VAIO Styleトップ_468_60  リアルとサイバーの融合を目指す
 SonyStyleDigitalLinkくんこく
 新しい販売スタイルのご説明はこちら

ソニースタイルへはこちらのバナーからどうぞ!by DigitalLinkくんこく
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【レポートその1】【レポートその2】 【レポートその3】 【レポートその4】 【レポートその5】 【レポートその6】


VAIO NOTE 505 EXTREME
【レポートその2】
    う、美しい!これがホンモノだよ。<超私的レポート>  by webmaster

カーボンファイバー積層版の美しさにうっとり。

少し悩んで、保護フィルムをえいっとひと剥がし。
すごい。びっくり。超キレイ。カッコよさが倍増です!
ニッケル強化カーボンモールドキャビネットの通常モデルもいいかもしれませんが、
ここまできたらやっぱりカーボンファイバーでしょう!
これで投資した金額のモトは取ったと思えます。絶対に。


<上面部>
なにせ光沢がありすぎるくらいなので、写りこみも激しいです。撮影しようと思ったら周りの景色が写りまくるので大変です。カーボンの繊維も見えますね。
<上面部のロゴをアップで撮影。>
お約束で蛍光灯とエアコンが写ってます。。ロゴはカーボンとはいえ掘ってあります。黒いルミナス処理がされてるのではっきりとバイオとわかります。
<下面部>
カーボン繊維は、光の当たり具合で表情がとてもかわります。表か裏かの区別はWindowsのシールでしか判別ができないほど。
<下面部のロゴをアップで撮影。>
ロゴは掘れてませんがさりげなく黒い文字でバイオとあります。その下に「PCG-X505/SP」と刻印されてるのがおわかりでしょうか?
あまりの光沢さ加減で写りこみがすごいので、あえてソニースタイルの箱を写し込んで撮影してみました。通常のニッケルキャビネットはつや消しっぽい処理がされていますので反射しません。 ひとつ困ったのは指紋です。光沢さゆえに指紋がつきまくります。そいういった時は付属のクリーニングクロスでキレイにふき取ってあげましょー。

開けてもスゴイんです。

外側ばかり褒めても仕方ないので、開けてみましょう。
従来のバイオと違い、キーボードは前面にあります。なぜならキーボード面にはそれ以外のものが何もないから。
そのおかげで最薄部は9.7mmです。
内部パネルはマグネシウム合金でできてるので質感もかなりグッド。
パームレストがないよーと思ってしまいますが、極端に薄いので置いているテーブル事態がパームレストの変わりになります。
個人的にポインティングデバイスがちょっと苦手なのですが、通常は付属マウスを使うので問題ないでしょう。
動作させるとストレスなくアプリケーションが動いてくれる事よりも、こんな薄いのにいったいどこで動かしてるの?と思ってしまうほどです。
開いた雰囲気は初代505を受け継ぐ印象を受けますが、505が進化した全くの別物といっても過言ではないでしょう。


いざ、オープン!この半分開ける途中のフォルムがたまらなくカッコいいですね。 内部パネルはマグネシウム合金です。とてもスッキリとした印象を受けます。
円柱部分に電源。そして左から外部ディスプレイ/ネットワーク端子、USBx2、iLink。
PCカードスロットが1枚入るのでぎりぎりのサイズ。ダミーカード側面にもバイオロゴがあります。
キーボードは前面に。主要メカがフラットな部分に納められています。ルミナス処理されたバイオロゴも堀りこまれています。 側面から見ると薄さが際立ってわかります。キーストロークは1.5mmで充分なほどあります。キーボードのすぐしたはすぐに下面の外装です。
ポインティングデバイス。黒い素材なので、C1のように汚れが目立つ事はないですね。もちろん換えも入っています。 キーボード手前にインフォメーションランプがあります。いわゆるココが最薄9.7mm。
円柱形のバッテリーは505復活の証。マグネシウムと同色でまとめられています。PentiumMのCPUのおかげで、このバッテリーだけで2〜3時間持ってくれるのはうれしい。 電源ランプが右側面のヒンジ円柱部分にあります。押すとグリーンに光ります。オシャレだ。後部21mmというのはこの円柱形のバッテリーの厚さ。

次は、アクセサリー編です。【レポートその3】

<バイオ505エクストリーム>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
VAIO Styleトップ_234_60
ソニースタイルへはこちらのバナーからどうぞ! by DigitalLinkくんこく



ご注文、お問合せは送信フォーム&メール&電話&FAXでお願いいたします。
Contact ⇒お支払方法
⇒お問い合わせフォーム
⇒ご注文フォーム
DigitalLinkくんこくトップページ
http://kunkoku.com
DigitalLinkくんこく 当店ご案内地図
〒742-0031 山口県柳井市南町1-12-1
TEL 0820-22-1294 / FAX 0820-22-3133

メールアドレス : info@kunkoku.com

ここにある画像、文章のホームページ等での使用は一切禁止しております。
ファイルへの直接リンク等は一切おこなわないでください。DigitalLinkくんこく


ソニーショップです。ハンディカム、ベガ、バイオ、プレイステーション、アイボ、ソニースタイルの他にligneroset(リーンロゼ)、lampeberger(ランプベルジェ)を扱っています。