ウォークマン Aシリーズ「40周年記念モデル」NW-A100TPSの実機レビュー。初代ウォークマン「TPS-L2」デザインのソフトケースと、カセット再生画面が完全シンクロするギミックが秀逸。


今年の9月、IFA2019で先行して発表されたウォークマン「NW-A100シリーズ」がようやく日本でも発表に。

そしてその中でも注目を浴びていたウォークマン® Aシリーズ『40周年記念モデル』 NW-A100TPSも国内で発売されることになった。

発売は2019年11月14日(木)より順次出荷となるものの、一足先に実機に触ることができた。

おそらくは実物がどういったものかが気になるアイテムのはずなので、写真多めにレビューしてみる。

・ウォークマン® Aシリーズ × 40周年記念モデル | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー

-----------------------------

●ウォークマン® Aシリーズ × 40周年記念モデルの中身をチェック



40周年記念モデル「NW-A100TPS」
は、2019年7月1日で 誕生40周年を迎えたウォークマンを記念したスペシャルパッケージとして発売されるもの。

心配していた販売方式は、数量限定ではなくて、受付期間は、2019年10月16日(水)13:00 ~ 2019年12月15日(日)23:59までの期間限定販売。

欲しくても手に入らないという事はないし、不用意に転売で高くに入手することもない。



スカイブルーをベースに懐かしのウォークマンロゴの入ったスペシャルBOX。

外箱を開けてみると、さらに40周年ロゴが大きく入った厚手のしっかりした内箱がでてくる。

このパッケージからして気合を入れるのは日本的な情緒というか定番。


そして内箱のフタを開くと、限定モデルならではの刻印の入ったウォークマン「NW-A100シリーズ」と、初代ウォークマン「TPS-L2」をデザインしたソフトケースが現れる。


これが、ウォークマン® Aシリーズ『40周年記念モデル』 NW-A100TPSの内容物の全て。


ステッカーも2枚付属。

だいたいこういったステッカーは、ついもったいなくて使えないのがお約束。

-----------------------------

●ウォークマン® Aシリーズ × 40周年記念モデルの中身をチェック



ウォークマン本体は、「NW-A105」(16GB)のブラックカラーのモデル。

背面に、40周年限定のロゴプリントが大きく施されているのが特徴。


ウォークマン「NW-A105」
は、Android 9.0を搭載。

単純に音楽をストレージにため込んで聴くだけでなくて、Spotifyや Youtube 、Apple Music、Amazon Prime Music といった今トレンドといえるストリーミング再生を高音質で楽しめるといった意味では、活用幅は今まで以上に広がるので買っても無駄はない。

ウォークマン「NW-A100シリーズ」の詳細レビューについては別記事で。

・高音質設計の小さなスマホのようなウォークマン「NW-A100シリーズ」。Android OSを搭載して広がる自由度が利用シーンを劇的に増やす。



そして、一番のプレミアと言えるのが、初代ウォークマン「TPS-L2」をデザインしたソフトケース。

おそらくここで歓喜できるか否かで、年齢がバレる。

書いている本人ですら発売当時の記憶もないし、たぶんに多くの人達がソニーの歴史を紐解いてやっと知るくらいのアイテムかもしれない。

がしかし、これがまたよくできている。


言ってしまえば、本来はウォークマンを保護するためのフリップタイプのケース。

がしかし、ケースをはめることで音楽再生時のテープ走行画面のスクリーンセーバーを表示するウォークマン「NW-A100シリーズ」の本来の意味を知る。


初代ウォークマン「TPS-L2」デザインのソフトケースは、中が透けるようにテープ窓が見えるようになっていて。

音楽を聴いていると、その窓でテープがくるくると回るのを目の当たりにすると、まるでカセットテープのウォークマンの再来。

サイズ感も違えば、中身はデジタルデータにもかかわらず、恐ろしいまでの懐かしさが襲いかかってくるのである。

注)カセットテープで音楽を聴いたことがあるひとに限る。


妙なこだわりがおもしろいのが、テープ走行画面のスクリーンセーバーは、再生する音楽ファイルの再生クオリティによって表示されるカセットテープのグラフィックが変わるということ。



MP3/AAC/WMA 128kbps以下の場合は、ノーマルポジションのCHF、160kbps以下ではBHF、256kbps以下ではAHF。

MP3/AAC/WMA 320kbps以下の場合は、ハイポジのJHFを表示。

FLAC/ALAC/APE/MQAになると、ハイポジのUCX、AIFFの場合はUCX-S、PCMの場合はフェリクロームのDUAD。

ハイレゾ音源となるFLAC/MQA/ALAC/PCM/AIFF/APEでは、初代メタルテープのMETAL。

DSDでは、最高級メタルテープMETAL Masterを表示する。


こうなると、全てのカセットテープを表示するためだけに、DSD音源からMP3の低ビットレートまで無理やりにでもそろえたくなる。

そんなことをしてもめんどくさいだけで、そもそもスクリーンセーバーって音楽を聴くという行為とはまったく無関係。

そのやる必要性すら無駄ではあるけれど、このじつにくだらない無駄が最高に楽しくなる。



ソフトケースの外周をぐるっと撮影。

握り心地のよいソフトケースならではの触感ながら、表や背面の作りも初代ウォークマン「TPS-L2」を忠実に再現していて、非常にできが良い。

ケースに傷をつけたくなくて、さらに保護したくなるほどに。



 
きちんとウォークマン「NW-A100シリーズ」を守りつつも、側面にあるボタン操作もダイレクトにできる。

底面にある、ヘッドホン端子やストラップホール、USB type-Cもそのままアクセスできる。

-----------------------------

     
音楽聴くなんてスマホでいいじゃん。

正解である。

いつも持ち歩くスマホでそのまま音楽が聴けるのであればそれで十分で、だったらいっそのことちょっといいワイヤレスヘッドホンを買ったほうが良い。

あぁ正解である。まったく反論の余地はない。自分ですらそう思っているフシはある。

けれどまぁおじさんの話も聴いてくれ。

昔は「音楽を聴く」という行為がステータスだったのである。現代の「おれ、最新のスマホ使ってるぜ」くらいな勢いで。

当時で言うナウい(訳:イケてる)存在の代名詞こそがウォークマン。

A面とB面のふりわけが!とか、カセットラベルをいかに綺麗に作るか!とか、話し出すとおそらくきりがない。


たぶん?青春時代を駆け抜けていったいまのおじさんたちの心を打つアイテムなんだと思われ、ウォークマン® Aシリーズ『40周年記念モデル』 NW-A100TPSは、そんなところに思いを馳せることのできるタイムマシンなんだと思われる。

ウォークマンはウォークマンなりに、Android OSをのせて、ストリーミング再生やアプリをインストールして音楽を楽しめるようにスマホの利便性によせてきたところもあるし、メインのスマホのバッテリーを食わないし、高音質に特化したハードだという事は間違いない。

ひさびさに音楽を持ち出すためだけにウォークマンを使ってみるのは良いんじゃないかなと。

音楽もカメラもスマホでもいいんだけど、なんでもかんでもスマホ1台だけでオールOKよってなってしまったら、それはそれで選択肢が狭まって新しいプロダクツが出てくる楽しみが減るじゃない?

またその先のウォークマン50周年があることを願って。

-----------------------------

●ウォークマンA100シリーズ ラインナップ


ウォークマン® Aシリーズ『40周年記念モデル』 NW-A100TPS
【16GB】
ソニーストア販売価格:42,000円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ]NW-A100シリーズ

NW-A105【16GB/ヘッドホンなし】
レッド/ブラック/アッシュグリーン/オレンジ/ブルー
ソニーストア販売価格:32,000円(税別)

NW-A105HN【16GB/ヘッドホン付属】
レッド/ブラック/アッシュグリーン/オレンジ/ブルー
ソニーストア販売価格:39,000円(税別)

NW-A106HN【32GB/ヘッドホンなし】
レッド/ブラック/アッシュグリーン/オレンジ/ブルー
ソニーストア販売価格:39,000円(税別)

NW-A106HN【64GB/ヘッドホンなし】
レッド/ブラック/ブルー
ソニーストア販売価格:47,000円(税別)

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


ストリーミングWALKMAN×完全ワイヤレスキャンペーン


・高音質設計の小さなスマホのようなウォークマン「NW-A100シリーズ」。Android OSを搭載して広がる自由度が利用シーンを劇的に増やす。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

 

LINEで送る
Pocket