VAIO Styleトップ_468_60  リアルとサイバーの融合を目指す
 SonyStyleDigitalLinkくんこく
 新しい販売スタイルのご説明はこちら
ソニースタイルへはこちらのバナーからどうぞ!by DigitalLinkくんこく
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<4月11日更新!「動画を外へ持ち出そう!」⇒>【レポートその2】

【レポートその1】 【レポートその2】

ウェブマスターレポート!!
       (動画を活用しよう)

録画した番組はたくさんあるけど見るヒマがない。
でも、今ならどこでも動画は持っていけるんだから
利用しないテはないでしょ!

by webmaster

携帯動画プレーヤー「HMP-A1」編

PSPは以前にやったので、
今回は、HDDマルチプレーヤーHMP-A1とXYZで実験してみよう。

まずは、HDDマルチプレーヤーHMP-A1から。
本来のHMP-A1の最大の特徴は、転送ソフトウェアがコクーンに最初から対応してる事。
転送ソフトから直接コクーンに録画されてるデータを移せるのが便利。(右記参照ー。)

でも、これはコクーンがあればの話になっちゃうので、今回はいろんな実験って意味でも、
PC上で出来上がってるファイルの転送のテストをしてみた。



もともと、HMP-A1の転送ソフトウェアが対応してる動画形式は、
・「Giga Pocket」形式のファイル(ビデオカプセル)
・MPEG1, 2, 4,
・AVI(DV)
・WMV
・dvr-ms

となってる。

しかしながら注意が必要なのが

AVI(DV)、WMV、dvr-msはそのままHMP-A1へ転送されるのではなくて
転送の際にソフトウェアでMPEG2MP4に変換されるという事。


もともとMPEG2MP4のファイルは無変換で転送もできるけど、
今回実験したDivXWMV9のファイルは無変換のまま転送する事はできず、
ソフトウェアの設定の中の「高画質」「標準」「長時間」「カスタマイズ」のうちどれかから選択して
変換しながら転送という事になる。


今回の目的はポータブル機に入れる事と、手軽に扱うという意味でも
実用的な転送方式で実験したみた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
用意したのはレポート1にある動画。
NOW&THEN:中島美嘉 (スカイパーフェクTV:731ch)】 
 再生時間(59分)、元データ(2716MB)


<転送前のPC側> <転送後のHMP-A1側>

ビデオ形式 元データ量 出力形式 出力後データ量 転送時間
ビデオ 容量
MPEG2 約2716MB
無変換(MPEG2) 約2716MB
9分32秒
長時間(MP4) 約485MB 25分01秒
標準(MPEG2) 約1871MB
高画質(MPEG2) 約3657MB
WMV9 約394MB 長時間(MP4) 約371MB 22分04秒
標準(MPEG2) 約1430MB
高画質(MPEG2) 約3656MB
DivX Video 約363MB 長時間(MP4) 約485MB 33分19秒
標準(MPEG2) 約1871MB
高画質(MPEG2) 約3656MB
MP4(768kbps) 約262MB 無変換(MP4) 約262MB 32秒
長時間(MP4) 約485MB
標準(MPEG2) 約1868MB
高画質(MPEG2) 約3650MB

結果は以上のとおり。
「標準(MPEG2)」以上で変換すると元データよりも大きくなってしまう場合が多い。
これだと何してるか意味がなくなってしまうので、実用的じゃないものに関してはテストしてない。

MPEG2無変換のままで転送した場合は、
総再生時間の6分の1でデータ転送できた。
ただし、データ量はそのままなのでHDDを圧迫する原因になる。
もう1パターンとして「長時間(MP4)」に変換してみると、データは随分小さくなるが、
エンコード&転送時間が結構かかる事がわかる。


WMV9は、「長時間(MP4)」で転送してみると、元データよりも少し小さくなって転送された。
やはりエンコードする時間が加味されるため、転送時間は長めで総再生時間の3分の1

DivXは、「長時間(MP4)」で転送してみると、出力後のデータのほうが、元データよりもかなり大きくなってしまった。
転送時間も一番遅く、総再生時間の2分の1かかってる。

MP4無変換のまま転送できる。
それと小さいままの元データを移動するだけなので、30秒程度で処理が終わった。
総再生時間の120分の1

DivXWMV9は、この時点ではHMP-A1に転送するには向かない事が判明。
資産として持っているものであれば転送する意義はあるかもしれないけど、
それ以外にはあまりメリットがない。

転送作業の事だけを考えると、便利さは圧倒的にMP4だとわかる。
出かける前に転送しても充分に間に合う手軽さがイイ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
次に試してみたのは、HMP-A1上での実際の見るときの画質。
転送がいくら早くても画質が汚いと意味がないので、実際に転送した動画をMPEG2MP4HMP-A1で見てみる。
MPEG2のHMP-A1ディスプレイ上での画質
MP4のHMP-A1ディスプレイ上での画質

HMP-A1上で見るとやはりMPEG2が綺麗なのは確か。
細かな部分の再現性とか、早い動きに関しては、MPEG2が一番強い。
だけど、携帯プレーヤーの画像サイズの小ささという特性で、MP4でも充分な画質で見ることができる。

例えば、通勤電車の中とか、空港の待合でという状況で見る事を考えれば、MP4でも全く問題ない。
たくさんの番組を入れられるという点ではMP4が断然有利になる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、HMP-A1は、映像と音声出力を持ってるので、
テレビにつなげばドコでも大画面で動画を見る事ができる。

その画面が大きくなった場合に影響がどのくらい出るのかもついでに試してみた。
HMP-A1から、テレビ【ハッピーベガ】の外部入力に入れてテスト。
MPEG2の画質
MP4の画質

テレビに映し出すとやっぱりMPEG2のほうが断然綺麗。
MP4は、もともと画角が320x240という事もあって大きい画面に出すと表現能力が乏しい。
でも、ルームリンクでMP4を再生したようなドットは現れない分、実用にはどうにか耐えられるかな?
これがアニメとかになってくるとその差もわからなくなる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と、これだけやってわかった事は、
HMP-A1で動画を見るのなら、MP4で充分だという事。
容量の少なさと、転送速度の速さを考えれば、モバイルとして使うにはとっても扱いやすくて手軽だなと。

そして、自分の見たい番組をHMP-A1に入れておいて、
出張先や旅行先のテレビで見る事もできるので、
画質優先であればMPEG2、番組数優先であればMP4と使い分けて、溜め込むのもアリだと思う。


【付属転送ソフトの変換モード】

転送ソフトウェアは、 「高画質」「標準」「長時間」「カスタマイズ」のうちどれかから選択して変換しながら転送ができる。

「高画質」「標準」MPEG2
「長時間」MP4で作成される。

<MPEG2で出来上がった内容>

「高画質」「標準」で転送すれば、MPEG2ファイルとなる。画像サイズやビットレートが高いため見る分には非常に綺麗だけど、データ量が大きいのが難点。


<MP4で出来上がった内容>

「長時間」で転送すればMP4ファイルとなる。画像サイズが小さい分かなりデータ量を落とす事ができる。ただ、「Image Converter ver. 2.1」 「携帯動画変換君」と比べるとビットレートとフレームレートが高い。同じMP4でも、このあたりでも総データ数は変わってくる。
「長時間」といいながらもMP4の中では高画質な部類に入るって事かな?


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【HMP-A1はコクーンの動画を
直接転送できる!】


ハードディスクマルチプレーヤーHMP-A1
ってのは、動画プレーヤー。(音楽も聞けるけど。)
PCにある動画を転送して使うのが普通の使い方。

なんだけど、自分の場合、コクーンの中に一番「番組」をたくさん貯めてる。
そうすると流れ的に普通は、
コクーン → PC → ポータブル(HMP-A1)
ってなる。

ところが、HMP-A1に付属の「転送ソフト」は、コクーンからそのまま転送ができる。

パソコン上でHMP-A1の「転送ソフト」を起動して、
「ファイルを取り込み」を押して、「サーバー」を選択すると、「CoCoon Channel Server CSV-EX11」ってのが見える。

さらに「録画済みタイトル一覧」を押せば、あらもうコクーンのリストが出てくるので、欲しい番組を選択してしまえばダウンロード完了というワケ。

ちなみに転送速度は、30分モノで試したところ、
標準画質に変換しながら転送 :約18分前後
無変換で転送           :約9分前後
ってトコロ。
(条件によっても変わると思うけど。)

このやり方は、「Click to DVD」とほぼ同じで、コクーンからPCへの変換いらずで転送できるし、ワンアクションでできる。

HMP-A1
メインで使う場合なら、わずらわしさがない分超便利!





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【携帯用ビデオデッキ?にもなる】
HMP-A1は、外部出力がついてるので、これさえあれば、どこのテレビにでもつないで見ることができる。
やり方も超カンタン。


側面に「AUDIO/VIDEO OUT」がある。


使う接続コードはAVケーブル「VMC-20FF icon。ビデオカメラでもよく使われるコードで、ミニピンからRCA(黄・白・赤)ピンに変える。


ひとまず【ハッピーベガ】iconにつないでみた。HMP-A1のメニュー画面がそのまま現れる。


テレビ側に画像が映し出される代わりに、HMP-A1
側の画面は何も映らなくなる。リモコンとして使う感覚かな?

ハードディスクマルチプレーヤーHMP-A1に見たい番組を転送して別の部屋でAVケーブルでテレビにつなげば普通にデカイ画面で見れるというワケさ。

PSPで動画を見る場合に必要となるのがメモリースティックDuo iconだけど、
動画を見るためにそんなに何枚も買うわけにはいかない。
動画を純粋に携帯して楽しみたい場合には、HMP-A1スッゴイ便利なのでお試しアレ!
自分の場合は、PSPとHMP-A1両方とも出張には持っていくー。
(2つ持っていく時点でモバイルに反してる?)

次はHDDナビゲーション「XYZ:NV-XYZ77の予定。
(気長に待ってね。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
遠方の方は、↓このバナーよりVAIOをご購入ください。
VAIO Styleトップ_468_60
(このバナー経由でソニースタイル商品をご購入いただくと、当店で購入した事と同じお取り扱いになります。)


ご注文、お問合せは送信フォーム&メール&電話&FAXでお願いいたします。
Contact ⇒お支払方法
⇒お問い合わせフォーム
⇒ご注文フォーム
DigitalLinkくんこくトップページ
http://kunkoku.com
DigitalLinkくんこく 当店ご案内地図
〒742-0031 山口県柳井市南町1-12-1
TEL 0820-22-1294 / FAX 0820-22-3133

メールアドレス : info@kunkoku.com

ここにある画像、文章のホームページ等での使用は一切禁止しております。
ファイルへの直接リンク等は一切おこなわないでください。DigitalLinkくんこく


ソニーショップです。ハンディカム、ベガ、バイオ、プレイステーション、アイボ、ソニースタイルの他にligneroset(リーンロゼ)、lampeberger(ランプベルジェ)を扱っています。