今までのボディサイズはほぼ変わらず、24mmから200mmの高倍率ズームと高速AFを手に入れた「RX100Ⅵ」、海外発表。


<速報:DSC-RX100M6、国内でも発表!6月22日発売!>
・広角から望遠までの新開発24-200mmズームレンズ、世界最速0.03秒の高速AF搭載『RX100 VI』発売 | プレスリリース | ソニー
・DSC-RX100M6 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー
・1インチ 積層型Exmor RS CMOSセンサーの高画質に、持ち運べる圧倒的コンパクトさを備えたまま24-200mmズームと高速AFが融合したデジタルカメラ DSC-RX100M6「RX100Ⅵ」

嫌な予感は的中する。6月5日夕方くらいにリークでざわついて、もしかしたらまた深夜に発表されてしまうのか?と思ったら予想は的中、夜遅くに「RX100Ⅵ」が海外発表に!

しかも、今までのサイズ感はほとんど変わらずに超高倍率のズームレンズと高速AFを備えてきた。

・Sony’s announces RX100 VI that combines high magnification zoom 24-200mm, large aperture, world’s Fastest AF Speed in ultra-compact body – Sony Europe 
・Extend your reach with high zoom and faster focus

※海外情報からの翻訳のため間違いがあれば速やかに訂正します。

---------------------

●今までのボディサイズはほぼ変わらず、24mmから200mmの高倍率ズームと高速AFを手に入れた「RX100Ⅵ」


高画質コンパクトデジタルカメラRX100シリーズの6代目となる「RX100Ⅵ」は、1インチ約2,010万画素の積層型Exmor RS CMOSセンサーを搭載。


そして、レンズシステムが一新。

レンズはZEISSバリオ・ゾナーT*レンズに、レンズ焦点距離は、広角24mmから望遠200mm(F2.8~4.5)という高倍率ズームに。

球面収差、コマ収差および色収差を補正しながら、ズーム範囲全体にわたって最大の解像度および明瞭さを達成するように効果的に構成。


レンズ光学系は12群15枚、2つのED(超低分散)非球面ガラス要素と、4つの非球面レンズ(非球面レンズ)を含む8つの非球面レンズ構成、望遠範囲全体にわたって画像の周辺にすぐれた高解像度を実現。

中望遠域でも、100mmのF4と200mmのF4.5を維持。

また、4.0段分の手ブレ補正を搭載。


画像処理エンジン「BIONZ X」をサポートするフロントエンドLSIを新開発し高速化して、さらにバッファメモリーを増加して高解像度と高速連写を両立。

画素の65%を占める315点のAFセンサーにコントラストAFと像面位相差AFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」を搭載。


1インチのセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラでは世界最速の0.03秒の超高速AFを実現。

しかもAF/AEを追従しながら秒間24コマの高速連写が可能で、最大撮影枚数は233 枚


高速な被写体には、被写体の周りにAFポイントを集中させてトラッキングとフォーカスの精度を向上。


また、瞳AFは、従来のRX100シリーズの約2倍のトラッキング性能を発揮。


背面モニターは、180度上または90度下に稼働する2軸チルト機構を持つ液晶ディスプレイで、タッチフォーカスとタッチパッドを搭載。

タッチパッドAFは、ファインダーを使用しているときに指をドラッグしてフォーカスを直感的に配置できる。


ポップアップ式の電子ビューファインダーは、約235万ドットの「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」。

外光の映り込みを低減するT*コーティング。

EVFの表示遅れは、従来のモデルと比較して大幅に改善して、決定的な瞬間を逃さない。

また、連続して撮影した画像は、グループ表示して再生が可能に。


速い動きの被写体でよく起こる「ローリングシャッター」を軽減する高速アンチディストーションシャッター(最大シャッタースピード1/32000秒)を搭載。

また、メカニカルシャッターモードも使用できる。

そして4KHDRムービー撮影も単独で可能

また、動画撮影時もファストハイブリッドAFが利用でき、正確なフォーカシングとトラッキングが可能。

AF駆動速度とAFトラッキング感度は設定で変更できる。

ハイビジョンムービーではXAVC Sコーデック、最高100Mbpsでの録画や、S-Log3、S-Gamut3、120pフルHDモード、ピクチャプロファイル、プロキシ録画に対応。

スローモーション撮影は、フレームレート250fps、500fps、または1000fpsから、被写体のスピードに合わせて最適な倍率でスローモーション記録ができる。

本体サイズは、101.6 mm x 58.1 mm x 42.8mm、重量は、バッテリー、メモリーを含むと301g

Wi-Fi、NFC、Bluetoothを搭載。

価格は、€1300、$1,199.99の予定で、2018年7月発売予定。

<速報:DSC-RX100M6、国内でも発表!6月22日発売!>
・広角から望遠までの新開発24-200mmズームレンズ、世界最速0.03秒の高速AF搭載『RX100 VI』発売 | プレスリリース | ソニー
・DSC-RX100M6 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー
 ----------------


6代目となるRX100Ⅵではコンパクトデジタルカメラの根本的な弱点の一つである焦点距離を高倍率を搭載することでまた新しい方向性を打ち出してきた。

もっと広角や明るいレンズ、マクロといった要望もありはすれど、従来のRX100シリーズを使っていてあともう少し望遠域があればというところを解決してきたのがRX100Ⅵ

しかも0.03秒の超高速AFと、AF/AEを追従しながら秒間24コマ高速連写で、まさに遠くの速い被写体を確実に捉えられるとか、コンデジの話ではなくなってきている。

しかも本体サイズ感は、RX100Ⅴとほとんど変わらず。(タテヨコサイズは同じで、奥行きのみ1.8mm増、質量2g増)

ポケットや小さいバックにおさまるサイズで超高画質の静止画、4KHDR動画も撮影できて、スマートフォンでは到底には入り込めない領域をコンパクトデジタルカメラで叶えてくれる。

デジタル一眼カメラを持ち込めないシーンでは唯一無二の強烈なカメラではないだろうか。

国内発表が楽しみになってきた。

iconicon

ソニーストア

LINEで送る
Pocket