
ソニーストア販売価格:44,880円(税別)

 

1022l
wena wrist用 エンドピース 「WN-WEP01」(大)
ソニーストア販売価格:3,200円(税別)~

1022j
wena wrist用 調整コマ 「WN-WAD01」(大)(小)
ソニーストア販売価格:1,980円(税別)

1022k
wena wrist用 充電CLIP 「WN-WCC01」
ソニーストア販売価格:1,980円(税別)

「wena wrist(ウェナ リスト)」は、シンプルな文字盤デザインの「Three H ands(スリーハンズ)」と、3つの小さなインダイヤルを持った「Chronograph(クロノグラフ)」。

そして、それぞれに、ステンレス製の「Silver(シルバー)」と、 IP(イオンプレート)処理で表面にチタン化合物をコーティングを施して高硬度で傷のつきにくい「Premium Black(プレミアムブラック)」の2色。

・[ Engadget Japanese 掲載]  待望の「Xperia Ear」が発売。寿美菜子さんが耳元で囁いてくれるだけで幸せいっぱいになったレビュー
・[ ASCII.jp x デジタル 掲載] スペックが下がって逆に良かったSIMフリー版「Xperia X Compact」レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]  ソニー Xperia X Compactを徹底解説、Z5 Compactからの買い替えはアリ?
・[ ASCII.jp x デジタル 掲載] SIMフリー版「Xperia XZ」を自腹購入でレビュー! X Performanceとの違いは?:週間リスキー
・[ Engadget Japanese 掲載 ]  ソニー Xperia XZを徹底解剖!Z5と比べた「良い所」「悪い所」
・[ モバレコ 掲載] 「Xperia XZ」をレビュー!スタイルもカメラ性能も進化したフラッグシップモデル
・「Xperia X Performance」の実機をソニーストアで触ってきた雑感。
・「Xperia X Performance」を保護する純正のカバー4種。カバーを閉じたままXperiaを操作できるフルウィンドウ付きスタイルカバーがおもしろい。
・Z5と比べてわかったXperia X Performanceの魅力- ASCII.jp x デジタル

・EXPANSYS(エクスパンシス)

iconicon

LINEで送る
Pocket