今までのモバイルVAIO(13インチクラス)のまま、14型&4K解像度ディスプレイや高いパフォーマンスと充実のインターフェースを備えた「VAIO SX14」。


昨年末にタブレットとキーボードという2 in 1スタイルオールラウンダーPC「VAIO A12」が登場して、VAIO㈱久々の新筐体が出てきたと思ったら、なんと矢継ぎ早にクラムシェルの新モデルVAIO SX14が登場。

クラムシェルPCの進化はシンプル。

既存VAIOにあった不満を解消してきたモデルになっていて、VAIO難民としては心動くモデルになりうる。

---------------------------

●13インチクラスのフットプリントに、念願の14インチ&4K狭額縁ディスプレイを搭載した「VAIO SX14」


VAIO SX14と聞いて、なんだ14インチになっただけかと思いきや、VAIO S13とほぼかわらないフットプリント(接地面積)だということ。

ディスプレイを閉じた状態のサイズ感はほぼ同じ。

厳密に言えば、奥行きサイズが6.1mmほど長い。

VAIO SX14;約幅320.4mm×高さ15.0~17.9mm×奥行222.7mm
VAIO S13 :約 幅320.4mm×高さ15.0~17.9mm×奥行216.6mm


VAIO S13
の不満は、ディスプレイサイズが13.3インチもありながらフルHD(1920x1080)止まりだということと、最近のPCトレンドにしても他のPCに比べてかなり太いベゼル。

やっと狭額縁になって本来の筐体サイズを活かした画面になった。

上部のベゼルが一定の幅があるのは、Wi-FiやLTEを安定して通信するためのアンテナが入っているからなのでそこは納得。


それからやっと選べる高解像度となる4K(3840×2160ドット)ディスプレイ

ドッドバイドットの100%DPIだと高精細すぎて辛いかもしれないけれど、調整して許容できるDPIに変更できるので、大は小を兼ねるというか作業領域の広さはやっぱり正義。

写真閲覧もよりディティールを細かくチェックできるのも利点。

ただし、あくまでもビジネス寄りのためか一般ディスプレイのようで、Adobe RGBカバー率はあまり高くなく、ガチで画像編集する場合には物足りないところでもあるので、フォトグラファー層としては妥協できない場合もある点には注意。

が、十分な品質は担保しているので、このあたりは利用用途との落とし所を見つけることも必要かもしれない。


ボディデザインは、良くも悪くもVAIO Pro 11/13時代からは大きくかわらないクラムシェルの伝統スタイル。

ディスプレイ天板は積層設計のカーボンを採用しつつもエッジの効いた端っこのラインは、VAIO S13よりもシャープ。

最軽量値であれば1kgをギリギリ切る約999g

ディスプレイが大きくなっていても、4Kディスプレイ搭載の最重量値1,045gで、VAIO S13の約1,070gよりも軽量化している。

VAIO SX14 本体質量
4K選択時:約1028〜1045g
フルHD&i5/i3 :約999〜1018g
フルHD&i7  :約1015〜1025g

VAIO S13 本体質量 :約1070g

-----------------------------

●第8世代Coreプロセッサーと性能をさらに引き出す「VAIO TruePerformance」による納得のパフォーマンス


今回採用されたプロセッサーは、オールラウンダーPC「VAIO A12」に採用されたCore Yプロセッサーではなく、モビリティとパフォーマンスのバランスのとれたTDP 15Wの最新の第8世代(Whiskey Lake) Core Uプロセッサー

クアッドコア(4コア)になり、2スレッドから8スレッド、内蔵グラフィックもIntel UHD Glaphics 620となってなかなかにパワフル。

また、インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0のアイドル時に負荷がかかる作業をすると、システムの放熱レベルを超えた電力で短時間動作させてパフォーマンスを一時的に上げるというVAIO独自の「VAIO TruePerformance™」により、より長く高いパフォーマンスを持続できる。

第6世代Core Uプロセッサーを搭載するあのVAIO Z(2016年モデル)と比較しても大幅に性能が上がっているのがわかる。

TDP 25Wでハイパフォーマンスだと思っていたけれど、これがプロセッサー進化の現実。

-----------------------------

●充実の拡張性と、SIMフリーLTE搭載可能な自由度。


端子類は、本体右側に、SDメモリーカードスロット、USB 10Gbps(USB 3.1) port 給電機能付き端子USB type-C端子、HDMI端子、有線LAN端子、VGA端子。

本体左側に、電源端子、セキュリティロックスロット、USB3.0端子x2、ヘッドセット対応ヘッドホン端子。

通常のクラムシェルPCタイプにもようやくUSB type-C端子が搭載されるようになった。


USB type-C端子(USB 3.1)は、ディスプレイポート、パワーデリバリーに対応して、幅広い拡張性を持っているところが便利なところ。

対応ドッキングステーションを用意することで、ディスプレイからキーボード、マウス、外付けHDD、有線LAN、電源といったものを合理的に接続することもできる。

できればThunderbolt3に対応してくれたら外部GPUも利用できたのにという欲もあるけれど、そういった使い方は14インチではあまりしないかもしれないし、必要としているものが使えるのでまず許容できるところ。

ディスプレイは、液晶画面に加えて、2つの外部モニターに接続して3画面同時出力に対応(USB type-CとVGA出力同時は不可。)

最大解像度は、USB type-Cが4096×2160、HDMI端子が4096×2160、VGAが1920×1200。


キーボードは、13インチモデルと同じ19mmフルピッチキーボードで、独自機構による静音仕様により耳障りなタイプノイズを軽減して、心地よい打鍵感もそのまま。

キートップには防汚耐摩耗フッ素コーティングを施してあり、バックライトにも対応している。

タッチパッドは比較的小さいけれど高精度かつ誤タッチを防ぐタイプで、クリックボタンは左右に2分割された物理に押せる。

パームレストは、机との段差を極力抑えた「無限パームレスト」で、手首にかかるストレスを軽減。

キーボードは、「日本語配列」と「英字配列」から選択可能。


バッテリー駆動時間は、約8時間~11.0時間

VAIO S13は、ディスプレイサイズなどの違いもあり、約11.0~12.0時間と優位になっている点でもある。

VAIO SX14の利点としては、付属ACアダプターで、1時間充電でも最大約8時間分の充電ができる急速充電に対応して、「いたわり充電機能」も対応。

さらに、USB Power Delivery対応機器からの電源供給・充電や、モバイルバッテリーやスマホ充電器、カーチャージャーからの充電が可能な「5Vアシスト充電」にも対応する。

それから最近のVAIOの標準となっているSIMフリーLTE搭載(の有無)

国内3キャリアに対応するし、「格安SIM」も使える。

Wi-Fiスポットを気にせず、スマホからのテザリングのわずらわしさもないので、SIMフリーLTEは超便利。

キャリアアグリゲーション対応で、最大450Mbpsに対応。

個人的には超必須だと思っているので、大画面になっても欲しい機能。

-----------------------------

●ALL BLACK EDITIONと、完全な漆黒のボディになる無刻印キーボード。


そして、「ALL BLACK EDITION」も用意。

天面のブラックVAIOロゴ、ブラックオーナメントとなり、特別梱包とブラッククロスを付属する。

「ALL BLACK EDITION」を選択する場合、例えばプロセッサーがCore i7になるなど、ある程度の上位スペックに固定される点には注意。


今回の「ALL BLACK EDITION」では、「無刻印キーボード」も選択可能。

「日本語配列キーボード」と「英字配列キーボード」それぞれに無刻印を選べるようになっている。

全身を真っ黒にする唯一無二のデザインを狙うならこの特別感は一層引き立つ。

---------------------------

 

VAIO Zじゃない勢にとっては、14インチのクラムシェルPCなんてと思うかもしれないけれど、そうも言ってられないくらいによくできたモデルVAIO SX14

もういい加減に過去の筐体デザインを引きずって、フットプリントとバランスがズレていた極太のベゼルに、いつまでたってもフルHDどまりの解像度、レガシーなインターフェースは守るのに新しいインターフェースが搭載されないというなんとも、最近のアグレッシブなモデルがズンドコ登場するPC業界で置いてけぼりくらってるようなジレンマをかかえていたのは事実。

そんなモヤモヤをVAIO SX14を突破してくれたんじゃないかと。

VAIO S13を代表として、過去の13インチクラスのVAIOが多数あったとして、ほぼそれと同じサイズ感を保ったままで、14インチという画面(と余計なベゼルを排除)。

そしてもっと欲しかった作業領域が、VAIO Zを超えてイマドキの4K解像度(3840×2160ドット)で使える。

そして、USB type-CをクラムシェルVAIOにもやっと搭載。

Thunderbolt3じゃないのは置いといて、ひとまず最低限使いたいディスプレイ出力や電源供給他モロモロが使えると、利便性は確実に広がる。

Wi-Fiは当然として、確実なネットワーク経路の有線LANもあって、SIMフリーLTEが選択できる自由度。

スマホと同等にいつでもどこでもネットワークにつながれるのはとっても大事。

ついでに言えば、第8世代(Whiskey Lake) Core Uプロセッサーのパフォーマンスは非常に高い。

VAIO Z(2016年モデル)と比較すると、グラフィック性能は劣るとしてもプロセッサーのパフォーマンスはすでに追い越してしまっている。

オールラウンダーPC「VAIO A12」の合体分離のギミックは想像を掻き立てられる楽しさもあるけれど、絶対的な仕事効率からするとCore Yプロセッサーの厳しさもある。

そうすると、今までのモバイルVAIO(13インチクラス)のままで、ギリギリまで大画面と高解像度、フレキシブルなインターフェース、どこでもつながるネットワーク、明らかにパフォーマンスの高いプロセッサーを備えたVAIO SX14は、特に旧来のVAIOユーザーからするとしっかりステップアップできるモデルと言える。

惜しいのは、Adobe RGBカバー率の高いディスプレイパネルをもう一段階用意してくれたら完璧だったのにと思わなくもないけれど、数年モデルチェンジのなかったVAIOノートで久々にまっとうに使えるクラムシェルPCが出てきたという感じである。

---------------------------

●大画面ハイモビリティPC「VAIO SX14」


大画面モビリティPC「VAIO SX14」

VAIO® SX14
ソニーストア販売価格:139,800円+税~

VAIO SX14のカラバリは、ブラックとシルバーに加えて、液晶天板とパームレストをブラウンカラーに、背面のVAIOロゴとオーナメントになゴールドメッキを施した、定番カラーと違った華やかのあるブラウンが選べる。


VAIO® SX14 | ALL BLACK EDITION
ソニーストア販売価格:201,800円+税~


VAIO SX14発売記念 モニターアンケートキャンペーン

VAIO SX14に関するアンケートに答えると、ソニーストアでVAIO SX14購入時に利用できる「5%OFF」クーポンをプレゼント!

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:12:00~20:00

・ソニー製品をカシコク買い替えよう!!ストア下取りサービス
・長野県安曇野にある「VAIOの里」と呼ばれるVAIO本社で工場見学してきたよ。
ダマされちゃいけない、MONSTER PCの名を持つ安曇野産「VAIO Z」の真実。
・「My Sony Club」と「週アス(3/3号)」に、新VAIO Zの開発秘話たっぷり。

iconicon

 【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket