「VAIO Phone」をセットアップして、スペックやアプリを調べてみよう。

0322z6
・ついにやって来た「VAIO Phone」の『箱』を開けて、中身をチェックしてみよう。
の続き。

さてようやく「VAIO Phone」ものセットアップをして、中身をいじってみる。

---------------------

●VAIO Phoneのセットアップと初期画面。

0322z12

まずは、「VAIO Phone」の電源ボタンを押して起動。最初にandroidロゴが出たあとは、画面中央にVAIOロゴ。あぁ、ここにはちゃんとVAIOロゴが入ってるのね!とちょっぴり嬉しがる。

0322z20 0322z21 0322z22 
0322z24 0322z25 0322z26 

「VAIO Phone」を初めて起動してから初期セットアップ画面は。当然Android 5.0(Lollipop)なので、それ用のウィザードに。言語設定、Wi-Fi設定、Googleアカウント設定、アプリとデータ取得の有無、とすすめればセットアップ完了。超カンタン。

0322z28 0323y

ディスプレイサイズは、5インチあるのに、解像度が1280×720ってのは少ないなーと、Xperia Z3(5.2インチ:1920×1080)とつい比べてしまうのだれど、最近やたらとアイコンが巨大化していて、結局ホーム画面は4X4グリッドというのは一緒なので、操作系での解像度の差は感じなくてすむ。

それから壁紙は、新生VAIO㈱となってVAIOノートの壁紙に設定されているブラックを基調とした流れる3本のラインとVAIOロゴが配置されたもの。ただ、かなり残念なのはこれ1枚しか用意されてないという事。VAIOノートですら実はもう1枚の合計2枚用意されているのに、本当にコレ1枚しかない。出来るならライブ壁紙で白いラインが変化していく、くらいはやって欲しかった。

 0322z30 0322z31

 ドロワー(アプリ一覧)も4×5グリッドと、このあたりもXperia Zシリーズと同じ配列数。というか、本当にスッキリサッパリな素Lollipopで、一切の余計なアプリが入っていない。唯一「ファイルマネージャー」がインストールされている。

ここで初めて、Xperiaですっかり慣れ親しんでいた「ウォークマン」、「アルバム」、「ムービー」アプリあたりがないのかーと思わせられる。けど、まぁこれは最初からわかってたことか。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

0322z32 0322z33

 「端末情報」を確認。Android OSのバージョンは、Android 5.0.2(Lollipop)。初期のビルド番号は、「VA-10J-user 50.02 LRX22G-2035 .20150312.152914 release-keys」とやたらと長いけど、発表された日付が入ってるのでそのまんま初期のものって事がわかる。

規制情報をみると、当然ながら日本の技適認証マークが確認できる。

0323z1 0323z

ストレージ(ROM)は、総容量16GBのうち、機器として見える容量は11.15GBで、初期段階で利用できる空き容量は9.476GB。

メモリー(RAM)は、2GBのうち、初期設定明けの素の状態で、システムRAM250MB、アプリ197MB使用状態で、空きRAM1.4GBと表記されていた。

0323w 0323o

「通知」は、Android 5.0(Lollipop)の仕様どおりで、画面の中央に現れるて2回タップでアプリ起動。ディスプレイの上から下にプルダウンすると、「通知」表示が現れて、さらに引き下げると「クイック設定ツール」が現れる。

 複数アプリを起動している場合も左上にある「全アプリ終了」アイコンで一発消去。

0323q 0323p

バッテリーは、2,500mAh。バッテリーライフの推移をみると約7日間と表示されているのは、もちろん素で起動した状態での予測推移でしかない、というかこんなに持つわけがない。どれだけ持つからはこれから実際にこれから使ってみてから。

デフォルトのキー入力のIMEは、「Googleキーボード」、「Google日本語入力」、「Google音声入力」

---------------------

●ディスプレイや音、カメラをチェックしてみる。

0323z10 
「VAIO Phone」のディスプレイは5インチのIPS液晶パネルを採用。解像度が1280×720(320dpi)。当然の事ならが、スマートフォンのフラッグシップたるXperia Z3と比べると精細感や発色の良さも多少劣ってしまうものの、さすがに現時点でのディスプレイだけあって一定のクオリティは保っていて、一般に写真や動画を閲覧するにも許容できる範囲。

0323u 0323t

ディスプレイ設定には、特に静止画や動画に関するカスタマイズ設定はない。音声も、高音質化するアプリケーションや設定項目はなし。

音声を再生してみると、目一杯ボリュームを上げると背面にあるモノラルスピーカーでも大きめの音で再生してくれるので音量不足には感じない。ただし、フラットな背面にスピーカーがあるために、テーブルにペタっとくっつけて置いてしまうとスピーカーを塞いでしまって音が聞こえなくなるので注意。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

0323z16

まずは普通に背面に13メガピクセル CMOSカメラで撮影してみたけれど、思っていたよりは良く撮れる。AFもそこそこ早いし、かなり近づいての撮影もできるし、ピントもタップで好みの箇所に合わせて撮影ができる。正面に5メガピクセル CMOSカメラは友達と一緒に自撮りしても背景も映り込むくらいにはワイドで使いやすい。

0323z14 0323z13
0323z12 0323z11

撮影設定も細かく、コントラスト、露出、シャープネス、測光と好みで設定をいじれるし、HDR機能もある。感度はISO800まで手動で設定可能。

他にも、シーンセレクションや顔検出、ホワイトバランスをオートから手動設定、タイマー設定、フィルターをかける機能もある。

---------------------

●VAIO Phoneのスペックを確認しておく。

 0323z2 0323z9

プロセッサーは、Qualcomm Snapdragon 410(MSM8916)で、1.2GHz クアッドコア、GPUはAdreno 306。内蔵メモリ2GBのRAM。「Antutu」ベンチマークテストアプリをみるとスコアは「21030」となった。ASUS ZenFone 5とほぼ同等のスコアでミッドレンジのスマートフォンと言われる所以。

0323z17

ちなみに、国内のソニーモバイルコミュニケーションズから発売される「Xperia J1 Compact」のスペックは、プロセッサーにQualcomm Snapdragon 800(MSM8974) 2.2GHz クアッドコア、CPUはAdreno 330を搭載。内蔵メモリーは2GB。

0323z20 0323z19

既に去年発売されているXperia A2と同じスペックで、手元にあるので、同じく「Antutu」ベンチマークテストアプリを走らせたところ、スコアは「41741」と、さすがに動作周波数が約2倍ある事もあってスコアも顕著に違っているのがわかる。

 あくまでもベンチマークスコアとしての比較であって、性能が半分しかないという事ではない点には留意する必要がある。実際、「VAIO Phone」を触ってもサクサク動作していて、一般的なアプリをひと通り使ってみてもひっかかる動作もなく全く問題ない。

-----------------------------

0323l

どうしてもこのスペックからすると、ASUS ZenFone 5と同等クラスのスマートフォンと見られるのは当然で、そうするとスペックで価格が比較されてしまうのも仕方ない。そのためのVAIOブランドであるなら、持ちたいと思わせる外観デザインだとか、「VAIO Phone」を使っているぞと思わせる演出(壁紙や独自のアプリでの魅せ方やカスタマイズ)というものがあっても良かったんじゃないかなという気もする。

ただ、さすがにMVNOのスマートフォンをこれらだけで割り切ってしまうわけにもいかないので、次は通信プランの維持費を含めて、またいろいろチェックしてみよう。

続く。

 ・MVNO向け端末としてXperiaスマートフォン「Xperia J1 Compact」が登場。So-net PLAY SIMとセットで販売。
・今日13日(金)から「VAIO Phone」の予約開始したから、ポチっと予約完了!
・日本通信xVAIO㈱としてついに登場した「VAIO Phone」。我思う、ゆえに我あり。
・日本通信とVAIO㈱が協業して2015年1月にVAIOスマホを発売するよと聞いて全力で妄想してみた。
・日本通信㈱の決算説明会でVAIO Phone出てキタ━(゚∀゚)━! しかもハコだけーっ!
 ・見た目にダマされちゃいけない、MONSTER PCの名を持つ安曇野産「VAIO Z」の真実。
・ワタシ…、名前変わります…。「VAIO Prototype Tablet PC」から「VAIO Z canvas」へ。
・ものすっごい楽しかった「VAIO meeting 2015」のレポート。(新幹線の中で執筆中。)
・「VAIO meeting 2015」の帰りに、ソニーストア大阪に寄り道して、MONSTER PC 「VAIO Z」を触って来たよ(*´Д`)

vz41 

MONSTER PC “VAIO Z” (13.3型ワイド)
ソニーストア販売価格:189,800円(税別)~

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket