テレビまわりを重装備にしたくないギリギリ許せるスリム&コンパクトなサイズ感を狙ったサウンドバー「HT-MT500 / MT300」

0107a 
ソニーから、スリム&コンパクトで、インテリアに調和するデザインを採用したサウンドバー「HT-MT500」、「HT-MT300」の2機種を3月11日に発売。

・スリム&コンパクトでインテリアに調和するデザインのサウンドバー2機種を発売 | プレスリリース | ソニー

--------------------------

●省スペースに設置できて、テレビの音声をステップアップできるサウンドバー

0107n
0107o

ソニーが今まで発売してきたサウンドバーの中でも、圧倒的に小さいサイズを実現。

バースピーカーの幅は約50cm、高さは「HT-MT500」は約6.4cm、「HT-MT300」は約5.4cmと、テレビの前に置きやすい薄さで、スペースが限られたテレビ台にも置きやすいコンパクトさ。

0107c

ワイヤレス接続できるサブウーファーも幅約9.5cmと小型化して、タテにもヨコにも置けて、リビングルームの隅やテレビ台の横に限らず、ソファの下にも入れられる自由な設置ができるのが特徴。

また、インテリアのトレンドにマッチングさせた丸みを帯びた柔らかなデザインと、深みのある温かなカラーリングを採用。

サブウーファーの表面にはレザー調になっていて、「HT-MT500」はバースピーカーの天面に合成皮革にするなどして、従来の機器的な佇まいとはちがった雰囲気に。

0107h
原音に忠実なサウンドを実現するデジタルアンプ、「HT-MT500」「S-Master HX」、「HT-MT300」は「S-Master」を搭載。

デジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」を備えて、前方のスピーカーだけで臨場感のあるサラウンド音場を再現。

サブウーファーがソファの下に設置された場合を想定して、ソファに座った場合に、バースピーカー、サブウーファーそれぞれの距離に差が生じることによって起きる音のずれや、ソファのクッション部分の影響で変化する帯域を補正する「ソファーモード」も追加。

0107p
上位モデルの「HT-MT500」には、ソニーのサウンドバーとしては初の、独自開発の約45mm口径ハイレゾ対応フルレンジスピーカーを搭載。

圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリング「DSEE HX」も搭載。

小型ながらもハイレゾに対応。

Bluetooth接続には、高音質コーデック「LDAC」を採用したことで、従来(SBC)の最大約3倍の情報量を伝送して、ウォークマンやスマートフォンからワイヤレスでも高音質なサウンド楽しめる。

0107j
「HT-MT500」にのみHDMI出力を搭載。

ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応して、テレビからの音声を「HT-MT500」から楽しめる。

ただし、HDCP 2.2には対応していないため、UHD BDの音声の再生はできないので注意。

他、デジタル光入力x1、アナログ音声入力x1、Bluetooth、LAN端子、無線LAN内蔵。

0107i

接続の際には、NFC対応のウォークマンやスマートフォンをかざすだけで簡単に音楽再生できるワンタッチリスニング機能にも対応する。

0827g

そして、「HT-MT500」はホームネットワーク内の複数の対応機器を連動させる新機能「SongPal Link」に対応。

例えば、リビングに設置した「HT-MT500」と、キッチンに設置した「HT-ZR5P」を連動させて、PCに保存した音楽を同期して再生する「ワイヤレスマルチルーム」という使い方ができる。

0107q
音楽ストリーミングサービス Spotifyが楽しめる「Spotify Connect」や、「Chromecast built-in」にも対応して、スマホを操ってネットワーク経由で直接コンテンツをストリーミング再生可能といった使い方もできる。

0329f
そして、ワイヤレスサラウンド対応スピーカーと組み合わせることで、リアスピーカーとしてワイヤレスで接続する「ワイヤレスサラウンド」も利用できる。

・ワイヤレスで広月楽しみ「SongPal Link(ソングパルリンク)」

--------------------------

0107b
サウンドバー「HT-MT500」
ソニーストア販売予定価格:69,880円(税別)
・長期保証<3年ベーシック>
・2017年3月11日 発売予定

サウンドバー、ウーファーともにスリムでコンパクト。
約45mm口径ハイレゾ対応フルレンジスピーカー搭載。
サウンドバー部出力30W×2ch、サブウーファ部85W、実用最大出力145W。
ホームネットワーク(SongPal Link)再生に対応。

0107k
サウンドバー「HT-MT300」
ソニーストア販売予定価格:32,880円(税別)
・長期保証<3年ベーシック>
・2017年3月11日 発売予定

サウンドバー、ウーファーともにスリムでコンパクト。
チャコールブラックとクリームホワイトの2色展開。
サウンドバー部出力25W×2ch、サブウーファ部50W、実用最大出力100W。
注:HDMIやネットワーク端子は非搭載、ハイレゾ、LDAC非対応。

--------------------------

0107l
さらにコンパクトになったおかげでより好みの設置場所が自由になったサウンドバー。

特に、ウーファーのワイヤレスに加えて、スリム化になったことで、TVラックの横に置いてもスペースをとらなくて、ソファの下にあいた空間を利用して少しでも存在感を減らせる。

テレビの音質を上げたいけれど、重装備はカンベンよっ!という圧力のすえに勝ち取れるギリギリのサラウンドシステム。

上位モデルの「HT-MT500」と下位モデルの「HT-MT300」では、価格差以前にそもそも出来る範囲が大きく異なってくる。

「HT-MT500」は、Bluetooth接続の「LDAC」にも対応して、テレビに縛られずに音楽を高音質で聴くという使い方ができたり、「SongPal Link」の「ワイヤレスマルチルーム」ではスマートフォンで自在に操れたり、リアスピーカーをもしも後から追加したいと思った場合にでも「ワイヤレスサラウンド」で実現できる。

ただし、今年のトレンドの方向に向かっているUHD BDについては、「HT-MT500」のHDMI端子がHDCP 2.2には対応していないUHD BDの音声の再生はできないというワナがあるので、そこまで見据えるならサイズアップも含めてサウンドバー「HT-CT790」「HT-NT5」を視野にいれたほうが良さげ。

・サラウンドシステムとしてはもちろん、モバイル機器とつながる、GoogleCastも楽しめるサウンドバー「HT-CT790」
ポータブルなのにハイレゾ対応、BluetoothにもWi-Fiにもつながって汎用性が高すぎる、ワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」
・完全にデスクトップ専用、自分のためだけのコンパクトオーディオシステム「CAS-1」

・ワイヤレススピーカー 「SRS-ZR7」で、スマートフォン、ウォークマン、PC、音楽配信サービスの音源を再生してみる。
・ワイヤレススピーカー「SRS-ZR7」を2台つかって、「Wireless Stereo」の迫力ステレオ環境をつくってみよう。
・シアター以外の音楽も楽しめてモトがとれる、薄型デザインで設置しやすいたサウンドバー「HT-NT5」。
・みんなの力をひとつにっ!ホームシアターシステム「HT-NT5」、リアスピーカー「SRS-ZR7」x2で、合体っ「ワイヤレスサラウンド」!

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket