バッテリー「NP-FZ100」を2コ同時に充電できる安価なチャージャーを使ってみた。


α7IIIの異常なコストパフォマンスの高さの理由の一つが、α7R IIIα9に付属しているリチャージャブルバッテリーチャージャー「BC-QZ1」が同梱していないこと。

とはいってもα7IIIの本体のmicroUSBもしくはUSB type-Cで充電できるので、バッテリーも持つし翌日撮りに出かけるよくらいの心構えであればすべての人が困るわけでもない。

がしかし、予備バッテリーを用意してしまうと、突如バッテリー充電待ち渋滞が発生する。


そういった場合には、やっぱり欲しくなるのが、リチャージャブルバッテリーチャージャー「BC-QZ1」

α7IIIのUSB経由での本体充電だと約4~5時間かかってしまうのに対して、「BC-QZ1」を使えば約150分で満充電となる急速充電に対応してるので、それはそれは重宝する。

※2時間で90%を充電できる急速充電で、残り30分充電すると(全体で約150分)満充電。

ネックは、価格がそこそこにいい値段するということと、α7IIIの爆発的売れっぷりで「BC-QZ1」の供給が追いついていなかったりすること。

---------------------

●バッテリー「NP-FZ100」を2コ同時に充電できるチャージャーを使ってみた。


その代替というわけではないけれど、安価なZシリーズバッテリー「NP-FZ100」用のチャージャーがあったので、試しに買ってみた。

Newmowa NP-FZ100 対応 USB充電器 デュアルチャネル バッテリーチャージャー 互換急速充電器

特長はズバリめちゃくちゃ安いこと。安すぎて不安になるくらい。

材質は樹脂感アリアリのシボがあるけれど、このあたりはお約束という感じ。


Zシリーズバッテリー「NP-FZ100」を2コ同時に充電できて、シンプルに上からズボっと載せるタイプのチャージャー。

電源は、microUSBからの充電。


バッテリーの接続端子部を下に向けて載せるというか差し込むだけで、チャージを開始。

トレイが浅くてすぐ外れてしまうのでは?という心配もなくしっかり安定。

チャージ中は、オレンジ色のランプが点灯するので、きちんとチャージ出来ているかどうかは一目瞭然。



気になったので、充電時の電流をチェックしてみた。

バッテリー1コだけでの充電と、2コ同時の充電ともに、入力はだいたい1.5Aあたりで安定。

※仕様によると、出力最大2A、出力600mA x2。

フル充電されると、緑色になる。


充電スピードは緩やかで、2コ充電ともなると相当に時間はかかると覚悟したほうが良いけれど、例えば、旅行先で1コ目を充電して終わったら2コ目を充電しようと思ったもののそのまま寝ちゃったなんて失敗を防げるのは良い。

それから、チャージャー自体のサイズが小さくて、microUSB端子ということもあって他のモバイル機器とケーブルを共用したり、緊急用としてモバイルバッテリーで予備バッテリーを充電なんて使い方もできる。

仕様には、過電流保護、過充電防止、過放電防止機能などはあると書かれているものの、どの程度の信頼性があるかは今のところ不明。

日常的に特に急いでなければ、本体への充電を基本としておいて、2本以上を早く充電したいだとか出先で充電したいという場合に利用するくらいが良いかもしれない。

・α7IIIに使えるソニー純正周辺機器はどれ?本体と一緒に手に入れておきたいアクセサリーをチェックしよう。
・デジタル一眼カメラ α7III レビュー(その1)実機を触りながら、α7RIIIやα9との違いを調べてみる。
・デジタル一眼カメラ α7III レビュー(その2)α7/α7IIからのボディの変遷から使い心地をチェック。
・α7IIIの背面ディスプレイを保護しておこう。純正は、保護ガラスシート「PCK-LG1」だけなので、好みで液晶保護フィルムも貼ってみる。

・カメラのホールド性と手触り、所有欲を満たしてくれる「ULYSSES α7III / α7RIII / α9 ボディスーツ」
・たくさん増えたバッテリーにはナンバー付きのラベルシールを貼るととっても管理しやすくなるよ。

---------------------

・「α7RIIIがいかに凄いかを語る、CP+2018 ソニーブースレポート 他」”ソニーが基本的に好き。Live”(2018年3月3日配信)

・「α7IIIをα7RIII/α9と比較しながらレビュー」”ソニーが基本的に好き。Live”(2018年3月24日配信)


●αあんしんプログラム
αオーナー向けの「あんしん・快適な」サービス
「レンズ長期保証優待」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額

・発売直前、CP+2018ソニーブースで試してきたデジタル一眼カメラ α7IIIをレビュー。これから先、撮る思い出も記録も、妥協しない失敗しないものにするミラーレスカメラ。
・ベーシックの基準がどう考えてもおかしいα7III。α7IIからの進化点、α9、α7RIIIとの共通点や細かい相違点を比較。(追記)

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:12:00~20:00


・カメラやレンズのソニーストア 下取サービス、「新生活 買い替え応援キャンペーン」と「αあんしんプログラム」会員限定のダブルで下取り増額キャンペーンを2018年4月16日(月)10時まで開催。


・月々の負担を限りなく抑えたいという人向けの、ソニーストアの「残価設定クレジット」。2年後に手元に残すか売却するかも選べるよ。

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket