Eマウントにもついに400mmをカバーする望遠レンズ登場。GMasterレンズとしてFE 100-400mm F4.5–5.6 GM OSS「SEL100400GM」を7月発売。テレコンにも対応して最長800mm(APS-C 1200mm)。


海外で先行して発表されたFE 100-400mm F4.5–5.6 GM OSS「SEL100400GM」を国内でも発表!

α9のインパクトが凄すぎて持って行かれてる感があるけれど、Eマウントレンズでついに単独で400mmに到達する望遠レンズが、しかもG Masterレンズとして登場するというのはビックニュース!

レンズにはAマウントに一日の長があって、望遠レンズはそのバリエーションも焦点距離もラインナップにもEマウントレンズはまだまだこれから。

そこに望遠レンズになると価格もうなぎのぼりになる、安価になると解像感が薄れる暗くなるといういろんなせめぎあいの中で、いわゆる凄く使いたいゾーンである400mmが登場。

G Masterレンズのブランドを関するということはクオリティを保った解像度とボケ味があるという事にもなる。

さらに、「SEL70200GM」と一緒に登場した2x / 1.4x テレコンバーターまで使えるということは、荷物を最小限にしてフルサイズでも焦点距離最大560mm、800mmの超望遠(1段/2段暗くなるけど)にシステム換装できるとかこれは凄い!

航空写真とかレース、スポーツで撮影するとか、子どもの運動会とか望遠レンズが何度となく必要になることが多くて、あっちこっち揺らいでしまってたけれど、これは納得の望遠レンズとして使えるはず!

・焦点距離400mmまでをカバーする初のEマウントレンズ Gマスター(TM)超望遠ズームレンズを発売 | プレスリリース | ソニー

-----------------------------

●FE 100-400mm F4.5–5.6 GM OSS「SEL100400GM」


FE 100-400mm F4.5–5.6 GM OSS「SEL100400GM」

メーカー希望小売価格:320,000円+税
ソニーストア販売価格:未定
●7月発売予定
※約販売開始日は未定。決定次第ソニー商品情報サイトで案内予定。

「SEL100400GM」は、G Masterレンズのラインナップとして加わるα[E マウント]レンズとして初めて、焦点距離400mmまでをカバーする超望遠ズームレンズ。


レンズ構成として、色収差を低減するED(特殊低分散)ガラス2枚スーパーEDガラス1枚、フレアやゴーストを抑制するソニー独自のコーティング技術ナノARコーティングを採用した最新の光学設計により、G Masterレンズにならではの高い解像性能を実現。

また、光学設計の工夫や製造工程で球面収差を管理することで、被写体を引き立てる自然で美しいぼけ描写が可能。


ダイレクトドライブSSM
ダブルリニアモーターによるフローティングフォーカス機構と、最適化されたAFアルゴリズムによる高速性と追従性に優れたAF駆動により、高い追従性能を持つ。

最短撮影距離は0.98m、最大撮影倍率0.35倍の近接撮影も可能。

400mm望遠レンズとしては1,395g(着脱式の三脚座を除く)と非常に軽く、手ブレ補正のオンオフやモードスイッチから流し撮りに効果的に切替できる。

αレンズとしては始めて、ズームリングの操作を好みにあわせられる「ズーム操作感調整リング」を搭載する。


汚れが付きにくく、また付着しても落としやすいフッ素コートをレンズ最前面に採用。

さらには防塵防滴機能を備える。

また、別売の1.4x テレコンバーター「SEL14TC」2.0x テレコンバーター「SEL20TC」にも対応する。

アクティブなスポーツや動きの速い野生動物、高速で移動する飛行機や列車や車、あっという間に表情を変えていく自然風景などといった、超望遠で動きの速い被写体や一瞬の表情を切り取れるレンズとなる。

焦点距離イメージ(mm):100-400 / 150-600mm(APS-Cサイズ時)
絞り    : F4.5-F5.6
最短撮影距離:0.98 m
最大撮影倍率:0.12-0.35倍
フィルター径 : 77mm
サイズ   : 93.9 x 205 mm
重量    :   約1395g


Sony | Photo Gallery
  FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS


Sony | Photo Gallery
  FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS


Sony | Photo Gallery
  FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

-----------------------------

●「SEL100400GM」は、1.4x テレコンバーターレンズ『SEL14TC』、2x テレコンバーターレンズ『SEL20TC』に対応。

0201o
2.0x テレコンバーター「SEL20TC」
希望小売価格:70,000円(税別)
ソニーストア販売価格:57,130円(税別)
・αあんしんプログラム

0201n
1.4x テレコンバーター「SEL14TC」

希望小売価格:70,000円(税別)
ソニーストア販売価格:57,130円(税別)
・αあんしんプログラム

FE 100-400mm F4.5–5.6 GM OSS「SEL100400GM」に1.4x Teleconverter 『SEL14TC』を装着することで焦点距離が1.4倍に、また『SEL20TC』を装着することで焦点距離が2倍に伸びて、レンズの描写性能を損なうことなく超望遠での撮影が可能。

0219h0219i

  • 主レンズの描写性能を活かし、高コントラストを実現
  • 主レンズと同等の高精度、高速AFを達成
  • Exifデータ記録が可能
  • カメラ、レンズ同様に防塵防滴に配慮
  • 主レンズになじむシンプルな形状と脱着しやすいローレットデザイン、ロックスイッチ付き

「SEL100400GM」に装着した場合の焦点距離イメージは、
2倍の焦点距離イメージ(mm):200-800 / 300-1200mm(APS-Cサイズ時)  ※F値9.0-11.0
1.4倍の焦点距離イメージ(mm):140-560 / 210-840mm(APS-Cサイズ時)  ※F値6.3-8.0

参考までに、カメラによって絞り値が一定値よりも大きくなると位相差AFが使えなくなりコントラストAFのみになるため、撮影シーンと絞り値によっては不向きな場合もあるので注意しよう。

例)
α9・・・絞り値がF11より大きい場合
α7R
/α7S/α7Ⅱ・・・絞り値がF8より大きい場合
α6500 / α6300 / α6000 / α5100・・・絞り値がF11より大きい場合
・デジタル一眼カメラ α(アルファ)Q&A

-----------------------------

●77mm径に対応するアクセサリー

0219m
MCプロテクター「VF-77MPAM」
希望小売価格9,500円+税
ソニーストア販売価格:8,880円(税別)

0219k
円偏光フィルター「VF-77CPAM」
希望小売価格18,900円+税
ソニーストア販売価格:17,780円(税別)

0219l
レンズフロントキャップ「ALC-F77S」
希望小売価格1,400円+税
ソニーストア販売価格:1,380円(税別)

-----------------------------

●高解像度とぼけ味を両立してさらなるレンズクオリティを目指した「G Master」レンズ

Eマウントαレンズの新ブランドとなる”G Master”(Gマスター)レンズは、高解像度で美しいボケ味の究極の融合。

新たに開発した超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズを採用して、ぼけ味を損なうことなく高い解像性能を発揮。

最新のシミュレーション技術や諸収差の徹底的な補正により、絞り開放時でも画面の隅々まで高解像でシャープに描写する。

そして、レンズの個性ともいえるぼけの質にこだわり、製造時に高精度な球面収差調整を一本一本に施して、今までにない高いレベルで解像力とぼけ味のバランスを実現。

通常の非球面レンズの加工では困難な0.01ミクロン単位での高い表面精度を実現して輪線ぼけの発生も最小化する。

・新たな映像体験をもたらす、圧倒的な解像力ととろけるようなボケ味「G Master」

・35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RⅡ」を、ソニーストア大阪で触ってきたレビュー。
・35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RⅡ」、外観レビュー。
・ついに来たよ35mmフルサイズのコンパクトデジタル一眼Eマウント”α7”!
・やたらウキウキで、初めてα7/α7Rを持って撮影してきた!
・α7を持って、横須賀港に撮影に行ってみた。
・α7にマウントアダプター+望遠レンズで、呉港に撮影に行ってみた。
・かなり楽しみに待ってた「SEL55F18Z」が来たからα7他で撮ってきてみた。
・α7で、1/1ガンダムとストライクフリーダムを狙い撃つっ( ゚д゚ )!!!
・α7にあるとかなり重宝するカールツァイスレンズ「SEL2470Z」。
・Eマウント待望のフルサイズ対応望遠ズームレンズ「SEL70200G」を使ってみよう!
・ダイナミックな広角からスナップまでを1本でこなせるフルサイズEマウントレンズ 「SEL1635Z」を使ってみよう。
・広角24mmから望遠240mm(APS-C360mm)までカバーする高倍率ズームレンズ 「SEL24240」を使ってみよう。
 ・2015年8月8日(土)、福岡天神を歩きながらデジタル一眼カメラ”α7RⅡ”を初めて使ってみた。
・9月19日(土)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(横田基地友好祭2015 編)
・9月19日(土)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(国営昭和記念公園 編)
・9月19日(土)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(銀座~築地、夜散歩 編)
・9月20日(日)、強行突破で「東京ゲームショウ 2015」に行ってきたよ!
・9月20日(日)、ソニークラスタのみんなで撮影会に行ってきたよ。(伊丹空港千里堤防 編)
・2015年10月15日(木)、「平成27年度自衛隊観艦式」の事前公開(体験航海)に行ってきたよ。
・フルサイズと明るいレンズの組み合わせで背景ボケを楽しめる、単焦点レンズ(FE 50mm F1.8) 「SEL50F18F」

・”αシリーズ”Eマウントカメラの性能を出しきれる待望の望遠ズーム(FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS)「SEL70300G」。
・キリっとした解像感とふんわりとろけるボケの柔らかさがキモチイイ! FE 85mm F1.4 GM『SEL85F14GM』と格闘しながら1ヶ月ちょっと使い続けてみた。
・さーさーの葉ーさーらさらー♪の七夕飾りを撮影散歩。(α7RⅡ+SEL85F14GM)
・ビシっと決まる解像感と描写力、ポートレートからスナップまでが1本で撮りやすい、単焦点レンズ Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 「SEL50F14Z」。
・ソニークラスタのみんなで、熊本(大観峰・黒川温泉)に行ってきたよ。
・24mmから70mmまで変化できる焦点距離で、どれだけの絵が撮れるか楽しみなレンズ「SEL2470GM」
・ボケ味が主役になるSTFレンズとG Masterレンズが融合したFE 100mm F2.8 STF GM OSS「SEL100F28GM」、外観レビュー。
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その1)。トロトロのボケ味と最新機能が合体したFE 100mm F2.8 STF GM OSS「SEL100F28GM」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その2)。軽くて小さい機動性とAFも速くて扱いやすいFE 85mm F1.8 「SEL85F18」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その3)。動画撮影に特化したE PZ 18-110mm F4 G OSS 「SELP18110G」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その4)。フラッシュを使ったプロのスタジオライティングを体験。
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その5)。スピード撮影や暗所撮影といったαの性能を試せる撮影コーナーと充実しつつあるαのサポート。
・ソニークラスタと行く!北海道いきあたりばったりツアー!(前編)
・ソニークラスタと行く!北海道いきあたりばったりツアー!(後編)

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket