[ Engadget Japanese 掲載] ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ


・ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ – Engadget Japanese

「Xperia 1 」についてのファーストインプレッションレビューをEngadget Japaneseさんに掲載いただきました。


NTTドコモ、au、ソフトバンクから6月中旬発売を控えるXperia 1の実機を借りることができたので、速攻レビュー。

「Xperia 1 」はストレートなスクウェアデザインで、アスペクト比21:9というXperiaシリーズ史上でも最も長いディスプレイ。

大画面化しながらもXperia XZ2と全く同じ横幅で持ちやすさは変わらず、8.2mmと薄くなりかつ非常に軽いことに驚く。

そしてカラバリとして、久々に復活したパープル。

Xperia Z Ultraなどに代表されるパープルカラーは少し赤みのある落ち着いた色なのに対して、「Xperia 1 」は青みが強く周囲を反射する質の高い光沢感を持った色。

サイド面から背面にかけて継ぎ目の段差もなく表裏一体感のあるボディラインは、視覚的にも手にした時の触感まで非常に所有欲を満たされる。

プレスリリースをみるよりも圧倒的に実機のほうがかっこよかった。


画面サイズは6.5インチで、4K有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)。

4K解像度と有機ELディスプレイを兼ね備えているのは、「Xperia 1 」が初。

タテ解像度が高くなった恩恵として、TwitterやInstagramなどSNSの縦スクロールでの情報量が増して圧倒的に見やすくなったことと、画面を分割して同時に2つのアプリを利用できるマルチウインドウが使い勝手を促進。

指紋認証センサーの位置は、元どおり本体サイド面に回帰。


メインカメラは有効画素数約1220万画素のイメージセンサーを備えて、上から焦点距離26mm・F1.6 の標準レンズ、52mm F2.4 望遠レンズ、16mm F2.4 超広角レンズのトリプルカメラ。

防水防塵機能は健在で、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)を搭載。

スペックはプロセッサーに、Qualcomm社製64ビット クアッドコアプロセッサー「Snapdragon™ 855 Mobile Platform」、メモリー(RAM)6GB、ストレージ64GB。

残念ポイントは、グローバルモデルはストレージが128GBだったのに対して国内キャリアモデルは64GBだということと、スタイリッシュなボディの薄さと軽さとのトレードオフとなったのかワイヤレス充電が見送られてしまったこと。

ただやみくもにトレンドを後から追いかけるという選択肢を捨てて、トリプルカメラや自社カメラの機能を盛り込み、映画のような体験やマルチウインドウの使いやすさといった明確なコンセプトをもとに採用された21:9のディスプレイなど、今回のモデルは今までのXperiaの流れを断ち切って、ゼロから登場したモデルとも言える。

より詳しいレビューは後に続く。

<Xperia 1 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載] ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ

・[ Engadget Japanese 掲載] 実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] 海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力
・「Xperia 1」を手に入れたら、真っ先に保護フィルムを貼っておこう。

・ドコモオンラインショップ
・auオンラインショップ
・ソフトバンクオンラインショップ

-----------------------------

●「Xperia 1」専用アクセサリー


Xperia 1 Style Cover Touch「SCTI30」
●ホワイト/パープル/ブラック/グレー
ソニーストア販売価格:5,680円(税別)

Xperia 1 Style Cover Touch「SCTI30」は、フルスクリーンウィンドウを搭載して、カバーを閉じたままでもタッチ操作が可能できる「Xperia 1」専用のカバー。

ホルダー部にTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材を採用して、「Xperia 1」本体のデザインにぴったりとフィットして持ちやすい柔らかい手触り。

防水対応(IPX5/8相当)で、装着したままで卓上ホルダ(別売)での充電が可能。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


「Xperia XZ3」の実機をソニーストアでも10月12日より展示を開始する。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

<ASCII.jp x デジタルXperia執筆>
・ASCII毎週連載:Xperia周辺機器
・ASCII隔週連載:Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く

<Xperia 10 / Xperia 10 Plus 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載]約5万円の超縦長Xperia「10 / 10 Plus」 高級感もあり日本発売してほしい:開梱レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia 10 / 10 Plus」の実機をじっくり触ったら「Xperia 1」が待ち遠しくなった

<Xperia XZ3 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載] 海外版「Xperia XZ3」が届いた!速攻開封レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載] 実機レビュー 新機能も細かくチェック
・[ Engadget Japanese 掲載] 「Xperia XZ3」をXZ2やXZ2 Premiumと比較。比べると際立つその仕上がり

<Xperia XZ2 Compact>
・[ Engadget Japanese 掲載] あるソニーマニアが今回、Xperia XZ2 Compactを選んだ理由

<Xperia XZ2 Premium>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2 Premium 実機レビュー、デュアルカメラには感動ポイントも
・5.8インチ4Kディスプレイ、デュアルカメラを備えたフラッグシップモデル「Xperia XZ2 Premium」をレビュー。(前編)

<Xperia XZ2>
・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia XZ2実機レビュー。手にして印象あっさり逆転「アラ、これ悪くないじゃない」
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia XZ2」を一週間使った率直な感想

<Xperia XZ1>
・Xperia XZ1をソニー好きが徹底レビュー。一見XZsから変わらずなれど、中身は各所がしっかり進化

<Xperia XZ1 Compact>
・Xperia XZ1 Compact 海外版先行レビュー X Compactの妥協感が消え高性能小型スマホ復権へ

<Xperia XZ Premium >
・[ ASCII.jp x デジタル ] Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ
・[ Engadget Japanese 掲載]  ソニーの4Kスマホ「Xperia XZ Premium」を徹底解剖!前モデルとの差が歴然なワケ
・[ Engadget Japanese 掲載]  Xperia XZ Premium自腹レビュー。デザイン・レスポンス・液晶とも心地良く、手放せなくなるモデル

iconicon

ソニーストア

LINEで送る
Pocket