ソニーの公式が推す12アイテムを紹介「新生活を応援するおすすめ12選」。


この春、新しい環境に進む、新しいチャレンジを始めるなど、新生活を快適に楽しくするおすすめの商品として、ソニー公式が推すセレクト12アイテムを紹介。

・新生活を応援するおすすめ12選|SONY

-----------------------------

Xperia 1 II SIMフリーモデル


Xperia 1 II (XQ-AT42)
ソニーストア販売価格:118,800 円(税込)
カラー:特別色フロストブラック/ホワイト/パープル
Xperiaケアプラン(月払い500円/年払い5,000円)
発売日:2020年10月30日

24回まで分割払手数料が【0円】
月々の支払い 4,900円(税込)
1回目のみ6,100円(税込)

・Xperia 1 II(XQ-AT42) | Xperia(TM) スマートフォン | ソニー

SIMフリーモデルのXperia 1 II (XQ-AT42)は、メモリー(RAM)は8GBから12GBへと増え、ストレージ(ROM)も128GBから256GBへと増量。

デュアルSIMとして2回線できることだけじゃなくて、国内キャリアのどのSIMカードを入れてもちゃんとまともに電波を掴んでくれる安心感。

当たり前にFeliCa(おサイフケータイ)にも対応。

余計なキャリアアプリも入っていないし、消せないアプリもなくて煩わしさゼロ。

そして、フロストブラックは、なにしろソニーストア限定のカラーリングで、デザインを阻害するキャリアロゴも入らない。


<Xperia 1 IIレビュー記事>
・「Xperia 1 II」に備わる「Photography Pro」の項目とメニューをすべてチェックしてみた。撮るそのときに自分の想いを反映する楽しさがあるカメラアプリ。
・ついに手にした SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」、フロストブラックの質感の高さが異常なまでのカッコよさ!
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」を初期セットアップとスペックを知るためのベンチマークテスト。メモリー(RAM)12GB、ストレージ(ROM)256GBの恩恵は大きい
・いつも持ち歩くXperiaで高音質ストリーミングを聴こう。サブスク(音楽聴き放題サービス)がハイレゾ化すると音楽ライフが一段と楽しくなる。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II (XQ-AT42)」のSIMカードの利用方法とAPN設置。データ通信や音声通話を使い分けできるデュアルSIMが最高に便利。5G利用時の注意点。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II (XQ-AT42) / Xperia 5 (J9260)」を買ったら、「モバイルSuica」の設定をしておこう。 Xperia 1 (J9110)は「おサイフケータイ」非対応なので注意。
・国内SIMフリーモデル「Xperia 1 II / Xperia 5」に「モバイルSuica」を設定したら、よりお得に使う方法を検討してみよう。「JRE POINT」の登録や、「ビューカード」、「楽天ペイ+楽天カード」との連携。
・SIMフリーモデル「 Xperia 1 II / Xperia 1 / Xperia 5」のデュアルSIMを活かす。サブ回線として、1年間無料&解約料無料の「Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみる。

 

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」
ソニーストア販売価格:27,500円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

ケーブルに全く邪魔されないフリーな装着感は最高な「WF-1000XM3」

両耳装着した状態で音楽を聴いていたとして、一時的に外さなければいけないときも、自動的に流れている音楽が一時停止。改めて装着すると再度音楽を再生できる便利さ。

そしてなんといっても強烈なノイズキャンセリング機能。

ボディの外側と内側にある2つのマイクからノイズを集音して、小型化&省電力化した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」により、逆位相の音で騒音を打ち消すという精度の高さを持っている。

逆に、電車のアナウンスが聞きたい、とっさに話したいという場合には、イヤホンの左側のボディに指をのせると、音楽の音量が小さくなり周囲の音を取り込んで聞きやすくしてくれる。

右側のボディをタッチすれば音楽の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、電話の着信や終話といったコントロールもできる。

外で使いたい左右独立型のワイヤレスヘッドホンとして、身軽につかえて静けさと音質とのトータル性能に満足できる超オススメの逸品。


・静寂とイイ音の合わせ技が最高すぎる、完全ワイヤレスのノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を使ってみたレビュー。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を2週間ガッツリ使ってみた雑感。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」、おじさんレビューばかりじゃ参考にならない!?20代のナウでヤングなみんなたちのレビュー。

 

---------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WH-1000XM4」


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-1000XM4」
ソニーストア販売価格:44,000円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

ノイズキャンセリングヘッドホンの最高峰「WH-1000XM4」は、「WH-1000XM3」の大きな転機となった「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」に加えて新しいBluetooth®オーディオSoCを連携されることでノイズキャンセリング性能をさらに向上。

圧縮音源をハイレゾ音源に近づけるAIベースの「DSEE Extreme」と、大きく改善されたハンズフリー通話

そして、声によってノイズキャンセリングをコントロールする「スピーク・トゥ・チャット」、ヘッドホンを外したら音楽を自動的に一時停止してくれる装着検出機能、同時に2つのBluetoothデバイスとペアリング「新マルチポイント機能」を備えるなど、使い勝手も大幅に良くなっている。

「WH-1000XM3」のノイズキャンセリング機能も音質面も性能が高く、しかもaptX / aptX HDに対応する機器を使いたいとなるとこちらの選択肢もまだ残るけれども、日常的に使えば使うほどに、じつにかゆいところに手が届くほどの快適さが身にしみてくる。

強烈なまでにノイズを消すという方向性と、その中で都合よく必要な音だけが聴こえる、しかも高精度かつフレキシブルに。

スマホ、ゲーム機、PC、テレビ、あらゆるものにつないで、その快適さを享受しよう。


・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット最高峰「WH-1000XM4」レビュー。不要な音を消し去ってイイ音を聴きたい、都合よく必要な音は聞き取りたいという贅沢をシームレスに満たしてくれる。

 

---------------------

●ウォークマンA100シリーズ


ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ]NW-A100シリーズ

NW-A105【16GB/ヘッドホンなし】
レッド/ブラック/アッシュグリーン/オレンジ/ブルー
ソニーストア販売価格:35,200円(税込)

NW-A105HN【16GB/ヘッドホン付属】
レッド/ブラック/アッシュグリーン/オレンジ/ブルー
ソニーストア販売価格:42,900円(税込)

NW-A106HN【32GB/ヘッドホンなし】
レッド/ブラック/アッシュグリーン/オレンジ/ブルー
ソニーストア販売価格:40,700円(税込)

NW-A106HN【64GB/ヘッドホンなし】
レッド/ブラック/ブルー
ソニーストア販売価格:51,700円(税込)

●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

Android OSを搭載、ストリーミング再生やアプリをインストールして音楽を楽しめるウォークマン「NW-A100シリーズ」

従来のWM-PORTもUSB type-Cに変更され使い勝手も大幅にアップ。

高音質に特化したスマホとしてもつかえるので、ウォーキングやジョギングにも最適。


・高音質設計の小さなスマホのようなウォークマン「NW-A100シリーズ」。Android OSを搭載して広がる自由度が利用シーンを劇的に増やす。

・大学生のみんなたちがウォークマン・ヘッドホンを体感。今どきの音楽の楽しみ方や不満点は何?みんなの本音を聞いてみたアンケートレポート。

 

---------------------

●ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB23」

 


ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB23」
●ブラック/ベージュ/ブルー/レッド/グリーン
ソニーストア販売価格:13,200円(税込)
●長期保証サービス(3年ベーシック)付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB23」は、約42×51mm口径の超楕円形ウーファー「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。

EXTRA BASS(エクストラベース)シリーズのウリとなる低域を増強する「パッシブラジエーター」を2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用。

両サイドへ配置して従来よりもパッシブラジエーターの面積を拡大。

DSP(デジタルシグナルプロセッサー)の低域増強機能により中・小音量時にも音楽を心地よく聞ける。

IP67の防塵・防水性能に加えて防錆に対応して、海辺や砂浜でも利用可能。

本体表面には、汚れや傷に強く、高い耐久性を持つ日本製のファブリックを採用して、急な雨の気になるアウトドアシーンや、自宅のお風呂やキッチンなどにも持ち運んで音楽を楽しめたり、汚れてしまった場合でも水洗いもできる。


・円柱型スタイルから繰り出す迫力のサウンド、ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB23」。縦置き横置き、ストラップでぶら下げるもよし、防水防塵でサビにもつよいどこでも持ち出せる自由度。

 

---------------------

●ポータブルラジオレコーダー「ICZ-R260TV」


ポータブルラジオレコーダー「ICZ-R260TV」

ソニーストア販売価格:27,368円(税込)
●長期保証サービス(3年ベーシック)付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

「ICZ-R260TV」は、ワンセグTV音声/FMラジオ/AMラジオ放送の受信、予約録音が可能。語学学習に役立つ機能も搭載したポータブルラジオレコーダー。

ワンセグTV音声放送受信や、AMラジオ用ループアンテナやFMラジオ/ワンセグTV音声放送用外部アンテナにも対応。

録音形式は汎用性の高いMP3で、パソコンでファイルをドラッグ&ドロップするだけでMP3プレーヤーに転送して楽しめる。


外部入力端子もタイマー予約録音に対応して、オーディオコードで接続したスマートフォンやパソコンから「インターネットラジオ」などの録音可能。

録音したラジオ番組の整理、語学学習、音楽再生などがよりかんたんにできる。

 

---------------------

●VAIOノート「VAIO SX14 」


大画面モバイル「VAIO SX14」
ソニーストア販売価格:153,780 円(税込) 〜
カラー:ブラック・シルバー・ブラウン

14.0型で最軽量値で約999g~カスタマイズ可能なモバイルPC。

フルHD解像度と4K解像度を選択でき、第10世代Intel Core プロセッサー「Ice Lake」、メモリー最大32GB、Wi-Fi 6対応、新型バッテリーを採用して駆動時間延長、 HDMI出力やType-C (DisplayPort)経由での外部ディスプレイ出力他拡張性の高さもある。

・VAIO SX14 / VAIO SX12 レビュー。何故このタイミングで第10世代Coreプロセッサー「Ice Lake」を搭載したのか?「Comet Lake」とベンチマークテスト比較。
・モバイルPCに”SIMフリーLTE”はもはや必須機能。いつでもどこでもサっと開いたら即通信できてすぐに作業できる「VAIO SX14/ SX12」は超快適。

 

---------------------

●デジタル一眼カメラα7C


『α7C』ズームレンズキット ILCE-7CL
ソニーストア販売価格:262,900円(税込)
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


『α7C』 ボディ ILCE-7C
ソニーストア販売価格:22,990円(税込)
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

フルサイズセンサーを搭載しながらも超コンパクトなデジタル一眼カメラαシリーズEマウントモデルα7C

しかも、フルサイズセンサーのカメラとしての基本性能をきっちりと維持しながら、小さく軽くなったという事実。

α9IIα7R IVα7SIIIと、カメラとしての使い勝手や性能の突出したカメラをすでに持っていたとしてもα7Cは別腹。

好みのレンズをくっつけてただただ撮影にでかけたくなる。

α7Cは、ひと目みたとき触った時のインスピレーションで、このカメラを使いたい!という電流みたいなものが流れる魔性のカメラだという事は間違いない。


・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その1)フルサイズボディ α7III、APS-Cボディ α6600 と一緒に並べて比較。実際に触って実感する α7C の凝縮感。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その2)性能を維持したまま小さく軽くなったコンパクトボディをくまなくチェック。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その3)静止画撮影時も動画撮影時も進化したAF周り。いつでも発動できる「リアルタイムトラッキング」が異常に便利。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その4)α7Cのコンパクトさを邪魔しない、小さくて軽いフルサイズ ズームレンズ「SEL2860」
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その5)いろいろなEマウントレンズをα7Cに装着してみた。ボディ+レンズの総重量もチェックしておこう。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その6)ブラックのボディを確認、続!14本のEマウントレンズをα7Cに装着してみた。
・フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C を触ってきたレビュー(その7)α7Cにピッタリなコンパクト&軽量フラッシュ「HVL-F28RM」


・いつも持ち歩きたくなるフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C レビュー。(その1)凝縮されたプロダクツを味わえる外観と使い勝手のフィーリング。
・いつも持ち歩きたくなるフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C レビュー(その2)α7Cは本当にコンパクトなのか?フルサイズαシリーズと比較してみる。
・いつも持ち歩きたくなるフルサイズミラーレス一眼カメラ α7C レビュー。(その3)α7Cはα6000シリーズから買い替えてバレないか?APS-C αシリーズと比較。

 

---------------------

●深い知識や細かな設定にリソースを割かずに、感性のおもむくままに失敗なくビデオを残せる、「VLOGCAM ZV-1」

デジタルカメラ「ZV-1」
オープン価格
ソニーストア販売価格:99,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF


シューティンググリップキット「ZV-1G」
オープン価格
ソニーストア販売価格:113,900円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

ビデオブロガーやコンテンツクリエーターのために設計されたVlogCam ZV-1

超高速AFや、高品質の静止画と4K動画記録ができながらにして、VLOGやビデオ作成のために、直感的なコントロールできることに特化。

3インチの液晶ディスプレイは、ハンディカムのように横開きで回転機構を持つ可変式。

レンズ横に正面に目立つように録画ランプが付いているため、自撮りをするときの失敗を防ぐことができる。

中央に指向性3カプセルマイクを備えて、集音性向上とノイズ低減をもち、原音に近くクリアでステレオ感の高い高音質録音が可能。

AIベースの被写体認識技術を使用してリアルタイムで目の情報を検出して、他の被写体に迷うことなく、顔や目にしっかりとフォーカス。

他の被写体にピントを合わせたいときは、画面上でタッチするだけでカメラがピントを合わせできる手軽さ。


・「VLOGCAM ZV-1」を、ソニーストアで触ってきたレビュー(前編)。やりたい事にあわせてボタンを押すだけで使える「背景ぼけ切り替え」と「商品レビュー用設定」がめちゃくちゃ使いやすい。
・「VLOGCAM ZV-1」を、ソニーストアで触ってきたレビュー(後編)。わずらわしいことはカメラにまかせて撮影に集中できる楽しさが。

 

---------------------

●4K液晶テレビ「BRAVIA X9500Hシリーズ」


4K液晶テレビ「KJ-75X9500H」【75型】
ソニーストア販売価格: 407,000円(税込)

4K液晶テレビ「KJ-65X9500H」【65型】
ソニーストア販売価格:286,000円(税込)

4K液晶テレビ「KJ-55X9500H」【55型】
ソニーストア販売価格: 198,000円(税込)

4K液晶テレビ「KJ-49X9500H」【49型】
ソニーストア販売価格:165,000円(税込)

●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

●基本設置サービズ無償

4K液晶BRAVIA「X9500Hシリーズ」は、直下型LED部分駆動を搭載した液晶テレビのハイエンドモデルで、BS4K/110度CS4K放送に対応したチューナーを2基搭載

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。

被写体ごとにグループ化して個別に超解像処理を行って、ノイズは抑えながら細部まで精細感をアップして、今までの超解像処理では失われてしまうような質感も、現実に近い質感へ再現する「オブジェクト超解像処理」を実現。

SDR映像をHDR映像にアップコンバートする「HDRリマスター」は、今までの被写体ごとでなくさらに被写体の細部までコントラストの最適化を行い映像の立体感が向上。

LEDバックライトを液晶パネル下に配置して、映像全体を小さなブロックに分けてコントロールすることで明暗のきめ細かな描写を可能にする「直下型LED部分駆動」搭載。

視野角に関係なく画質を維持する「X-Wide Angle」と、画面の明るさを犠牲にすることなくチラツキを抑えることのできる「X-Motion Clarity」、動きの速い映像もなめらかに表示する倍速駆動パネルを搭載。

画面背面上部に2つのサウンドポジショニングトゥイーター、下部に2つのフルレンジスピーカーを別のアンプでコントロールすることで音の定位感と広がりを大幅に向上し、まるで画面から音が出ているような視聴体験が味わえる音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を採用。

前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応。

 

---------------------

●「wena3」ラインナップ選べる3種類のバンド


wena 3 metal 「WNW-B21A/S」 シルバー
ソニーストア販売価格:36,300円(税込)

wena 3 metal 「WNW-B21A/B」 プレミアムブラック
ソニーストア販売価格:38,500円(税込)


wena 3 rubber 「WNW-A21A/B」 ブラック
ソニーストア販売価格:26,400円(税込)

wena 3 leather 「WNW-C21A/B」 プレミアムブラック
ソニーストア販売価格:35,200円(税込)

wena 3 leather 「WNW-C21A/T」 ブラウン
ソニーストア販売価格:33,000円(税込)

スマートフォンと連動の”通知機能”や、”ログ機能”、”電子マネー/おサイフケータイ”などを備える「wena wrist(ウェナ リスト)」

その3世代目となるwena 3 は、ヘッドを好みに付け替えられることが魅力のはずなのに、バンド部が「metal(金属)」「leather(革)」「rubber(ゴム)」の3つも用意されている。

<wena3レビュー>
・スマートウォッチ「wena3」レビュー(その1)「メタル」「ラバー」「レザー」の3つのバンドタイプの装着方法とつけ心地。ヘッド部なしの単独運用も試してみた。
・スマートウォッチ「wena3」レビュー(その2)wena3とスマホの初期セットアップと、専用アプリの各種設定を細かくチェックしてみる。
・スマートウォッチ「wena3」レビュー(その3)待望のSuica対応、セットアップもチャージもAndroid単独で可能。電子マネーはiOS端末で初期設定すれば、楽天EdyのチャージはAndroidだけでもできる。
・スマートウォッチ「wena3」レビュー(その4)wena3の細かな機能をすべてチェック。10日間使ってわかった「wena3」の便利さと、もうちょっと頑張って欲しいところ。
・スマートウォッチ「wena3」に、睡眠検知の精度向上や、他不具合修正のソフトウェアアップデート(12月18日版)。それでも自分の環境で起きている悩ましい事象。
・スマートウォッチ「wena3」に、bluetooth接続性の向上や活動ログの同期不具合の修正、連携ヘッド設定機能などのソフトウェアアップデート(2021年1月12日版)。
・スマートウォッチ「wena3」に、紛失防止サービス「MAMORIO」の機能搭載のソフトウェアアップデート(2021年2月4日版)。
・「エクスプレス予約(EX予約)」が、2021年3月6日から交通系ICカードの乗車に対応。おかげで、スマートウォッチ「wena3」でも新幹線がより便利に利用できるように!
・シンプルなデザインの黒いボディに赤いラインの入る「wena Three Hands Premium Black designed by Giugiaro Architettura」。wena3との組み合わせが最高にカッコイイ!

 

---------------------

●作ってプログラムして動かして、遊びながら創造力を育成できる「KOOV」


KOOVアドバンスキット「EKV-200A」
ソニーストア販売価格:54,868円(税込)

KOOVスターターキット「EKV-120S」
ソニーストア販売価格:40,568円(税込)

KOOV拡張パーツセット「EKV-080E」
※ 拡張パーツセットだけでは利用できない。
ソニーストア販売価格:24,068円(税込)

ブロックを組み合わせて、プログラムで動かして、デジタルを活用してものづくりを遊びながら学ぶことができるおもちゃ(教材)ロボット・プログラミング学習キットKOOV™(クーブ)

0119j
・ブロックを作るプログラムして動かす「ロボット・プログラミング学習キットKOOV™(クーブ)」がかなり楽しそうなので、ソニーストアで実際に触ってきた。
・自分が子どもの頃にこんなおもちゃが欲しかった!作って、プログラムして動かすまでを遊びながら創造力を育成できる「ロボット・プログラミング学習キットKOOV™(クーブ)」

 

-----------------------------

●My Sony IDのサインインすると「割引価格」に!

・ソニーストア定期クーポン

My Sony ID
を登録すれば、ソニーストア割引クーポン(10%OFF)が利用できる。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

 

LINEで送る
Pocket