「VAIO Fit 15E | mk2」にBD搭載モデル受注開始。ディズニーキャラクターモデルも近日発売予定。

0414a
VAIO製Windows PCのオールインワンスタンダードモデル「VAIO Fit 15E | mk2」のカスタマイズにおいて、BDドライブ搭載モデルの受注を開始。

0430a

また、近日中に「VAIO Fit 15E | mk2」のDisneyキャラクターモデルが発売される事も予告されている。

--------------------------

◆オールインワンスタンダードPC 「VAIO Fit 15E | mk2」

0414b

「VAIO Fit 15E | mk2」では、カスタマイズとして光学ドライブにBDドライブの選択肢が可能に。

ただし、BDを選択する上で、Windows 8、Core i7、フルHD液晶、ノンタッチ、カラーは、ブラックかホワイトという仕様上の制限があるので注意。

結果として、以下の価格から購入できるモデルとなる。

「VAIO Fit 15E | mk2」
15.5型ワイド VJF1521 シリーズ

ソニーストア販売価格:111,800円(税別)~

1015e
「VAIO Fit 15E | mk2」は、ホームユースだけでなくビジネスユースとしても基本要件をクリアできるよりオールインワンPCとしてスタンダードなモデルで、従来持っていたUSB2.0 x2、USB3.0 x2の合計4つのUSB端子を一つ減らし、現在でもプロジェクターや外部ディスプレイへ接続するために使われる事の多いVGA端子を追加している。

0414c

0414o

従来モデルでは、HDMI出力端子からの変換ケーブルでVGA端子には対応していたけれど、その煩わしさを軽減している。当初どおり、HDMI端子も備えているので、ダイレクトにHDMI、VGAいずれにも対応。

ストレージにはTPMを搭載。万が一、不正アクセスやHDDを取り出されてデータを読み出されようとした場合でも、物理的に分離されたセキュリティチップにキーがあるためより安全にデータを守る事ができる。これもビジネス要件に必要とされるポイント。

また、非常に細かい部分ではあるけれど、内蔵メモリーの8GBを搭載した場合、従来は8GBを1枚としていたところ、4GBx2枚のデュアルチャンネルの仕様に変更されている。

さらに、S4(休止状態)やS5(ソフトウェアによる電源オフ)からでも起動が可能。BIOSセットアップから、ポートやスロットをdisableとする事もできる。

0414g

ディ スプレイは、15インチ大画面にフルHD(1920×1080ドット)の高輝度液晶ディスプレイを選択すれば、 作業効率はもちろん、ハイビジョンの美しさをそのままに再現。大型 BOXスピーカーと、パワフルな重低音が楽しめるサブウーファーを搭載迫力のサウンドを再生する。

1015a

Officeアプリには、「Office Personal 2013」と「Office Premium」からの選択ができる。

「Office Premium」は、”Word、Excel、PowerPoint”などの最新バージョンが永久に使え、クラウドストレージのOne Driveが1TBや、毎月60分のSkype通話、テクニカルサポート、マルチデバイスといった”Office 365コンシューマーサービス”が1年間利用できる。

1年間使った後に、”Office 365コンシューマーサービス”を利用したい場合は、年間5,800円で延長して使用する事もできる。

「Office Premium」には、3種類のグレードが存在。

「Office Personal Premium」+18,000円+税
(Word、Excel、Outlook)
「Office Home&Business Premium」+23,000円+税
(Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote)
「Office Professional Premium」+48,000円+税
(Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access)

--------------------------

また、BDドライブ搭載にこだわらなければ、プロセッサーは 「Core i7-4510U(2GHz)」、「Core i5-4210U(1.70GHz)」、「Core i3-4030U(1.90GHz)」、「Celeron 2957U(1.40GHz)」の4種類から選択でき、エントリーとしての価格は56,800円(税別)から購入できる。

OSには、Windows 8.1 Pro/8.1に加えて、Windows 7 Professional SP1(Windows 8.1 Pro ライセンスよりダウングレード)も選べる。

法人向けモデルでは、さらにWindows 7 Professional SP1の「64ビット」だけだはなく、「32ビット」という選択肢もある。

・よりビジネスユースでも使いやすくなった「VAIO Fit 15E | mk2」を見てみよう。
・発売日に届いたVAIO製「VAIO Fit 15E」を開けてみる。
・VAIO㈱の第1弾モデルとして用意された、クラムシェル型モバイル「VAIO Pro 11/13」
・VAIO㈱から、新しいVAIOに関してのアンケートが来たから自分の想いをぶつけてみよう。
・一人のVAIOファンとして、これからの「VAIO株式会社」に期待をよせて。

・VAIO Pro 商品ページ
・VAIO Fit15 | mk2 商品ページ

iconicon

【HP TOPページへ】

LINEで送る
Pocket