カメラの手入れのポイントをわかりやすく解説する「愛機をきれいにリフレッシュ!年末のお手入れノート」

1210t
外に持ち出すカメラだけに、気づかないうちに結構汚れているもの。

ソニーのサイトにカメラの手入れのポイントをわかりやすく解説しているページが出来ていたので紹介。

・新春もあなたのカメラが大活躍!愛機をきれいにリフレッシュ!年末のお手入れノート

-----------------------------

●日頃のメンテナンスと保管方法、防寒対策。

1210u
自分で手入れするなら、ブロワーやブラシ、クリーニングクロスが便利。

ボディはクリーニングクロスで軽く拭き取り、レンズは表面のホコリをブロアーで吹き飛ばした後に、専用のクリーニングクロスで拭いて、レンズフロントキャップを取り付けておくのが基本。

・カメラ本体・レンズのお手入れ方法:デジタル一眼カメラ α™(アルファ) サポート

1210y 1210z     

カメラは、ホコリや湿気に弱いため、カメラ専用のドライボックスに入れておくことをオススメ。

しっかりと守りたいなら防湿庫のような専用のものから、そこまでしなくてもという場合にはプラスチック製の容器に乾燥剤をいれておける簡易ボックスもある。

・活用ガイド 日頃のお手入れと保管方法:デジタル一眼カメラ α™(アルファ) サポート

1210x
冬にありがちな気温が低い場合のバッテリーがあっというまに減ってしまう現象。

なるべく予備バッテリーは内ポケットやインナーの内ポケットにいれて温めながら利用したほうが少しでもバッテリーの減りを防げる。

また、寒い場所から急激に温かい場所に移してしまうと、結露して水滴が付いてしまう場合があってこれまた故障の原因になる。

万が一結露してしまったときは電源をきって結露がなくなるまでは使用を避けよう。

-----------------------------

●プロにまかせたいときは「αメンテナンス」

1030y
自分では手に負えない、プロに任せたい、といったときには、デジタル一眼カメラ“α”やレンズを専門スタッフが「点検」、「清掃」、「ソフトウェアアップデート」などをおこなうメンテナンスサービス「αメンテナンス」を利用するという手もある。

 1031f
サービスには、「イメージセンサークリーニング」「αメンテナンス ライトコース」「αメンテナンス フルコース」の3つのコースがある。

1031c 1031a 1031b
「αメンテナンス」のサービス内容としては、前部、後部のレンズ表面と外観を清掃する「外観清掃」や、メインミラーやその周辺を清掃する「ミラーボックス内清掃」、ソフトウェアのアップデートをする「ソフトウェアアップデート」

1031g

1031h

○預かり期間
・ソニーストア直営店舗(銀座、大阪、名古屋、福岡天神)受付
約8日(ソニーストア直営店舗渡し)
・自宅へ引き取り
約5日(自宅へ返却)

○申し込み方法
ソニーストアαメンテナンスお客様窓口
フリーダイヤル : 0120-559-979(通話料無料)
携帯電話・PHS・一部のIP電話からは : 050-3754-9760(通話料有料)
受付時間 : 10:00~18:00
土日祝 10:00~17:00(年末年始および弊社指定のメンテナンス日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

レンズが交換できてしまうがゆえにカメラのセンサーやレンズにゴミがついていて清掃したいという欲求は大きく、けれど、これがまたカンタンなようで自分でやって傷を付けてしまったら逆に高いものについてしまうので、こういったサービスは非常にありがたい。

特に使用頻度が高ければ高いほどにお得度も高いので、ヘビーユーザーなら『αフォトライフサポートプレミアム』に加入しても十分に元がとれる。

1030x

・プロフェッショナルから全αユーザーをサポートする“α Plaza” を、銀座 / 大阪 / 名古屋 / 福岡 / 札幌の全国5か所のソニーストアに順次オープン。
・カメラやレンズのメンテナンスを拡充した『αフォトライフサポートプレミアム』が登場。今までの『αフォトライフサポート』も永続利用できるようになって、レンズ5%OFFがいつでも受けられるように。

iconicon

【TOPページへ】

 

LINEで送る
Pocket