4K HDR対応 ホームシアタープロジェクターフラッグシップモデル「VPL-VW875」と、4K HDR高圧水銀ランプ採用のエントリーモデル「VPL-VW275」登場。


4K HDR対応 ホームシアタープロジェクターに、ディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネルを搭載する新モデル「VPL-VW875」「VPL-VW275」を発表。

20201年5月8日に発売となる。

・VPL-VW875 | ビデオプロジェクター | ソニー
・VPL-VW275 | ビデオプロジェクター | ソニー

---------------------

●レーザー光源とネイティブ4Kパネル搭載 4K HDRプロジェクター「VPL-VW875」


ビデオプロジェクター「VPL-VW875」
オープン価格
ソニーストア販売価格:3,630,000 円(税込)
●2021年5月8日発売予定

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%

「VPL-VW875」は「VPL-VW855」の後継モデルで、コンパクトながらもARC-F(オールレンジ クリスプフォーカス)レンズを搭載。高輝度2,200ルーメンの4K HDRレーザー光源モデル。

大口径4K「ARC-(オールレンジ クリスプフォーカス)レンズ」を搭載。

18枚のレンズを使用し、フローティングフォーカス方式を採用。

フォーカス時に2つのレンズ群を可動させることで、画面の中心部から周辺部、近距離投写時から遠距離投写時まで安定した結像性能を実現。


光源に、青色レーザーと蛍光体を組み合わせた独自開発のレーザー光源システム(Z-Phosphor)を採用して、2,200ルーメンという明るい光量を持っている。

高輝度と高コントラストを両立させて、全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで鮮明に表現する。


従来のランプ光源の寿命よりも長い、約20,000時間の長時間使用が可能。

さらに、タイムラグなくリニアに明暗がコントロールできるダイナミックレーザーライトコントロールに加えて、高度なアイリスコントロールを追加することで、アイリスとレーザーを独自アルゴリズムで制御して黒をより沈めダイナミックレンジを広げる「デュアルコントラストコントロール」を搭載する。

「ダイナミックHDRエンハンサー」は、フレームごとにダイナミックレンジを調整し、明るいところは明るく、暗部はアイリスや光源の制御を連動させて黒を沈みこませることで、HDRコンテンツに対してより最適なコントラストを表現できる。


心臓部となる投写パネルにソニーが独自開発した高画質ディスプレイデバイス ネイティブ4K(水平4,096×垂直2,160画素)パネル0.74型「4K SXRD」を搭載。


「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。

フルHD解像度の映像信号(3Dを含む)をより高精細な4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像信号に変換する。

「データベース型超解像」はパターン分類手法を「学習型」に進化し、画像に合わせた最適な超解像処理を可能にし、きめ細やかで高品位な4K映像の生成を実現。


「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」では、入力された映像ソースをリアルタイムで解析して、数千パターンに分類。

データベース上に存在する最適な画像(絵柄)と照合し、オリジナルの映像信号がもつ質感やディテール感、さらに、映像データの編集や伝送で失われてしまった情報までも復元する。

また、リアリティークリエーションの超解像に加え、デジタル処理でMTFを向上させる「デジタル フ ォーカス オプティマイザー」を搭載。

レンズの収差を画面上の座標と画質のパターンから最適化するとともに、輪郭部分を自動検出し強調処理を自動で行うことで、映像本来の美しさをより忠実に再現し理想的な4K映像を生成する。


他、広い色再現領域を持つ「トリルミナスディスプレイ」や、BT.709やBT.2020規格のカラースペースモードを搭載。

毎秒24フレームで作成されたムービーなどの画像の動きを滑らかにする「モーションフロー」を4K映像にも適用できる。


「VPL-VW875」の接続端子には、4K放送に対応するためのHDCP2.2対応HDMI入力端子を2系統装備。

最新のHDMI規格の4K60P 4:4:4 各8bit、4:2:2 各12bitおよび4K24P 4:4:4 各12bitなど、18Gbpsの4K映像入力が可能。

また、2.1倍の電動ズームを搭載して部屋のスペースに応じて投写距離をフレキシブルに調整したり、「ピクチャーポジション」を搭載し、シネマスコープサイズをかんたんに設定して記憶させることができる。


「VPL-VW875」は、レーザー光源搭載のモデルでありながら、奥行約510.5mmというコンパクトなサイズが特徴。

本体が小型化することで、棚に設置する場合や天吊する場合でもより設定性に優れるというアドバンテージがある。

 

---------------------

●4K HDR ホームプロジェクターエントリーモデル「VPL-VW275」


ビデオプロジェクター「VPL-VW275」
オープン価格
ソニーストア販売価格:665,500 円(税込)
●2021年5月8日発売予定

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%

「VPL-VW275」、18Gbps対応、輝きのあるリアルな映像を堪能できるネイティブ4K HDR高圧水銀ランプモデル。


「4K SXRD」や225W高圧水銀ランプの採用により、1,500lm(ルーメン)という高輝度を実現。

高輝度を生かして、バランスのとれた豊かな色彩と明るさを両立させた「ブライトシネマ」「ブライトTV」モードを搭載。

ランプコントロール「低」時のランプ寿命は6000時間


心臓部となる投写パネルにソニーが独自開発した高画質ディスプレイデバイス ネイティブ4K(水平4,096×垂直2,160画素)パネル0.74型「4K SXRD」を搭載。


「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。

フルHD解像度の映像信号(3Dを含む)をより高精細な4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像信号に変換する。

「データベース型超解像」はパターン分類手法を「学習型」に進化し、画像に合わせた最適な超解像処理を可能にし、きめ細やかで高品位な4K映像の生成を実現。


他、広い色再現領域を持つ「トリルミナスディスプレイ」や、BT.709やBT.2020規格のカラースペースモードを搭載。

毎秒24フレームで作成されたムービーなどの画像の動きを滑らかにする「モーションフロー」を4K映像にも適用。


4Kブルーレイディスクに採用されているHDR10方式に対応。

全体の明暗の差が大きい映像でも細部まできれいに表現が可能で、「立体感」、「奥行き感」、「精細感」が増し、よりリアルな映像が楽しめる。

放送で採用されるHLG(Hybrid Log Gamma)方式にも対応する。

接続端子には、4K放送に対応するためのHDCP2.2対応HDMI入力端子を2系統装備。

最新のHDMI規格の4K60P 4:4:4 各8bit、4:2:2 各12bitおよび4K24P 4:4:4 各12bitなど、4K映像入力が可能。

また、2.06倍の電動ズームを搭載して部屋のスペースに応じて投写距離をフレキシブルに調整したり、ストレスのない快適なゲーム体験を実現する「遅延低減モード」を備える。

 

---------------------

●ソニーストア直営店でのビデオプロジェクター「VPL-VW875」展示スケジュール。


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)では、ビデオプロジェクター「VPL-VW875」を展示。

店舗により展示スケジュールが異なるため事前にチェックしておこう。

・新商品 発売前先行体験・展示について | ソニーストアについて | ソニー 

 

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

 

LINEで送る
Pocket