「CP+(シーピープラス)2018」、ソニーブースは会場入り口から左奥に広いスペースで出展。スペシャルセミナーの講師陣16名決定。


神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で2018年3月1日(木)から4日(日)の4日間開催される、毎年恒例のカメラと写真映像のイベント「CP+(シーピープラス)2018」に今年もソニーブースを出展。

・「さあ、見たことのない世界へ。α Universe」CP+ CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW 2018

---------------------

●CP+2018 ソニーブース


「CP+(シーピープラス)2018」の会場レイアウトをみると、ソニーブースはホール入り口を入って左奥のブースを確保。(昨年CANONブースのあった場所。)

そして敷地面積をPDFで見る限り、主要カメラメーカーと並んでというより、厳密にみるとおそらく一番巨大。

昨年の「CP+」のソニーブースでは、一眼カメラ”α”やそのレンズ群、サイバーショット、4Kハンディカムといった最新のカメラやレンズの展示と体験コーナー やスペシャルセミナー、撮影体験、全ての作品を4K対応液晶テレビ BRAVIAで鑑賞できる写真美術館が設置されていた。

今年のコーナーは近日中に公開予定。

・CP+2018 会場レイアウト(PDF)

---------------------

●CP+ スペシャルセミナー


「CP+(シーピープラス)」といえば、各ジャンルの著名なプロカメラマンによるスペシャルセミナーが今回も実施。ソニーのカメラの魅力をやレンズをじっくりと聞く事ができる。

今回のスペシャルセミナー講師は、井上浩輝氏、魚住誠一氏、打田武史氏、大喜多正毅、柏倉陽介氏、佐藤健寿氏、鈴木知子氏、高橋真澄氏、高橋優也氏、高橋良典氏、中井精也氏、並木隆氏、沼澤茂美氏、森俊樹氏、森山大道氏、山本まりこ氏16名。

セミナースケジュールについては、近日公開予定。

---------------------

●来場特典


ソニーのCP+期間限定LINE@アカウントを、QRコードにアクセスしてLINE@の友だち登録をして、ソニーブース内の所定の場所でスタッフに見せるとCP+限定ソニーオリジナルグッズをプレゼント。

もうひとつ、α Universeの公式Facebookをフォローして、ソニーブース内の所定の場所でFacebookの画面をスタッフに見せると、CP+限定ソニーオリジナルグッズをプレゼント。

また、普段ソニーのαシリーズ一眼カメラを愛用しているユーザーを対象にイメージセンサーのクリーニングサービスを無料で実施。

受付人数には限りがあるので、先着順となる点には注意が必要。

---------------------

「CP+」の入場料は1,500円(税込)とされているけれど、web事前登録をすれば無料になるので忘れずに!

あと、宿泊する予定なら早めにホテルも予約しておこう(;゚∀゚)=3

・「CP+2017」ソニーブースレポート(その1)。トロトロのボケ味と最新機能が合体したFE 100mm F2.8 STF GM OSS「SEL100F28GM」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その2)。軽くて小さい機動性とAFも速くて扱いやすいFE 85mm F1.8 「SEL85F18」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その3)。動画撮影に特化したE PZ 18-110mm F4 G OSS 「SELP18110G」
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その4)。フラッシュを使ったプロのスタジオライティングを体験。
・「CP+2017」ソニーブースレポート(その5)。スピード撮影や暗所撮影といったαの性能を試せる撮影コーナーと充実しつつあるαのサポート。
・「CP+(シーピープラス)2017」のソニーブースのアフターレポートに、スペシャルセミナーの動画を掲載。
・ソニーとマンフロット、商品開発とマーケティング活動で協業。2018年からα向けカメラアクセサリー登場予定。

iconicon

【TOPページへ】

 

LINEで送る
Pocket