「Inter BEE 2014」にソニー出展。4Kカムコーダー、4K有機ELパネル30型モニターなどを発表。

1119b

11月19日(水)から21日(金)にかけて開催される「Inter BEE 2014」に、ソニーも「Beyond Definition ともに創る。ともに進む。」をテーマに出展。

・Inter BEE 2014 出展概要:SONY 

その中で、4K/HD高画質映像制作ソリューションやファイルベース・ソリューションなどを紹介。また、新技術「ネットワーク・メディア・インターフェース」を使ってのソニーブースと遠隔地を繋いだリアルタイム4K映像中継のデモンストレーションなどを行っている。

業界初の30型4K有機ELマスターモニターや、新周波数帯域対応のデジタルワイヤレスマイクロホンシステム、新カムコーダーといった新商品を多数紹介。さらには、展示会の国際会議場201会議室では12K(横)×2K(縦)の大画面映像投写も見ることができる。

-----------------------------

●11月19日(水)~21日(金) 「Inter BEE 2014」ソニーブース

0912m

今年9月に発表された、4K XAVC記録に対応するレンズ交換式 XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS7」

「PXW-FS7」のレンズ付属モデル「PXW-FS7K」に搭載されるレンズは、ちょうど単独でデジタル一眼カメラ”α”Eマウント用フルサイズ対応のFEレンズ、FE PZ 28-135mm F4 G OSS 「SELP28135Gとして発表されているもの。

・4Kスーパー35mm CMOSイメージセンサー搭載 本体のみで、肩乗せ・ハンディなど様々な撮影スタイルに対応する新デザインを採用した レンズ交換式XDCAM™メモリーカムコーダーを発売 

 1119c

CineAlta 4Kカメラ「PMW-F55 / F5」の機動性をよりよくするアクセサリーを拡充。 一人でもオペレーションのできるEFPスタイルビルドアップキット「CBK-55BK」と、Apple ProRes、Avid DNxHDでの記録ができる専用コーデック拡張ボード「CBK-55PD」などを発売する。

・CineAlta™ 4Kカメラ「PMW-F55 / F5」4K大判センサーによる映像制作の幅を広げるアクセサリーを拡充

1119d

業界初の4K(4096×2160ピクセル)有機ELパネルを搭載した30型のマスターモニター「BVM-X300」を発売。

「BVM-X300」は、4Kの高い解像度と、有機ELの自発光方式ならではの忠実な黒の再現性や100万:1以上の高いコントラスト、動画ブレや残像が少ない優れた応答性をもつモニター。

デジタルシネマ規格(DCI-P3)の色域を併せ持っていて、次世代放送の映像制作規格(ITU-R BT.2020)の色域にも対応するといった、ソニー独自の有機EL技術の特長を活かした4K映像制作にふさわしい広い式域をもったモニターとして使用できるとしている。

・業界初 30型4K有機ELパネルを搭載したマスターモニターを発売

ほか、技術展示として4Kメモリープレーヤーやスーパーレゾリューション・デモザイキングプロセッサー、電波法改正に伴って新しいワイヤレスマイクの周波数帯域に対応した製品などを展示する。

-----------------------------

● 「Inter BEE 2014」キャノンブースには、VAIO Prototype Tablet PC登場!

1107c

また、キャノン社ブースにはVAIO㈱製の「VAIO Prototype Tablet PC」を出展。

4K Cinema RAWをリアルタイムに現像再生し、カラーグレーディングのチェックできる“Cinema RAW Development”のデモンストレーションと、そのタッチアンドトライを「VAIO Prototype Tablet PC」で行うというもの。非常に負荷のかかる作業を、コンパクトなボディにもかかわらず強烈なパフォーマンスを持つ「VAIO Prototype Tablet PC」で行うという非常に貴重な体験ができる。

また、以下セミナーも開催されている。

1006g

スマートで効率的な最新4Kワークフロー
 ーCanon RAW Development を活用したモバイルソリューション提案ー
開催日時:11月19日(水)~21日 各日 12時~12時30分/15時30分~16時
講師:インテル株式会社 担当者
    VAIO株式会社 伊藤 好文氏
    キヤノン株式会社 恩田 能成氏

内 容:Cinema RAWのクリップを現像し再生や出力を可能とするCanon RAW Developmentの最新ファームウエアを紹介。最新ファームウエアで追加されたCinema RAW Developmentの機能と活用方法を、快適な作業環境を提供する最新のインテルプロセッサと「VAIO Prototype Tablet PC」とともに紹介している。


・「VAIO Prototype Tablet PC」トークショーに行ってきたけど、ブログ記事間に合わなくて間に合わせの感想だよ。
・「VAIO Prototype Tablet PC」、ソニーストア大阪トークショーレポート(前編)
・「VAIO Prototype Tablet PC」、ソニーストア大阪トークショーレポート(後編)

「VAIO Prototype Tablet PC」
・VAIO.com
・パーソナルコンピューターVAIO(VAIO株式会社製)
・発表されたIntelの新CPU“Core M”シリーズのスペックを見ながら、勝手に期待と妄想が膨らむまだ見ぬVAIO。

iconicon

【TOPページへ】

 

LINEで送る
Pocket