ハイレゾ音源対応の高音質と、Wi-Fi接続でネットワーク経由や音楽配信サービスなども楽しめるワイヤレスポータブルスピーカーh.ear go 2 「SRS-HG10」。


ソニーからハイレゾ音源に対応した世界最小サイズのワイヤレスポータブルスピーカー h.ear goシリーズに新モデルh.ear go 2 「SRS-HG10」を5月12日に発売。

・海辺でも使える高い耐久性と重低音を実現。EXTRA BASS(TM)シリーズワイヤレススピーカー発売 | プレスリリース | ソニー

------------------------

●ハイレゾに対応した、ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go(SRS-HG10)


ワイヤレスポータブルスピーカーh.ear go 2 「SRS-HG10」は、1BOXのコンパクトなボディに、新開発のハイレゾ対応約35mmフルレンジスピーカーユニットを搭載。

高磁力ネオジウムマグネットにより磁気回路を強化して、コンパクトボディでも、大音量時も低域の表現力を保ちながら、ハイレゾ再生に最適な振動板を新たに備えることで、スピーカーユニット単体で、60Hzの低域から40kHzの高域までの再生が可能に。

中高域のエネルギーロスを減らして、振動板のセンターキャップ部をボイスコイルボビンに直接貼り付ける構造を採用。

ボイスコイルの直径を拡大したことで、音の厚みや量感、ボーカルのクリアさを向上している。

また、ウォークマンの高音質モデルにも搭載した固体高分子アルミ電解コンデンサーやフィルムコンデンサーを採用するなど、電源回路を改良して、音の解像度が向上、より広い音場を実現する。

加えて、本体内部の構造を見直し、前モデルh.ear go「SRS-HG1」比で10%容積を増やして、力強い重低音に。

底面の樹脂板と本体内部のシャーシをビスで直接結合させたことで、低域の明瞭さも確保し、ゴム足付近のビスは、ゴム足の中心軸とずらすことで、不要な共振を分散できるよう配慮。


さらに、低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を前面と背面に2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター」を採用。

スマートなボディでも低域を再現し、フルレンジスピーカーで駆動された”音圧”を再現する。

0925d
ハイレ ゾ音源の再生が可能で、DSD2.8MHz(リニアPCM変換)や、最大192kHz/24bitのPCM方式の音源再生に対応。

0925c
音声信号をフルデジタル処理して、ハイレゾ音源の再生に対応した「S-Master HX」を搭載して、超高域を含めた全帯域でノイズや歪みを低減、低域から高域まで豊かな臨場感で再現。そして、「DSEE HX」も搭載して、CDや圧縮音源を、ハイレゾ(最大192kHz/24bit)相当の高解像度音源に上げて、よりリアル感を増した音楽を楽しむ事ができる。

他、低域をさらに強化できる「Extra Bass」ボタンや、ソニーならではの音を手軽に楽しめる「ClearAudio+」 を備える。

本体サイズ(幅×高さ×奥行)は、約204×62×60mm、質量は約700g。

実用最大出力は、24W(12W+12W)で、大容量リチウムイオン充電池を内蔵して約4時間充電で約12時間の連続再生が可能。


USBケーブルからPCと接続して、PC内にあるハイレゾ音楽を再生したり、ウォークマンやXperiaなどの内蔵メモリーにあるハイレゾ音源を再生することができる。

また、ステレオミニプラグのオーディオ入力端子から、48kHz/16bitのADコンバーターで処理して入力信号をロスなくデジタル信号化して、アナログオーディオも楽しめる。

本体自体の給電/充電はMicroUSB端子となっている。

-----------------------------

●Wi-Fi接続による高音質、かつ自由な音楽Lifeを楽しめる。


Wi-Fi(IEEE 802.11a/n)を利用して、PCやNAS、タブレット、スマートフォン、Androidウォークマンなどに保存している音楽をワイヤレスで再生できるワイヤレス音楽再生に対応。

ハイレゾ音源も、高音質のまま再生できるというメリットがある。

 
スマホアプリ「Music Center」を使えば、自宅のホームネットワークで、部屋にある複数の機器で同じ楽曲を同時に再生したり、別の部屋で別の楽曲を再生するといったこともできる。

また、Google Play Music やAWAなどの音楽配信サービスや、インターネットラジオを楽しめるChromecast built-in に対応するので、スマートフォンから操作して、ネットワーク経由でストリーミング再生する事もできる。


スマートスピーカー「LF-S50G」やGoogle HomeといったGoogle アシスタン 搭載スマートスピーカーに話しかけると、h.ear go 2 「SRS-HG10」からストリーミングサービスなどの音楽を流せる。

0229e
ワイヤレス対応機器と組み合わせて、ワイヤレスサラウンドスピーカーとしても使えたり、2台のワイヤレススピーカーを接続して、さらなる広がりをもったステレオサウンド再生を楽しむといった使い方もできる。

-----------------------------

●高音質をワイヤレスで楽しむ事ができる「LDAC(エルダック)」


Bluetooth標準規格Ver.4.2に対応して、ワイヤレスで音声を再生できるので、スマートフォンやタブレットで音楽を聴きながら、手もとでイン ターネットやTwitter、Facebookを操作したり、YouTubeや動画、ゲームを、スピーカーから迫力のサウンドを堪能できる。

 0107q

音声コーデックには、SBCとAAC、そして 「LDAC(エルダック)」に対応。

bluetoothで接続をした場合「SBC」の約3倍にもなる情報量で音源を転送できる 「LDAC」を採用して、より高音質なワイヤレスの音楽再生ができる。データ転送レートは3段階(330kbks/660kbps/990kbs)。


NFCを搭載して、NFC搭載Bluetooth対応のスマートフォンであれば、ワンタッチで、Bluetoothのペアリングができたり、それ以降の、接続や切断もすべてワンタッチ。

別のNFC対応ヘッドセットにタッチすれば、ワイヤレススピーカーとのBluetooth接続を切断してヘッドセットと接続できたりと、機器のいったりきたりも簡単。

スピーカーの電源を切っておいても、スマートフォンや“ウォークマン”から電源を入れられる「Bluetooth スタンバイ機能」やBluetooth接続解除してしばらくすると自動で電源オフになる便利機能も搭載。

ワイヤレスポータブルスピーカーh.ear go 2 「SRS-HG10」は、 一番コンパクトでバッテリー駆動できるハイレゾ音源に対応したワイヤレスポータブルスピーカー。

しかもBluetoothにとどまらずWi-Fi接続にまで対応していて、利用シーンも多いのが他のポータブルスピーカーとは一線を画すところ。

手の届きやすい価格帯におさまっているうえに、カラバリ5色展開で、クオリティーと汎用性を持ち合わせている。

------------------------

●ワイヤレスポータブルスピーカーh.ear go(SRS-HG10)


ワイヤレスポータブルスピーカーh.ear go「SRS-HG10」
●ムーンリットブルー/ペールゴールド/グレイッシュブラック/トワイライトレッド (G)ホライズングリーン
ソニーストア販売価格:27,380円(税別)  
●長期保証サービス(3年ベーシック)付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

[2018年5月12日発売]

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。天神CLASS
営業時間:12:00~20:00

iconicon

LINEで送る
Pocket