[ Engadget Japanese 掲載] Xperia 1専用Deff製アルミバンパー、紫で合わせるとシンクロ率が高い


・Xperia 1専用Deff製アルミバンパー、紫で合わせるとシンクロ率が高い

Deff(ディーフ)製「CLEAVE Alumium Bumper CHRONO for Xperia 1」のレビューをEngadgetさんに掲載いただきました。

----------------------------

●[ Engadget Japanese 掲載]Xperia 1専用Deff製アルミバンパー、紫で合わせるとシンクロ率が高い


Xperia 1 のサイド面の周囲をぐるっと覆うタイプのアルミバンパーDeff(ディーフ)製「CLEAVE Alumium Bumper CHRONO for Xperia 1」

金属というとちょっと重そうに思えるもののアルミバンパーの実際の質量は27g程度で、手に持ってみるととても軽く感じる。

ケース自体のサイズは、幅86.5×高171×厚10.9mm。

バンパーの主材料には高強度で軽量とされ、かつ信頼性の高いアルミニウム合金A6063を採用。

CNC切削加工することでアルミニウムの塊から複雑な工程を経て少しずつ削り出して、仕上げとしてサンドブラストによる表面の加工が施されているそう。


装着方法はとてもシンプルで、上部両サイドにあるロックスイッチを押しながら引き抜けばバンパーが分離。

レールにそってXperia 1 を滑り込ませたのちに、バンパーを合体すれば装着完了。

内側は、バンパーと本体が接触する全体に薄くシリコンが貼り付いて、落としてしまったときに本体を保護することはもちろん、バンパーで傷がつくなんていう本末転倒なアクシデントがおきないように考慮されている。


手に持ってみると、厚みも極力抑えられているため持ちやすさは損なわれず、手に当たる部分もスタイリッシュなエッジは残しつつなめらかに加工されていることもあって、突き刺さる嫌な触感もなく。

単純に周辺にあわせたバンパーというだけではなく、本体の上部にむかって緩やかに広がった独特なデザインは思っていた以上に本体と馴染んだうえでおしゃれに仕上がっている。

当然ながら背面はすべてが見えている状態で、メインカメラもおサイフケータイやNFCなどの通信系もそのまま利用可能。

装着したパンパー形状は、スマートフォン本体よりも少しだけ盛り上がっており、平らな机に置いた場合、ディスプレイ面や背面が直接触れない仕様。


インターフェース類のアクセスはというと、本体下部にあるUSB type-C端子やマイク部分はアルミバンパーを開口。

USB type-C端子は狭っ苦しく見えますが、一段ほどバンパーの厚みを減らしているのでケーブルを接続する際にはじゃまにならないはず。

ストラップホールも設けてるので、Xperia 1 本体にはストラップを直接取り付けできないため重宝する。


サイド部分は、指紋センサー部分は直接触れる必要があるため大きくカット。

その他のボリュームキー、電源キー、カメラキーについては、バンパー自身に専用ボタンが備わっている。

TPUケースなどでは厚みでボタンが固くなり押しにくいことはよくあるけれど、アルミバンパーの専用ボタンは独立しているので押しやすさもあってストレスにならないのはGood。

ディスプレイ側面部分は一段低くなったようなデザインは、Xperia 1 ならではのUIである「サイドセンス」がスムーズに利用できるための配慮。


Deff(ディーフ)製「CLEAVE Alumium Bumper CHRONO for Xperia 1」のカラーは、ブラック、パープル、レッド、シルバーの4色。

同色系であわせるのもよし、レッドカラーをXperia 1 とあわせるもよし、自分のスタイルで組合わせできる。

定番ながらXperia 1 のパープルにアルミバンパーのパープルとのカラーのシンクロ率が高いのもポイント。

この一体感も装着する心地よさにつながっている。

 

 

<ASCII.jp x デジタルXperia執筆>
・ASCII毎週連載:Xperia周辺機器
・ASCII隔週連載:Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く

<Xperia 1 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載] ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ

・[ Engadget Japanese 掲載] 実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] 海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力
・「Xperia 1」を手に入れたら、真っ先に保護フィルムを貼っておこう。

<Xperia 10 / Xperia 10 Plus 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載]約5万円の超縦長Xperia「10 / 10 Plus」 高級感もあり日本発売してほしい:開梱レビュー
・[ Engadget Japanese 掲載]「Xperia 10 / 10 Plus」の実機をじっくり触ったら「Xperia 1」が待ち遠しくなった

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

<ASCII.jp x デジタルXperia執筆>
・ASCII毎週連載:Xperia周辺機器
・ASCII隔週連載:Xperia温故知新! 波瀾万丈な歴史を紐解く

<Xperia 1 執筆>
・[ Engadget Japanese 掲載] ここ数年のXperiaとは全く異なる。Xperia 1実機ファーストインプレ

・[ Engadget Japanese 掲載] 実際どう? Xperia 1『超縦長』ディスプレイの使い心地(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] Xperia 1の『トリプルカメラ』をじっくり試した(実機レビュー)

・[ Engadget Japanese 掲載] 海外版Xperia 1を速攻入手して開梱レビュー。ストレージ128GBが魅力
・「Xperia 1」を手に入れたら、真っ先に保護フィルムを貼っておこう。

iconicon

ソニーストア

 

 

LINEで送る
Pocket