スマホと連携して圧倒的に便利になるαシリーズ。「Imaging Edge Mobile」を利用してスマホにカメラの設定を保存する方法。( α1 / α9II  / α7RIV / α7SIII )


デジタル一眼カメラαシリーズの設定をメモリーカードに保存したり、保存した設定を読み込んだりできる機能。

今現在(2021年4月)利用できるのは、α1 / α9II  / α7R IV / α7SIIIの4機種。

とても便利な機能ではあるのだけど、メモリーカードをフォーマットしてしまうとデータが消えてしまうのが悩ましいところ。

それを解消できるチップス。

・Imaging Edge Mobile

---------------------

●メモリーカードにカメラの設定を保存する方法。


α1 / α9II  / α7R IV / α7SIIIの4機種に備わる「カメラ設定の保存と反映」機能。

カメラ本体の設定をメモリーカードに保存したり、保存した設定を読み込んだりできる。

同じ型であれば、ほかのカメラの設定を読み込むこともできる。

やりかたは、MENUを開いて、「セットアップ」にある [設定初期化/保存] → [設定の保存/読込]を開く。

ここで、[保存]をすると、現在の本機の設定がメモリーカードに保存される。

[読み込み」をすると、メモリーカードから設定ファイルを読み込んで本機に反映される。

メモリーカードに保存できる数は、最大で10コまで。

ファイル名は、「CAMSET01」~「CAMSET10」

α1 / α7SIIIでは、新規保存するときに、ファイル名の変更(英数字)ができる。

※ α9II  / α7R IV には、[削除]項目がないため、10個保存されている場合は、 既存の設定ファイルに上書きで保存となる。

 

・設定の保存/読込 |レンズ交換式デジタルカメラILCE-1 α1 ヘルプガイド

 

---------------------

「Imaging Edge Mobile」を利用してスマホにカメラの設定を保存する方法。


せっかくカメラの設定を保存しても、メモリーカードは定期的にフォーマットすることもあって保存先としてはああまり向いていないように思える。

 「Imaging Edge Mobile」でのカメラの設定を保存する方法。

 「Imaging Edge Mobile」は、αシリーズで撮った写真や動画をワイヤレスでスマホ転送したりリモート操作するためのスマホアプリ。

まず、カメラのMENUを開いて、「ネットワーク」にある [スマートフォン接続機能] → [接続]を開く。

そして、スマートフォンから 「Imaging Edge Mobile」を立ち上げて「リモート撮影」をタップすると接続完了。

これで、カメラを遠隔操作できるリモート撮影ができる状態になる。

本来の使い方でいえば、αシリーズを三脚に設置して、少し離れた場所からズームの操作や設定の調整をして、シャッターをきるといった使い方など。

静止画はもちろん動画撮影でも利用できるので、集合写真を撮りたいときにリモコンを用意しなくてもスマホがその役割を果たしてくれるというもの。

ここで、[MENU]をタップして、設定画面から [設定の保存と反映] を開く。

そして、 [接続中のカメラの設定を保存] を選択することで、接続されているカメラの設定が保存される。

<注意>
カメラ側のモードダイヤルを「モード1/2/3」にしたままだと、設定に現れないので注意。

スマホならではというか非常に便利なポイントとして設定名が自由に決められること。

カメラ内で設定する場合、α9II  / α7R IV では設定名は変更できないし、α1 / α7SIIIでも設定名は英数字のみなうえに、やはりカメラで文字入力は面倒。

しかも、最大で20件まで保存できるので、あらゆるシチュエーションを想定していろいろなバリエーションを登録できる。

好みの設定を選んで、[接続中のカメラに設定を反映]をタップすれば、即カメラにその設定に切り替わる。

おまけに、スマートフォンであれば、設定項目の閲覧性がよくて、サクサクっと設定項目を変更できるので実に早い。

 「Imaging Edge Mobile」から変更できるカメラ設定>
ホワイトバランス、ドライブモード、フラッシュ、ワイヤレスフラッシュ、赤目軽減発光、フォーカスモード、Dレンジオプティマイザー、測光モード、タッチ設定モード、ズーム設定、JPEG/HEIF切替、RAW記録方式、JPEG画質、JPEG画像サイズ、アスペクト、動画記録方式、記録フレームレート、記録設定、モードダイヤルの操作設定、日時設定、ライブビュー画質など。

 

・Imaging Edge Mobile > 使いかた > 設定の保存と反映

 

---------------------

●スマホと連携することで圧倒的に便利になるαシリーズ


「Imaging Edge Mobile」というと、普段はスマホに画像転送に使うことはあっても、リモートで使うのはごくたまにという人も多いはず。

けれど、この保存機能だけピックアップしても非常に便利。

設定ファイル名をわかりやすい名前にできるうえ、シーン毎の設定を20件まで保存できるし、スマホ操作なので設定もスムーズ。

全ての機能ではないものの、ある程度の状況設定を一気に読み出せるし、SDに保存していてもSDカードフォーマットして消えてしまったなんて事も回避できる。

ちなみに、カメラで設定保存してSDカードに保存できる内容と、「Imaging Edge Mobile」でスマートフォンに保存される設定内容は全く同じ。


もちろん、即時切り替えられる「モードダイヤル 1/2/3」が撮影現場では一番に役立つことにはかわりなく。

保存をすると、モードダイヤルの設定もすべて保存されている。

撮影しようとしたら、モードダイヤルにどんな設定してたっけ?なんてうっかり忘れも回避できる。

例えば、「ポートレート」という設定保存をするとして、基本設定を作り、さらにモードダイヤルに「1.フラッシュ設定」「2.スタジオ設定」「3.ロケ設定」のような作成して保存すれば、これもこのまま読み出せる。

撮影対象が変われば、例えば「風景撮影」設定にすることで「モードダイヤル 1/2/3」もまるごと登録を書き換えられる。

スマホと「Imaging Edge Mobile」アプリを活用することで、大幅に使い勝手があがるのでぜひおすすめの使い方。

 

<参考>
・「Imaging Edge Mobile」アプリ更新。最新カメラ α1に対応、RAW画像の転送に対応、Wi-Fi接続性改善、転送とリモート撮影の切り替えが可能に。(追記あり)

 

---------------------

●デジタル一眼カメラαシリーズ


デジタル一眼カメラ α1 「ILCE-1」
ソニーストア販売価格:880,000円(税込)
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・進化するプロの創造性に最先端技術で応える フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α1』 発売 | プレスリリース | ソニー
・α1 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
・ソニーのフラッグシップ、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α1 ( ILCE-1 )」登場(前編)。α7R IVに迫る高解像度と、α9IIを遥かに凌ぐスピード性能。
・ソニーのフラッグシップ、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α1 ( ILCE-1 )」登場(後編)。信頼性やアウトプットも大幅に改良、あらゆるレスポンスを重視したワークフロー。


デジタル一眼カメラ α7SIII 「ILCE-7SM3」
ソニーストア販売価格:449,900円(税込)
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

<ソニーストア先行レビュー>
・ソニーストアでデジタル一眼カメラ α7SIII を触ってきたレビュー(その1) これを最新世代と言わずなんと呼ぶ!?全てのαユーザーの羨む機能が物欲を激しく刺激する。
・ソニーストアでデジタル一眼カメラ α7SIII を触ってきたレビュー(その2)4K 120p ハイフレームレート撮影、4:2:2 10bit記録、多彩な動画フォーマットへ対応、知れば知るほど使ってみたくなるポテンシャルの高さ。


デジタル一眼カメラ「α9II」ボディ 「ILCE-A9M2」

ソニーストア販売価格:599,500円(税込)
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・デジタル一眼カメラ α9 II ( ILCE-9M2 ) 国内発表。α9とセンサーは同等のままでどこが変わったのか?を細かくチェックしたみた。


デジタル一眼カメラα7RIV ボディ「 ILCE-7RM4」
ソニーストア販売価格:438,900円(税込)
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

α7R IVは、有効約6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと、画像処理エンジンBIONZ X、フロントエンドLSIを搭載して、超解像性能と豊かな階調性、最高ISO32000(拡張102400、静止画時)までの高い感度性能を持つカメラ。

小型軽量ボディでありながら、高速・高追従AF性能に加え、AIを活用したリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AF、AF/AE追従最高約10コマ/秒の高速連写性能が可能。

精緻な風景撮影、野生動物の撮影からスタジオでのポートレート撮影などの幅広いシーンに対応し、映像表現の可能性を広げる。

α7R IV 実機レビュー記事>
・デジタル一眼カメラ α7RIV レビュー(その1)α7IIIシリーズからどこが改善されたのか外観をチェック。触ると実感するカメラの道具としての良好な操作フィーリング。
・デジタル一眼カメラ α7RIV レビュー(その2)α7RIVの圧倒的な解像力を身を以て知るには?解像力テストチャートを使ってチェックしてみた。

-----------------------------

●「αあんしんプログラム」のレンズ長期保証優待を上手に利用しよう。


●αあんしんプログラム
αオーナー向けの「あんしん・快適な」サービス
「レンズ長期保証優待」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額


レンズ長期保証3年〈ワイド〉無料 / 5年〈ワイド〉50%OFF

故障の保証「長期保証<ベーシック>」に加えて、破損・水ぬれ・火災の保証まで広範囲に対応する「長期保証」の手厚いサービス。

αあんしんプログラム会員であれば、何本買ってもレンズが通常有料となる「レンズ長期保証3年<ワイド>」「レンズ長期保証5年<ベーシック>」無料に。

また、「レンズ長期保証5年<ワイド>」50%OFFになる。


注意点として、ソニーストアで新規レンズ購入時に専用ページで購入手続きとなるため、あらかじめ『αあんしんプログラム』に先に入会しておく必要がある。

-----------------------------

α7SIIIを購入するさいに、利用するとオトクなその他のソニーストアキャンペーン


・24回払いまで分割払手数料0%キャンペーン


・残価設定クレジット分割手数料0%キャンペーン

残価設定クレジットの分割手数料が、通常1%を【0%】

デジタルスチルカメラの返却するときの買取予定価格「残価額」として、「残価額」を差し引いた金額から24カ月の分割払いで支払う。

こうすることでまるごとクレジットにした場合よりも月々の支払いが抑えられるのが特徴。


・買い替え応援キャンペーン

ソニーストアでは、オンラインでもソニーストア直営店でも利用できる「ソニーストア下取りサービス」

ソニー製デジタルスチルカメラ全モデル、他社製デジタルカメラやレンズを最終査定価格にプラス増額して買い取り。

-----------------------------

●はじめてソニーストアを利用するときも先にMy Sony ID登録しよう

まだ一度もソニーストアを利用したことがないという場合でも、My Sony IDを新規登録すると、すぐに利用できるソニーストア割引クーポン(10%OFF)をもらうこともできる。

その後、お買い物条件に応じて年に2回オイシイクーポンがもらえるので、ぜひ利用しよう。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket