α7C にあわせた小型・軽量フラッシュ「HVL-F28RM」を12月11日に発売。ガイドナンバー28、電波式ワイヤレス通信に対応、α7Cの顔検出と連動して光量やホワイトバランスを調整。


デジタル一眼カメラαシリーズEマウントモデルα7Cとともに発表された、大光量と堅牢性を実現した小型・軽量フラッシュ「HVL-F28RM」を12月11日に発売。

メーカー希望小売価格円27,170円+税、発売日は2020年12月11日。

ソニーストアの先行予約販売は、9月18日(金)10時から。

・世界最小・最軽量システムを実現するフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7C』とズームレンズ発売| プレスリリース | ソニー
・先行展示情報(ソニーストア直営店)
・HVL-F28RM | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

-----------------------------

電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F28RM」


電波式ワイヤレス通信対応 外付けフラッシュ「HVL-F28RM」
メーカー希望小売価格:27,170円+税
ソニーストア販売価格:未定
●2020年9月18日(金)10時から先行予約販売開始
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

[2020年12月11日発売]


ソニーの従来モデル「HVL-F32M」と比べて、高さ約30%減、体積約12%減、質量約7%減となった小型・軽量なフラッシュ「HVL-F28RM」

実サイズは、幅65.1mm×高さ83.5mm×奥行91.4mmで重さ約219g。

ポケットにも収まる持ち運びやすいサイズ。

照射角50mm時であれば上位機種の「HVL-F45RM」にほぼ匹敵するガイドナンバー28(ISO100・m)の発光が可能で、被写体に光を直接当てないバウンス発光時でも十分な光量が得られる。


最大発光回数約110回(1/1マニュアル発光時、単3形アルカリ乾電池使用時、ニッケル水素電池使用時は約130回)のスタミナ性能。

発光間隔は0.1秒-6.4秒(アルカリ電池)/ 0.1秒-4.1秒(ニッケル水素電池)。


α7Cと連携して、カメラ本体の顔検出と連動して、カメラ側で高精度にフラッシュの光量やホワイトバランスを調整

人物の顔を検出することで、フラッシュの光と撮影環境の光のバランスを考慮して、カメラ側で顔色を自然な色調に整える。

さらに、カメラ本体との緻密な連携により、光量のばらつきが抑えられ、安定した発光が可能。

発光アルゴリズムの最適化によるオーバーヒート耐性も備えており、長時間の連続撮影時でも安定した発光ができる。


発光モードや調光補正などフラッシュに関する詳細な操作が、接続した対応カメラの「外部フラッシュ設定」から可能。

<対応カメラ>
α7C、α7S III、α7R IV、α7R III、α7 III。(2020年9月時点)

あらかじめカメラのカスタムキーに割り当てておくことで、撮影中にグリップから手を離すことなく、ファインダーをのぞいたままでも設定画面を呼び出せる。


「HVL-F28RM」は、「HVL-F60RM」「HVL-F45RM」と同様に、電波式ワイヤレス通信機能をそなえている。

ワイヤレス撮影をする場合は、1台を対応カメラに装着して、もう1台をペアリングすることでコマンダー(電波の送信側)としても、オフカメラフラッシュ(電波の受信側)としても使用できる。

電波式ワイヤレス通信のメリットは、最大で約35mと離れた場所でのワイヤレスフラッシュ撮影ができたり、カメラの背後にフラッシュを設置して撮影する場合や障害物が多い場所での撮影で赤外光が届きにくい場合でも、強い太陽光の下での撮影でも安定した通信ができること。

ワイヤレス撮影でのスローシンクロ、後幕シンクロ、マルチ発光にも対応。


「HVL-F28RM」は最大15個のフラッシュユニット、最大5個のグループに割り当てることができる。

撮影モードはTTLフラッシュ撮影モードマニュアルフラッシュ撮影モードグループ発光撮影モードの3つ。

TTLフラッシュ撮影モードでは、3つのグループをそれぞれ無発光から5段階で光量比を調整したり、マニュアルフラッシュ撮影モードでは、3つのグループそれぞれの調光補正(1/1-1/128)に対応。

フラッシュをコマンダーとして使用した場合には、手元で離れた場所にあるフラッシュの発光モードや光量比制御、調光補正の操作ができるので、一人でも煩わしさを軽減できる。


フラッシュ発光部の回転機構は、0/20/40/60/80/120°でクリックによる角度設定。

誤って角度が切り換わることを防止するため、0°位置にロックを追加。

ただし上下方向のみで、左右回転はできない。


防塵・防湿設計に配慮した設計により、過酷な環境下でもフラッシュ撮影が可能に。

α7S III、α9 II、α7R IVに装着しロックした状態では、防塵・防滴カバー部がより一層水滴などの浸入を防ぐ形状のため、信頼性がさらにアップ


マルチインターフェースシューの信頼性を高めるために金属素材を使用し、耐久性を強化


マルチ/マイクロUSB端子を備えて、フラッシュをPCに接続して今後のソフトウェアにアップデートも対応する。

-----------------------


α7Cがコンパクトになると、それにまつわるレンズからフラッシュまで小さくまとめたくなるのが心情。

「HVL-F28RM」は小型・軽量のわりに大光量だし、電波式ワイヤレス通信にも対応あいてるし、α7Cの顔検出と連動するしと今どきの欲しい機能を持っていて、純正フラッシュっでもいいじゃないと思える。

・コンパクトこそ正義!フルサイズカメラがここまで小さく軽量になったフルサイズミラーレス一眼カメラα7C登場!APS-Cモデルから買い替えてもバレにくい、買い増してもサブカメラだと思いこめる魔性のカメラ。
・フルサイズ対応の超コンパクトなズームレンズ FE28-60mm F4-5.6「SEL2860」を2021年春に発売。α7C ズームレンズキットとしてなら2020年10月23日発売、しかもリーズナブルという罠。

 

---------------------

●デジタル一眼カメラα7C ラインナップ

 


『α7C』ズームレンズキット ILCE-7CL
ソニーストア販売価格:240,000円前後
●2020年9月18日(金)10時から先行予約販売開始
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

[2020年10月23日発売]


『α7C』 ボディ ILCE-7C
ソニーストア販売価格:210,000円前後
●2020年9月18日(金)10時から先行予約販売開始
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

[2020年10月23日発売]


●αあんしんプログラム
αオーナー向けの「あんしん・快適な」サービス
「レンズ長期保証優待」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額

-----------------------------

●はじめてソニーストアを利用するときも先にMy Sony ID登録しよう

まだ一度もソニーストアを利用したことがないという場合でも、My Sony IDを新規登録すると、すぐに利用できるソニーストア割引クーポン(10%OFF)をもらうこともできる。

その後、お買い物条件に応じて年に2回オイシイクーポンがもらえるので、ぜひ利用しよう。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket