300万名に1年間無料という誘い文句に誘われて「Rakuten UN-LIMIT」のSIMカードを使ってみた。パートナー回線でもデータ容量5GB/月まで高速通信できて、これは利用する価値アリ。


4月8日に、国内で4番目のMNOとなる「楽天モバイル」のサービスが開始に。

当然のごとく田舎なので楽天モバイルのエリア外(パートナー回線)だけど、先着300万名に1年間無料という誘い文句に即ポチした「Rakuten UN-LIMIT」のSIMカードを使ってみた。

・Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

-----------------------------

●先着300万名で1年間無料で使えるならお試しでも利用する価値アリな「Rakuten UN-LIMIT」


薄い封筒でやってきたので、一瞬なにか別の郵便物かと思ったら、

中に入っていたのは、ピンク色の「START GUIDE」と、これに挟まれて楽天モバイルのSIMカード。


「Rakuten UN-LIMIT」は、データ使い放題(楽天回線エリア)&国内通話かけ放題(Rakuten Link同士)、月額2980円のプラン。

これがいまのところ、1年間無料。
※先着300万名を対象に1人1回線まで。

無制限となる楽天回線エリアでない場合は、パートナー回線エリア(au回線)でもデータ容量5GB/月(4月22日以降)使えて、それを超えても通信速度1Mbpsで使える。

おまけに、「Rakuten UN-LIMIT」はいつ解約しても違約金がかからない。

月額2,980円で通話も通信も使い放題というだけでも主要3キャリアと比べても割安だけれど、地方で楽天回線エリアでは使えないとしても1年間無料で月5GBで使えるau回線と考えても十分にオイシイ。


このクレジットカードサイズにくっついたSIMカード。

切り欠きがはいっていて、標準SIM、microSIM、nanoSIMと、自分の使いたい端末のSIMスロットの形状によって使い分けられるようになっている。

これはなかなかに便利。


最近のスマホは、ほとんどがnanoSIMが主流になっているけれど、少し前のタイプだとまだmicroSIMも残ってるし。

VAIOのLTEモデルも、microSIMスロット。


さて楽天モバイルの回線で利用できるのは、Band 3(1.7 GHz)のみで、しかも2020年4月段階で、東京、大阪、名古屋の一部エリア。

これだと楽天モバイルの基地局からつながらない地域だらけで、全国で通信できるのは、au回線のBand 18・16(800 MHz)を間借りしているから。

そう考えると、楽天回線対応モデル以外で利用したい場合は、最低限Band 3、Band 18、16を拾う端末でないといけない。

・SIMカードを差し替えてご利用できる楽天回線対応製品


今回、ひとまず手元にあったSIMフリーモデルの「Xperia 1 Professional Edition」で試してみた。

SIMカードをセットして、「Xperia 1 Professional Edition」の電源をON。

初期の開通で苦戦しているのをSNSで見かけていたのでどうなることやらと思っていたけれど、特に何の設定もなくあっさりと4Gのアンテナを表示。


ネットワーク回線も「Rakuten」を認識、回線状態も良好。


APNの設定についても自動で選択されていたのでやることなし。

ちなみに、設定は以下。

APN: rakuten. jp
MCC:440
MNC: 11
APN タイプ default,supl,dun
APN プロトコル IPv4/IPv6
APN ローミングプロトコル iPv4/IPv6


地方にいるので、当然ながらパートナー回線エリア、いわゆるau回線で接続された状態。

開通当初、パートナー回線の1月に利用可能なデータ通信容量は2.0GBだったけれど、23日に確認してみると、上限が5.0GBに増えていた。

仮に、5GBを使い切ったとしても、1Mbpsで通信できるので、他キャリのような数百Kbpsよりは全然条件は良い。


お約束で通信スピードテスト。

「My楽天モバイル」アプリ内にある通信速度測定と、「SPEEDTEST.net」でそれぞれ計測。

平日の日中(午後2時)とはいえ、予想していた以上に送受信ともに良好で驚き。

本来の楽天回線ではなくて、au回線(800 MHz)のスピードだけど。


それから、「Rakuten Link」アプリを入れることで、通話・メッセージ・SMSが無料で使えるようになる。

「My楽天モバイル」と「Rakuten Link」アプリは、「Rakuten UN-LIMIT」を利用するにあたってどうやら必須らしい。

-----------------------------


使うまえまでは実はまったく期待していなくて、というか都市部でしか楽天回線エリアの恩恵に預かれないし、パートナー回線なんてMVNO程度の通信スピード程度だろうなと思っていたのに意外や意外。

「Xperia 1 Professional Edition」はデュアルSIMで使えるから、もうひとつをドコモ回線にして楽天回線はサブ的に…なんて思っていたけれどその必要もなさそう。

パートナー回線では月の利用上限5GBというのがあるし、データの使用頻度によって使い分けるのはアリかな。

今後、いつなんどき条件が変更になるかもしれないけれど、1年間は利用料無料だし活用しない手はない。

・ 【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT★300万名対象★

・ついに手にしたソニー初のSIMフリー機「Xperia 1 Professional Edition」レビュー。国内向け「Xperia 1」とどこが違うのか?をチェックしてみた。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

iconicon

ソニーストア

LINEで送る
Pocket