VAIO Styleトップ_468_60  リアルとサイバーの融合を目指す
 SonyStyleDigitalLinkくんこく
 新しい販売スタイルのご説明はこちら

ソニースタイルへはこちらのバナーからどうぞ!by DigitalLinkくんこく
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【レポートその1】 【レポートその2】 【レポートその3】 【レポートその4】 【レポートその5】 【レポートその6】


VAIO NOTE 505 EXTREME
【レポートその5】
    オマケです。かつての黒バイオとの比較です。<超私的レポート>  by webmaster

505の再来というよりは、黒バイオの再来だったのか??。

ここは完全に個人的な趣味です。
今まで3年間がんばってきた初代黒バイオこと「PCG-SR9C/BK」と比較してみましょー。
外装のテイストはまさに黒バイオの再来という感じですね。


2000年12月に限定発売されてた「PCG-SR9C/BK」。
こだわりの光沢塗装のブラックカラー【アクアポリッシュハイグロスブラック】を採用して結構話題になりました。生産がおぼつかなくてとても入手が難しかったそうです。
505エクストリーム「PCG-X505/SP」。
こちらは今(2003年12月現在)なら入手可能な【カーボンファイバー積層板キャビネット】採用のソニースタイル限定モデル。うーん良い輝きだー。
「PCG-SR9C/BK」を開いた状態。パームレストがカーボン調でした。残念だったのはモニター周りやキーボードの周りがプラスチックっぽいので、チャチさがあった所ですね。私の過酷な使用にも負けず良くがんばってくれてます。(ソニスタの3年保証はノートには超必須です。) 「PCG-X505/SP」のオープン状態。
内装が【マグネシウム合金】という贅沢なつくり。いぶし銀で超クール。あまりにも高級すぎて持ち運ぶのにはとても抵抗がありますね。困った、これじゃ何のために買ったのやら。。。

直接比較してみよう。

比べちゃーかわいそうだけど、比べてみましょう。
3年間のソニーの技術の進化を。。。


ここからのレイアウトだとあまり変化ないかな?
キーボードの位置が違う程度ですね。上面から見た大きさはほぼ同一なので当然といえば当然。ヒンジ位置の違いはお分かりいただけるでしょうか?
モニター部分の厚さを比較。
極端には変わりませんが、微妙にX505が薄いか。鋭利な刃物のようにシャープに作られてる印象がいいですね。SR9C/BKは全体的に丸みを帯びてる。
サイドから。・・・うーむ違いすぎる。X505は机にすいついているかのようです。向こう側のSR9C/BKのPCカードスロット丸見えですね。 正面から。この差がすごい。これは比べるほうがかわいそうだな。バイオTRにいたっては、もっと厚い事を考えるとスゴイ技術だなと。
X505を閉じてみました。
閉じた状態とSR9C/BKの本体部分がやっと同じ大きさ。
☆横から撮影したので、寝てるアイボ君が映っちゃいましたね。
最大の厚さを持つおしり部分の比較。それでもこの差は何なのでしょぉ?まるで別物を比べてるかのようですね。。。円柱系のバッテリーは初代505のウリだったのでかなり気に入ってます。

当店に入荷以来、実機をいろんな人に見ていただきましたが、505エクストリームでバイオカラーを出して欲しいとの声もありましたね。(キーボードを奥へもっていって、手前にタッチパッドにして、銀パソ505の復刻とか。)
後は価格的に、もうひとつ下のグレードで25万前後だったら手が届きそうだとか。。。

私はたまたま、「黒バイオ」ユーザーでソニスタの3年間の保証も無事になくなったタイミングだったので、まさに買い替えのツボでした。
確かに高いっすけどね。
ちなみに、今でも「PCG-SR9C/BK」気に入ってます。(手元からなくなるのは寂しいので、身内に使わせる事にしました。


みなさんそれぞれ、買うタイミングがあるとは思いますが、バイオを購入検討されていらっしゃる方は、ぜひX505を検討材料に入れてみてくださいね。 今の世の中、安い物(欲しくない物)はたくさんありますが、高価でもこれだけ惹きつけるモノにめぐりあう事も少ないでしょー。

次のレポートはオマケのオマケですー。【レポートその6】

<バイオ505エクストリーム>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
VAIO Styleトップ_234_60
ソニースタイルへはこちらのバナーからどうぞ! by DigitalLinkくんこく



ご注文、お問合せは送信フォーム&メール&電話&FAXでお願いいたします。
Contact ⇒お支払方法
⇒お問い合わせフォーム
⇒ご注文フォーム
DigitalLinkくんこくトップページ
http://kunkoku.com
DigitalLinkくんこく 当店ご案内地図
〒742-0031 山口県柳井市南町1-12-1
TEL 0820-22-1294 / FAX 0820-22-3133

メールアドレス : info@kunkoku.com

ここにある画像、文章のホームページ等での使用は一切禁止しております。
ファイルへの直接リンク等は一切おこなわないでください。DigitalLinkくんこく


ソニーショップです。ハンディカム、ベガ、バイオ、プレイステーション、アイボ、ソニースタイルの他にligneroset(リーンロゼ)、lampeberger(ランプベルジェ)を扱っています。