映像のプロ機材を出展する「Inter BEE 2014」に「VAIO Prototype Tablet PC」が登場した時のインタビュー記事がVAIO公式ページに掲載。

1221z12

2014年11月19日(水)から21日(金)にかけて開催された「Inter BEE 2014」。ソニーは放送機材を出展していたけれど、キャノン社ブースにはVAIO㈱製の「VAIO Prototype Tablet PC」が出展されていて。

そんな今までなら不思議な状況も、撮影した後に負荷のかかる大変な作業をこなすマシンとして「VAIO Prototype Tablet PC」に白羽の矢が立ち、カメラメーカーとしてアフターワークを含めた提案が出来るという事で実現。

今まではペンタブレットの要素が強く打ち出されていた「VAIO Prototype Tablet PC」が、動画にも強いパフォーマンスを発揮する事が証明されて今後がますます楽しみになる。そんな小寺信良さんのコラムが掲載されているので読んでおこう。

・2014年11月19日、映像のプロフェッショナル機材が一同に揃う国内最大級のイベント、Inter BEE 2014にVAIO Prototype Tablet PCが登場した理由とは:VAIO.com

-----------------------------

● 「Inter BEE 2014」キャノンブースでの「VAIO Prototype Tablet PC」

1006g

「Inter BEE 2014」のキャノンブースでは、どういうふうに出展されていたかというと、「4K Cinema RAW」をリアルタイムに現像再生して、カラーグレーディングのチェックができる“Cinema RAW Development”のデモンストレーションとさせ、さらにタッチアンドトライを「VAIO Prototype Tablet PC」で行っていた。

非常に負荷のかかる作業を、コンパクトなボディにもかかわらず強烈なパフォーマンスを持つ「VAIO Prototype Tablet PC」だからこそ出来るデモンストレーションとなっていた。

それから、会場内では、「スマートで効率的な最新4KワークフローーCanon RAW Development を活用したモバイルソリューション提案ー」というセミナーも行われていて、Cinema RAWのクリップを現像し再生や出力を可能とするCanon RAW Developmentの最新ファームウエアや、最新ファームウエアで追加されたCinema RAW Developmentの機能と活用方法を、快適な作業環境を提供する最新のインテルプロセッサと「VAIO Prototype Tablet PC」を使って紹介していた模様。

-----------------------------

「VAIO Prototype Tablet PC」の最大の魅力として、ペンを使ったレタッチやイラスト、グラフィックを描くというところばかりに注目していたけれど、今回のこの記事を読んで、これなら動画、特にいま編集がものすごく大変な4K 動画の編集にもモバイルPCにもかかわらず、相当なパフォーマンスを発揮してくれそうだなという事がわかって、さらに欲しさ倍増!

もうそろそろプロトタイプじゃなくて、完成形となった「VAIO Tablet PC」を見たい!


・「VAIO Prototype Tablet PC」トークショーに行ってきたけど、ブログ記事間に合わなくて間に合わせの感想だよ。
・「VAIO Prototype Tablet PC」、ソニーストア大阪トークショーレポート(前編)
・「VAIO Prototype Tablet PC」、ソニーストア大阪トークショーレポート(後編)

「VAIO Prototype Tablet PC」
・VAIO.com
・パーソナルコンピューターVAIO(VAIO株式会社製)
・発表されたIntelの新CPU“Core M”シリーズのスペックを見ながら、勝手に期待と妄想が膨らむまだ見ぬVAIO。

iconicon

【TOPページへ】

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket