サイバーショット「DSC-RX10」のアップデートでXAVC S動画記録に対応。

0828e

デジタルスチルカメラ”Cyber-shot”の「DSC-RX10」や、「DSC-RX100M3」

本体のアップデートを開始。

 

・デジタルスチルカメラ「DSC-RX10」本体ソフトウェアアップデート開始のお知らせ

「DSC-RX10」は、ソフトウェアバージョン2.00となって、

XAVC S規格の動画記録に対応。

 

従来は、AVC HDの動画記録だけだったものが、

なんとバージョンアップで、高ビットレートに対応したXAVC S規格

「1920×1080 60p/30p/24p」と、「1280×720 120p」の動画記録に対応。

 

XAVC S形式で動画を撮影する際には、Class10以上のSDXCカードを、

アップデート後のDSC-RX10本体でフォーマットを実行する必要がある。

また、フォーマットを実行するとカード内のデータがすべて削除されるので

実行前にSDXCカードのバックアップを忘れないように。

 

0828f

・デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M3」本体ソフトウェアアップデート開始のお知らせ

「DSC0RX100M3」は、ソフトウェアバージョン1.10となって、

日時保持用の内蔵バックアップ電池の残容量により

まれに電源が入らない場合があることが改善される。

 

0828g

・デジタルスチルカメラ「DSC-HX400V/DSC-HX60V/DSC-WX350/DSC-WX220」本体ソフトウェアアップデート開始のお知らせ

「DSC-HX400V/DSC-HX60V/DSC-WX350/DSC-WX220」は、それぞれ

ソフトウェアバージョン2.00となって、

スマートフォンでサイバーショット本体を遠隔操作して、動画撮影が可能に。

また一部の機能を改善。

 

「DSC-HX400V/DSC-HX60V」にプリインストールされている

“PlayMemories Camera Apps”のアプリ「スマートリモコン内蔵版」は静止画のみの対応のため

動画撮影をしたい場合には、今回の本体のアップデートの他に、

9月下旬に配信予定の”PlayMemories Camera Apps”のアプリ「スマートリモコンVer3.10」を

ダウンロード、インストールする必要がある。

 

・コンパクトに持ち運んでオールマイティに使える「DSC-RX100M3」(その1)

・コンパクトに持ち運んでオールマイティに使える「DSC-RX100M3」(その2)

Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket