高解像度とHDRの最上の映像クオリティを堪能できる Ultra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」が登場。4K対応STBとしても使えて、LDAC接続してプライベートシアターにもできる。


4K解像度とHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した「Ultra HD Blu-ray™」の再生ができるUltra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー「UBP-X800」を発売。

最新音声フォーマット「Dolby Atmos」や「DTS:X」で収録されたコンテンツの再生も、対応したAVアンプと組み合わせて可能に。

・ソニー初Ultra HDブルーレイプレーヤー発売。高音質設計で臨場感あふれるシアター体験 | プレスリリース | ソニー

------------------------

●Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー「UBP-X800」


Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー「UBP-X800」
ソニーストア販売価格:44,800円(税別)

今年のCESでおひろめされたソニーでは初となるUltra HD Blu-rayプレーヤー。

「UBP-X800」は、高精細な4K解像度(3,840×2,160画素)に加えて、広いダイナミックレンジのHDRに対応した格「Ultra HD Blu-ray」の再生に対応。

映像圧縮方式にHEVC(High Efficiency Video Codec)を採用して、圧縮効率を2倍に高めかつノイズの少ない映像が可能。

BT.2020の色域に対応して、従来のブルーレイディスクでは表現できなかった色再現までも可能になり、ビットレートは最大約100Mbps(ブルーレイディスクは最大約54Mbps)で収録できるためより高画質になる。

また、音声フォーマットには、「Dolby Atmos」に加えて「DTS:X」に対応して、対応AVレシーバーと接続することで、全方位から音に包みこまれるシアターのような臨場感が味わえる。


筐体には、天面を金属板化して、スピーカーの振動を抑えるディスクドライブや、高剛性シャーシ、 メインLSIの上に独自開発のフィンを付けたsfヒートシンクなどを使用して、音質に影響する振動を極限まで抑える本体設計。


HDR非対応の4Kテレビでも、4K HDRのコンテンツをSDRレベルに変換する際、バランスの良いコントラストと自然な色調の再現ができるソニー独自のアルゴリズムを搭載。

テレビ用に5段階、プロジェクター用に5段階の10段階の変換レベルも設定して最適な明るさのレベルを選ぶことができる。

1080/60pプログレッシブハイビジョン出力や色彩豊かな映像を再現する「トリルミナスカラー」、映画フィルム本来の質感で再現する「24p True Cinema」も搭載する。

0625f
有線LAN接続だけでなく、無線LAN(Wi-Fi)も内蔵して、ケーブル接続なしでもインターネット上に接続が可能。


インタネット動画の視聴にも対応。

NETFLIXやYouTube、Amazonビデオの4Kストリーミングコンテンツを視聴することができる。

そして、4K対応のテレビにつなげば、映像を高精細な4K映像に変換。ブルーレイディスクやDVD、ネット動画やホームネットワーク経由の映像、USBメディアの映像を高画質に再生ができる。また、静止画にも対応している。

新たに、60pのフレームレートのコンテンツもアップコンバートに対応する。


FLAC、WAV、ALACなどのハイレゾファイル再生に加えて、DSD(最大 11.2MHz/1bit)の再生が可能。

また、CD音源やMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする DSEE HX™にも対応する。


そして、Bluetoothを搭載して、SBCコーデックに比べて最大約3倍のデータ伝送ができるLDACに対応して、ハイレゾ音源や、CD、USB内などのコンテンツをLDAC対応ワイヤレス機器と接続することで高音質を楽しむことができる。


DLNAにも対応していて、「ソニールームリンク」を使うとネットワークでつながった別の部屋にあるブルーレイディスクレコーダーやnasneに録画した番組を見る事ができる。

 

スマホアプリの「Music Center」を利用して、対応するコンポやワイヤレススピーカー、シアターシステムと、ワイヤレスLANで接続して、CDやUSBメモリー、外付けハードディスクに保存した音楽を、別の部屋へ飛ばして聴くといったこともできる。

 
スマートフォンやタブレット端末の画面をテレビの大画面に映せる「スクリーンミラーリング」に対応。

スマートフォンやタブレット端末で、リモコン操作や検索をしたり、手元のネット動画をテレビに写したりできる「TV SideView」にも対応する。


再生対応メディアは、Ultra HD BD、BD、DVD、CD、スーパーオーディオCD、USBメモリー、HDD。

動画は、MPEG1/2、MPEG4、AVC、WMV、AVCHD、Motion JPG、QuickTime、Matroska Video、3gpp/3gpp2、音楽は、リニアPCM、MP3、AAC、WMA、FLAC、DVD、AIFF、静止画は、JPEG、PNG、GIF、MPOと非常に多彩なメ ディアをフォーマットの再生に対応している。


ホームボタンをおすと、ディスク/USB/スクリーンミラーリングのアイコンを表示。

好みのネット動画などをマイアプリとしてカスタマイズすることもできて、直感的に好きなコンテンツに簡単・快適なリモコン操作でアクセスが可能。

------------------------

●高解像度とHDRの最上の映像クオリティの共演、4K Ultra HD Blu-ray Disc

1216t
やっと発売されるUltra HD BDプレーヤー「UBP-X800」

もう国内ではすでに4K Ultra HD Blu-ray(UHD BD)は市販が始まっていてはよ出て!と待っていただけに超待望!

・機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY [4K ULTRA HD]
・マッドマックス 怒りのデス・ロード [4K ULTRA HD + Blu-ray]

コレらを観るにはHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した機器が必要で、PlayStation4 ProはHDRに対応しているものの、ディスクドライブがUHD BDに対応してないので、4K Ultra HD Blu-ray(UHD BD)を再生できないというジレンマがようやくここで解消される。

1216o
もう待てずにXbox One S動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY [4K ULTRA HD]を観てみたけれど、1,440×810ドットを4Kにアップコンバートしたものなので本来の4K(3840 x 2160)解像度ではないとしても、配信されたものとの違いもわかる精細感と高クオリティでめまぐるしく変わるシーンも破綻がない。

加えて、コントラストの深さが強烈で、宇宙の暗闇の沈み込みのなかできらめく星々からビカビカおちるカミナリの閃光、ビームライフルやバーニアの長く光る光の明滅、飲み込まれそうな爆発シーンとかもう圧巻。

特典映像の20年も前のアニメですら、記憶の思い出補正をはるかに上回る綺麗さ。

今から買うんだったら素のBlu-ray Discよりも4K Ultra HD Blu-ray(UHD BD)が欲しい!

いまさら単体プレーヤーはねーと思うところだけど、自宅にあるnasneBDレコーダーの番組も観られるし、amazonビデオも見れて、LDAC使えるからヘッドホン(MDR-1000X)をダイレクトに使えるし、4K対応のセットトップボックスとしてはめちゃくちゃいい(゚∀゚) 

・4K解像度とHDRの最上の映像クオリティを堪能しよう。再びコレクションしたくなる「4K Ultra HD Blu-ray Disc」の超美麗映像。
・強烈なノイズキャンセリングと周囲の音を操れる便利機能、そして高音質が最高に心地いい、毎日持ち歩きたいワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドホン「MDR-1000X」
・PlayStation 4からの音声を、Bluetoothで飛ばしてワイヤレスヘッドセット「MDR-1000X」をフル活用したい。
・テレビからのアナログ音声をBluetoothに変換して、家でもワイヤレスヘッドセット「MDR-1000X」を活用しよう。
・ホームシアターシステムにつないだ機器もテレビの音も、ワイヤレスヘッドセット「MDR-1000X」を連携させてたっぷり堪能しよう。
・サラウンドシステムとしてはもちろん、モバイル機器とつながる、GoogleCastも楽しめるサウンドバー「HT-CT790」

・4K有機ELテレビ BRAVIA「A1シリーズ」がついに登場。有機ELの特性を活かしたスピーカーもスタンドもない没入感が今までにない感動を味わえる。
・より高画質化高コントラストへと進化した 4K BRAVIA 2017年モデル「X9500E / X9000E / X8500E / X8000E シリーズ」を6月に発売。使い勝手も大きく改善、音声検索がさらに便利に。
・高解像度とHDRの最上の映像クオリティを堪能できる Ultra HD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」が登場。4K対応STBとしても使えて、LDAC接続してプライベートシアターにもできる。
・ソニー製では初の最新音声フォーマット「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応したマルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN1080」を発売。

iconicon

 【HP TOPページへ】

LINEで送る
Pocket