安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(3Dグラフィックス系ベンチマークテスト編)

0225e
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(開梱編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(外観編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(パフォーマンス編)
・安曇野VAIOの本気、MONSTER PC 「VAIO Z」をいじり倒したい。(基本ベンチマークテスト編)
の続き。

MONSTER PC 「VAIO Z」の ベンチマークテストを始めたら止まらなくなって、3Dグラフィックス系のベンチマークテストも計測しておこう。間違いなくグラフィックスの性能に左右されるので、外部GPUが優位なのはわかりつつも、CPU内蔵GPUでも「Iris Graphics」がなかなか健闘してるので、どれくらいのポジションなのかがわかるし。

-----------------------------

●VAIO Z/VAIO Pro 13と、外部GPUを搭載するVAIO勢との対決。

先の基本ベンチマークテストと同じ4機種。VAIO Z、2012年6月発売のVAIO Z (Z21シリーズ)、2013年12月発売の大画面ノートVAIO Fit 15A、2014年7月発売のVAIO製モバイルノートVAIO Pro 13

0225j
MONSTER PC “VAIO Z” 「VJZ13A1」
OS : Windows 8.1 Update 64ビット
CPU : Intel Core i7-5557U(3.1GHz) TDP 28W
メモリー : 8GB
ストレージ : 第2世代ハイスピードSSD (PCIe 20Gb/s) 約256GB
グラフィック : Iris Graphics 6100
ディスプレイ:13.3型ワイド(2560×1440)

最新第5世代Coreプロセッサー(Broadwell-U)TDP 28WのCPUに、内蔵されるCPU内蔵GPU「Iris Graphics 6100」の性能がどこまでグラフィックス性能が上がってきたのか。外部GPU搭載モデルと同等以上のスコアを出せるのか。

icon
VAIO Pro 13「SVP1321A1J」
OS : Windows 8 64ビット
CPU : Core i7-4510U(2.0GHz) TDP 15W
メモリー : 8GB
ストレージ : 第1世代ハイスピードSSD (PCIe 20Gb/s) 約256GB
グラフィック : Intel HD Graphics 4400
ディスプレイ:13.3型ワイド(1920×1080)

2013年7月発売のVAIO製VAIO Pro 13。 第4世代Core iシリーズ(Haswell)の低電圧版のプロセッサ(TDP 15W)で、グラフィックスはCPU内蔵GPU「HD Graphics 4400」。ビジネスシーンでは、おもいっきりグラフィックスパワーを要求するような事もないので、普段使いではちっとも困らないけれど、比較対象のために。

1128e
VAIO Fit 15A 「SVF15N1A1J」
OS : Windows 8 64ビット
CPU : Core i7-4500(1.80GHz) TDP 15W
メモリー : 8GB
ストレージ : SSD(Serial ATA 6 Gb/s) 約256GB
グラフィック : NVIDIA GeForce GT 735M(ビデオメモリー2GB)
ディスプレイ:15.5型ワイド(2880×1620)

2013年12月発売のVAIO Fit 15A。プロセッサーは第4世代Core iシリーズ(Haswell)の低電圧版のプロセッサ(TDP 15W)だけれども、外部GPUに「NVIDIA GeForce GT 735M(ビデオメモリー2GB)を搭載。3Dグラフィックス系ベンチでの恩恵は大きい。

0225k
VAIO Z (Z21シリーズ) 「SVZ1311AJ」
OS : Windows 7 64ビット
CPU : Core i5-3320M(2.6GHz) TDP 35W
メモリー : 8GB
ストレージ : SSD RAID (Serial ATA 6 Gb/s) 約256GB
グラフィック : AMD Radeon HD 7670M(PowerMediaDock)
ディスプレイ:13.1型ワイド(1920×1080)

2012年6月発売のVAIO Z (Z21シリーズ)。プロセッサーは、第2世代Core iシリーズ(Sandybridge)通常電圧版(TDP 35W)。「PowerMediaDock」接続をすることで、外部GPU「AMD Radeon HD 7670M」で動作できる。3Dグラフィックス系ベンチマークテストなので、全て「PowerMediaDock」を装着した状態でテスト。

---------------------------

●3Dグラフィックス系ベンチマークテスト

VAIO Zは、 クラムシェルスタイル(キーボードモード)で、デフォルト設定のまま、「VAIOの設定」にある『CPUとファンの動作モード』は「パフォーマンス優先」 になっているので、定格 TDP 28Wで、最大限cTDPで35W動作する状態で計測。(Windowsの電源プランは「バランス」のまま。)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●3DMark(Ice Storm/Cloud Gate/Sky Drive/Fire Strike)

0226z3
定番の3Dベンチマークソフト「3DMark」のBasic Editionで計測。

DirectX 9を使用した低価格帯のタブレットやスマートフォン向けの「Ice Storm」、DirectX 10を使用したエントリー向けのノート・デスクトップPC向けの「Cloud Gate」、DirectX 11を使用したゲーミングノート・ミドルPC向けの「Sky Diver」、同じくDirectX 11を使用したGPU負荷の非常に高いゲーミングPC向け「Fire Strike」の4つのテストを行って比較。

結果としてのスコアは当然ながら、実際にどの程度の挙動を示すのか、CPU内蔵GPUという同じ条件のVAIO ZVAIO Pro 13の2機種の様子を動画で撮影してみたので、まずはそこからチェックしよう。

左がVAIO Pro 13、右がVAIO Z

[3DMark (Ice Storm)]

「Ice Storm」は、AndroidやWindows RTといったより低スペックPC向けのテスト。DirectX 9を使用して、解像度も1280x720と、3Dの映像はシンプルで負荷の少ないもののためこれくらいの描画であれば、VAIO Pro 13VAIO Zも楽に動作する。

 [3DMark (Cloud Gate)]

「Cloud Gate」はステップアップして、まさにCPU内蔵GPUを搭載したノート・デスクトップPC向けのテスト。解像度は1280x720ではあるもののDirectX 10を使用してより緻密な映像になるためグラフィックスの負荷が増している。それでもこれくらいであれば、VAIO Pro 13VAIO Zも滑らかに動作しているのがわかる。

 [3DMark (Sky Diver)]

「Sky Diver」はいきなりハードルが上がってゲーミングノートやミドルGPUクラスを搭載するデスクトップPC向けのテスト。解像度は1920×1080となり、DirectX 11を使用したまさにここからが本格的なグラフィックスの真価が問われるところ。

開始するまでのロードに時間を要するあたりからデータ量が大きくなっていて、その処理の差によりデモ開始タイミングのズレが生じるので、7秒遅れでVAIO Zは開始。(ロード時間 VAIO Pro 13:約55秒、VAIO Z:約48秒)。

VAIO Pro 13のCPU内蔵GPU「HD Graphics 4400」では映像がかなりガクガクになってしまい処理が厳しいことが顕著に。しかし、VAIO ZのCPU内蔵GPU「Iris Graphics 6100」ではここでも健闘していて、視覚的に気になるほどのカクつきもなく再生しているのがわかる。

 [3DMark (Fire Strike)]

「Fire Strike」は、最新のビデオカードを搭載したデスクトップゲームPC向けのテスト。DirectX 11を使用して、緻密に描かれた3DフルHD(1920×1080)の映像を動かすためグラフィックス負荷が非常に高く、描画するだけでも相当に厳しい。

 開始までのロードに時間はさらに長く VAIO Pro 13:約1分35秒、VAIO Z:約1分3秒かかっている。デモ開始タイミングをあわせるためにVAIO Zを32秒遅れで開始。

 そしてVAIO Pro 13VAIO Zともに見事にガクガクの紙芝居状態となっている。それでも両者間で比較すれば、ほんの少しVAIO Zのほうがコマ数が多い。

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

そして、出てきたスコアは以下のとおり。

VAIO Z「VJZ13A1」
0227a 
Fire Strike SCORE:991
graphics Score   1050
physics Score    5533
Combined Score   374
Sky Diver SCORE:4121
graphics Score   4010
physics Score    5028
Combined Score   3884
Cloud Gate SCORE:6465
graphics Score   7929
physics Score    3928
Ice Storm SCORE:62883
graphics Score   70637
physics Score    45430

VAIO Z「Iris Graphics 6100」は、CPU内蔵GPUにもかかわらず、4つのベンチマークテストでVAIO Pro 13「HD Graphics 4400」を2倍以上上回るスコアを叩きだしている。

2014年に追加された「Sky Diver」ベンチで、従来のVAIO(HD Graphics 4400)ではまともに動かなかっただけに、ここまでスムーズに動作してくれるとキモチイイ。でもさすがに「Fire Strike」にはまるで刃が立たなかった。

-・-・-・-・-・-

VAIO Pro 13「SVP1321A1J」
0227b 
Fire Strike SCORE:444
graphics Score   479
physics Score    3040
Combined Score   157
Sky Diver SCORE:1875
graphics Score   1776
physics Score    2937
Combined Score   1669
Cloud Gate SCORE:3563
graphics Score   4395
physics Score    2144
Ice Storm SCORE:34983
graphics Score   38592
physics Score    26357

 VAIO Pro 13「HD Graphics 4400」で3Dグラフィックスを回すのは厳しいかも?と思っていたけれど、「Cloud Gate」くらいならまともに動作しているので、ここくらいまでが動くのであれば、まぁとても妥当な線。

-・-・-・-・-・-

 VAIO Fit 15A「SVF15N1A1J」
0227d
0227c 
Fire Strike SCORE:980
graphics Score   1081
physics Score    3211
Combined Score   358
Cloud Gate SCORE:4622
graphics Score   6550
physics Score    2277
Ice Storm SCORE:26825
graphics Score   27830
physics Score    23818

 VAIO Fit 15Aは、「NVIDIA GeForce GT 735M(ビデオメモリー2GB)を搭載しているとはいえ、Futuremarkに認証されていないメッセージもでていてイマイチ振るわず。「Fire Strike」VAIO Zとほぼ同じスコアだったものの他はかなり低め。「Sky Diver」は検証できず測定不能。

 VAIO Z (Z21) 「SVZ1311AJ」
0227e
0227f
0227g
Fire Strike SCORE:805
graphics Score   833
physics Score    3512
Combined Score   335
Cloud Gate SCORE:5232
graphics Score   6561
physics Score    3062
Ice Storm SCORE:20627
graphics Score   19523
physics Score    25723

VAIO Z (Z21)と「PowerMediaDock」と接続して「AMD Radeon HD 7670M」でベンチマークテストをするとエラー吐きまくり。一つ一つ個別に計測してようやくデータがとれたものの、同じくFuturemarkに認証されていないらしくあまり成果出ず。「Sky Diver」は検証できず測定不能。

---------------------------

●3Dゲーム系ベンチマークテスト

 続いて、これもお約束の定番3Dゲーム系のベンチマークテスト。ほぼ趣味でやってるだけとも言える。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●Vana’diel Bench3
(FINAL FANTASY XI for Windowsオフィシャルベンチマークテスト3)

0227h
スクウェア・エニックスの昔から超代表的なFINAL FANTASY XIの動作環境を診断するためのベンチマークソフトテスト。ベンチマークソフト自体が2004年3月のものともう10年以上も前。DirectXは8.1で止まったままだけれど、昔からやっていた定番だったのでお約束として。

VAIO Z「VJZ13A1」    
「Core i7-5557U(3.1GHz)Intel Iris Graphics 6100」
・低解像度モード SCORE:11232
・高解像度モード SCORE:8497

 VAIO Pro 13「SVP1321A1J」
「Core i7-4510U(2.00GHz) Intel HD Graphics 4400」
・低解像度モード SCORE:8519
・高解像度モード SCORE:5274

VAIO Fit 15A「SVF15N1A1J」 
「Core i7-4500U(1.80GHz) NVIDIA GeForce GT 735M」
・低解像度モード SCORE:8466
・高解像度モード SCORE:7608

VAIO Z (Z21) 「SVZ1311AJ」
「Core i5-3320M(2.6GHz) AMD Radeon HD 7670M」
・低解像度モード SCORE:8479
・高解像度モード SCORE:5477

VAIO Z(Intel Iris Graphics 6100)のスコアを見ると、低解像度モードで11000突破とか、高解像度モードでも8000超え。もう意味ないと思うけど。VAIO Fit 15A(NVIDIA GeForce GT 735M)、低解像度モードは思ったよりもスコアが伸びなかったけど、高解像度モードはかなり高め。VAIO Z (Z21)の外部GPU「AMD Radeon HD 6650M」はここでは性能は発揮されてない様子。

もうここまで来るとオーバースペック状態で、このベンチマークをヒィヒィ言いながらチャレンジしてた頃が懐かしい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●ファイナルファンタジーXIV
 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編

 0227S
スクウェア・エニックスのFINAL FANTASY XIVの動作環境を診断するためのベンチマークソフトテスト。DirectX9.0c以上が必須。FFXIと違い、ハイスコアを出すにはシビアである程度のグラフィックス性能を要求される。

VAIO Z「VJZ13A1」
0227l
「Core i7-5557U(3.1GHz)Intel Iris Graphics 6100」
・1280x720 :標準品質(ノートPC):4124 快適
・1280x720 :高品質(ノートPC): 2592 やや快適
・1920x1080:標準品質(ノートPC):2158 普通
・1920x1080:高品質(ノートPC): 1396 設定変更が必要

 VAIO Pro 13「SVP1321A1J」
0227k
「Core i7-4510U(2.00GHz) Intel HD Graphics 4400」
・1280x720 :標準品質(ノートPC):2589 やや快適
・1280x720 :高品質(ノートPC): 1871 設定変更を推奨
・1920x1080:標準品質(ノートPC):1463 設定変更が必要
・1920x1080:高品質(ノートPC): 1034 設定変更が必要

VAIO Fit 15A「SVF15N1A1J」
0227j
「Core i7-4500U(1.80GHz) NVIDIA GeForce GT 735M」
・1280x720 :標準品質(ノートPC):6128 とても快適
・1280x720 :高品質(ノートPC): 3510  快適
・1920x1080:標準品質(ノートPC):3319 やや快適
・1920x1080:高品質(ノートPC): 1849 設定変更を推奨

VAIO Z (Z21) 「SVZ1311AJ」
0227m
「Core i5-3320M(2.6GHz) AMD Radeon HD 7670M」
・1280x720 :標準品質(ノートPC):4695 快適
・1280x720 :高品質(ノートPC): 3334 やや快適
・1920x1080:標準品質(ノートPC):3015 やや快適
・1920x1080:高品質(ノートPC): 2034 普通

さすがにネイティブのゲームベンチだと外部GPUが活かされていて、VAIO Fit 15A(NVIDIA GeForce GT 735M)と、VAIO Z (Z21)(AMD Radeon HD 6650M)のスコアがかなり良好な結果に。この4機種の中では、VAIO Fit 15A(NVIDIA GeForce GT 735M)は、「1280x720 :標準品質(ノートPC)」設定で6000以上”快適”というスコアを出していて、VAIO Z (Z21)(AMD Radeon HD 6650M)は、条件の厳しい「1920x1080:高品質(ノートPC)」で、2000以上”普通”を唯一出している。

VAIO Z(Intel Iris Graphics 6100)は、さすがに外部GPU搭載VAIOには及ばない。ただし、 VAIO Pro 13(HD Graphics 4400)の1.4~1.6倍のスコアで、CPU内蔵GPUとしての性能の上昇はしっかりと出ている。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●MONSTER HUNTER FRONTIER
 ベンチマーク【大討伐】

0225h
カプコンの「モンスターハンター フロンティア オンライン」のオフィシャルベンチマークソフト。DirectX 9.0c以上が必須。リリース当初から、MHFベンチマーク第1弾、2010年にリリースされたMHFベンチマーク第2弾の【絆】と続いて現在【大討伐】が最新第3弾。

VAIO Z「VJZ13A1」    
「Core i7-5557U(3.1GHz)Intel Iris Graphics 6100」
・1280x720 :SCORE:3654
・1920x1080:SCORE:1875

 VAIO Pro 13「SVP1321A1J」
「Core i7-4510U(2.00GHz) Intel HD Graphics 4400」
・1280x720 :SCORE:2029
・1920x1080:SCORE:1084

VAIO Fit 15A「SVF15N1A1J」 
「Core i7-4500U(1.80GHz) NVIDIA GeForce GT 735M」
・1280x720 :SCORE:3590
・1920x1080:SCORE:1835

VAIO Z (Z21) 「SVZ1311AJ」
「Core i5-3320M(2.6GHz) AMD Radeon HD 7670M」
・1280x720 :SCORE:3971
・1920x1080:SCORE:2311

結果としては、VAIO ZVAIO Fit 15AVAIO Z (Z21)の3機種が似たようなスコアとなっていて、VAIO Z (Z21)(AMD Radeon HD 6650M)が中でも一番高いスコア。VAIO Z(Intel Iris Graphics 6100)とVAIO Fit 15A(NVIDIA GeForce GT 735M)がほぼ同じスコア。MONSTER HUNTER FRONTIERでは、VAIO Zでも問題なさそうだ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

●Windows版ドラゴンクエストX ベンチマークソフト

0225i
Windows版として新しく登場したばかりのドラゴンクエストX。負荷のかかるシーンを再生して、PCの性能をチェック。

VAIO Z「VJZ13A1」
0227r
「Core i7-5557U(3.1GHz)Intel Iris Graphics 6100」
・1280x720 :標準品質: 7388 とても快適
・1280x720 :最高品質: 5527 快適
・1920x1080:標準品質: 4135 普通
・1920x1080:最高品質: 2952 やや重い

 VAIO Pro 13「SVP1321A1J」
0227o
「Core i7-4510U(2.00GHz) Intel HD Graphics 4400」
・1280x720 :標準品質: 4197 普通
・1280x720 :最高品質: 3083 普通
・1920x1080:標準品質: 2079 やや重い
・1920x1080:最高品質: 1407 重い

VAIO Fit 15A「SVF15N1A1J」
0227q
「Core i7-4500U(1.80GHz) NVIDIA GeForce GT 735M」
・1280x720 :標準品質: 5027 普通
・1280x720 :最高品質: 5169 普通
・1920x1080:標準品質: 3857 普通
・1920x1080:最高品質: 2420 やや重い

VAIO Z (Z21) 「SVZ1311AJ」
0227n
「Core i5-3320M(2.6GHz) AMD Radeon HD 7670M」
・1280x720 :標準品質: 6501 とても快適
・1280x720 :最高品質: 5151 快適
・1920x1080:標準品質: 4376 普通
・1920x1080:最高品質: 2877 やや重い

 意外にも?VAIO Z(Intel Iris Graphics 6100)がどの条件でもスコアでも高いスコアを出していて、次いでVAIO Z (Z21)(AMD Radeon HD )、VAIO Fit 15A(NVIDIA GeForce GT 735M)、VAIO Pro 13(HD Graphics 4400)の順。最高品質にすると光の処理まで入るので重くなってくるものの、それでもキャラクターや背景の適度なグラフィックス性能要求なので、やろうと思えばてつもなく負荷のかけられるFFIVとは違って、VAIO Z(Intel Iris Graphics 6100)でも十分にプレイできる余裕があるのかも。

---------------------------

必要以上に、ベンチマークテストに時間を割いてしまったような気がしないでもないけれど、これだけ長時間トライしてるといろんな処理や細かなところに気がつくもので。

些細な事ばっかりなんだけれども、例えばアプリを出したいとタッチパッドで操作したり、記録をスクリーンショットしてコピペしたり、USBにデータ移したり、リフレッシュするために再起動したり、ベンチマークのロード時間を待ったり、あまりにも単調な作業でストレスの塊でしかないけど、この作業を繰り返してると、いかにVAIO Zが快適か…。

まるで噛めば噛むほど味が出てくる酢昆布みたいにジワジワと染みこんできて、いちいちその違いに気づき始めるとかなりキケンすぎる…。

やっとパフォーマンスとベンチマークが終わったので、そろそろタブレットモードにして遊んでみたいけど、他にも気にある事あるよねー、と言いつつ続く。

 ・見た目にダマされちゃいけない、MONSTER PCの名を持つ安曇野産「VAIO Z」の真実。
・ワタシ…、名前変わります…。「VAIO Prototype Tablet PC」から「VAIO Z canvas」へ。
・ものすっごい楽しかった「VAIO meeting 2015」のレポート。(新幹線の中で執筆中。)
・「VAIO meeting 2015」の帰りに、ソニーストア大阪に寄り道して、MONSTER PC 「VAIO Z」を触って来たよ(*´Д`)
・MONSTER PC 「VAIO Z」の展示実機、ブラックとシルバーが入荷!
・「My Sony Club」と「週アス(3/3号)」に、新VAIO Zの開発秘話たっぷり。

vz41 

MONSTER PC “VAIO Z” (13.3型ワイド)
ソニーストア販売価格:189,800円(税別)~

iconicon

【TOPページへ】

 

LINEで送る
Pocket