ソニー 世界初0.8μmの微細画素を開発、スマホ向けの業界最多 1/2型(対角8.0mm)有効4800万画素 積層型CMOSイメージセンサー『IMX586』を商品化。

ソニーから、業界最多となる有効4800万画素のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー『IMX586』を開発。

世界初の0.8μmの微細な画素サイズとなり、1/2型(対角8.0mm)でありながら有効4800万画素を実現する。

サンプル出荷は9月。

・Sony Japan | ニュースリリース | 業界最多有効4800万画素のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサーを商品化

------------------------

●世界初0.8μmの微細画素を開発、業界最多有効4800万画素のスマホ用センサー

高画素化というと特にスマホ用の小さいセンサーの場合、1画素あたりの集光効率が悪くなり、感度が低下し飽和信号量も低下する。

今回開発したセンサーは、集光効率や光電変換効率を高める設計・製造技術を駆使して、感度と飽和信号量の高い世界最小0.8μmの微細画素に。

対角8.0mmというスマートフォンに搭載可能なサイズながらも有効4800万画素を実現。

多画素のメリットとして、デジタルズームを使っても高精細を保つことができる。

 

 

隣接4画素が同色のカラーフィルターであるQuad Bayer配列を採用することで、高感度と高解像度を両立。

夜景撮影等低照度下での撮影時に、隣接する4画素の信号を加算することで、画素サイズ1.6μm相当(有効1200万画素)に感度を高めることで、低ノイズで明るい写真や動画の撮影ができる。

日中屋外などでの明るいシーン撮影時には、イメージセンサーに搭載した独自の信号処理機能で配列変換することで、リアルタイムで有効4800万画素の高解像度画像が得られる。

ソニー独自の露光制御技術と信号処理機能をイメージセンサーに内蔵するで、従来比4倍のダイナミックレンジの広い撮影や、リアルタイムでの出力を実現。

画面内に明るいところと暗いところが共存するシーンでも白飛びや黒潰れを抑えた画像をスマートフォンのディスプレイで見ながら撮影することができる。

------------------------

スマートフォン用に採用できる有効4800万画素という高解像度のセンサーを開発。

そんな高画素が必要あるのか?というと、光学ズームが載せることが難しいスマートフォンにあって、デジタルズームをしたときに、より精細感が残せるというメリットがある。

それでも暗所には弱くなるよねという弱点は、今のトレンドの多眼化で、そっちに強いセンサーを積めば解決。

ソニーのモバイル向けセンサーは、各社に提供されることも考えられるけれども、もちろんソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaに搭載される可能性はより高くなるわけで、これはまたカメラ的性能として遅れをとっていたXperiaも大きく進化してきそうな予感。

IFAが非常に楽しみになってきたわけだけど、Xperia XZ2シリーズが若干気の毒でもある。

・デュアルカメラによる超高感度撮影と4K HDR動画の撮影・視聴を実現するスマートフォン『Xperia XZ2 Premium』など3機種をNTTドコモより発売 ~デザインを刷新し、多彩なエンターテインメント機能を搭載~ 
・ドコモオンラインショップ

・auオンラインショップ

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


「Xperia XZ2 Premium SO-04K」は、ソニーストア直営店ではXperiaシリーズを展示中。(ただし販売はしていないためご注意ください。)

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:12:00~20:00

<Xperia XZ2>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2実機レビュー。手にして印象あっさり逆転「アラ、これ悪くないじゃない」
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia XZ2」を一週間使った率直な感想

<Xperia XZ1>
・Xperia XZ1をソニー好きが徹底レビュー。一見XZsから変わらずなれど、中身は各所がしっかり進化

<Xperia XZ1 Compact>
・Xperia XZ1 Compact 海外版先行レビュー X Compactの妥協感が消え高性能小型スマホ復権へ

<Xperia XZ Premium >
・[ ASCII.jp x デジタル ] Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ
・[ Engadget Japanese 掲載]  ソニーの4Kスマホ「Xperia XZ Premium」を徹底解剖!前モデルとの差が歴然なワケ
・[ Engadget Japanese 掲載]  Xperia XZ Premium自腹レビュー。デザイン・レスポンス・液晶とも心地良く、手放せなくなるモデル

<Xperia XZs>
・XperiaマニアのXperia XZs レビュー。Motion Eyeカメラにメモリも増量、マイナーチェンジ以上の充実

<Xperia XZ >
・グローバルモデル「Xperia XZ Dual F8332」の外観ファーストインプレ。
・[ ASCII.jp x デジタル 掲載] SIMフリー版「Xperia XZ」を自腹購入でレビュー! X Performanceとの違いは?:週間リスキー
・[ Engadget Japanese 掲載 ]  ソニー Xperia XZを徹底解剖!Z5と比べた「良い所」「悪い所」
・[ モバレコ 掲載] 「Xperia XZ」をレビュー!スタイルもカメラ性能も進化したフラッグシップモデル

<Xperia X Compact>
・[ ASCII.jp x デジタル 掲載] スペックが下がって逆に良かったSIMフリー版「Xperia X Compact」レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]  ソニー Xperia X Compactを徹底解説、Z5 Compactからの買い替えはアリ?
・「Xperia X Compact」をひとまず快適に使えるグッズを揃えてみた。SONY純正の「Style Cover Touch」が超お気に入り。

<Xperia X Performance>
・「Xperia X Performance」の実機をソニーストアで触ってきた雑感。
・「Xperia X Performance」を保護する純正のカバー4種。カバーを閉じたままXperiaを操作できるフルウィンドウ付きスタイルカバーがおもしろい。
・Z5と比べてわかったXperia X Performanceの魅力- ASCII.jp x デジタル

・強烈なノイズキャンセリングと周囲の音を操れる便利機能、そして高音質が最高に心地いい、毎日持ち歩きたいワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドホン「MDR-1000X」

ソニーストア

LINEで送る
Pocket