欧州/北米で、「X1 Ultimate」を搭載したBRAVIA最上位モデル「 BRAVIA MASTERシリーズ」、4K 有機EL BRAVIA「AF9/A9F」と液晶BRAVIA 「ZF9/Z9F」を発表。


ヨーロッパならびに北米で、BRAVIAの最上位モデルとされる「 BRAVIA MASTERシリーズ」を発表。

4K 有機EL BRAVIA として「AF9/A9Fシリーズ」を65型と55型の2機種。

液晶BRAVIAとして「ZF9/Z9F シリーズ」を75型と65型の2機種。

・Sony MASTER Series AF9 | 4K OLED Ultra HDR Android Smart TV | Sony UK
・Sony MASTER Series ZF9 | 4K Ultra HD Android Smart TV | Sony UK
・Sony Electronics Launches MASTER Series TVs with Exclusive Netflix Calibrated Mode, Bringing Studio-quality Picture Mastering to the Living Room
・Sony Electronics Launches New MASTER Series 4K HDR TVs with the A9F OLED and Z9F LED as Its Pinnacle of Picture Quality at Home

---------------------

4K 有機EL BRAVIA & 液晶 BRAVIA最上位モデル「 BRAVIA MASTERシリーズ」


BRAVIA 最上位モデルとして、2018年1月にCESでお披露目された「X1 Ultimate」を搭載。

「X1 Ultimate」はクアッドコアとなり、現時点でBRAVIAに搭載される「X1 Extreme」のリアルタイム処理能力は約2倍に相当。

4K映像の”オブジェクトベースのデータベース型のコントラスト処理”と”オブジェクトベースのデータベース型超解像処理”を同時に行うことができる。


4K有機EL BRAVIA「AF9/A9Fシリーズ」には、ソニー独自技術の「Pixel Contrast Booster」を搭載し、ダイナミックレンジを最大まで高めることで、きめ細かなディテールと鮮やかな色合いを再現する。


画面を振動させて音を鳴らすことができる「Acoustic Surface」が「Acoustic Surface Audio+」へと進化。

アクチュエーターをA1/A8Fシリーズの2基から3基へと増加し、さらにサブウーファも強化することでさらに迫力ある音質が再生できるようになる。


さらに「Acoustic Surface Audio+」をセンタースピーカーとして利用できるようになり、センタースピーカーのないスクリーンから音がなるまさに映画館と同等のシアターサラウンドを構成することもできるようになる。


液晶BRAVIAとして「ZF9/Z9F シリーズ」には、高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO」に加えて、視野角に関係なく画質を維持する「X-Wide Angle」と、画面の明るさを犠牲にすることなくチラツキを抑えることのできる「X-Motion Clarity」を搭載。

液晶パネルの弱点を大きく克服する。


また、どちらのモデルにも「Netflix Calibrated Mode」を搭載して、Netflix専用にキャリブレーションした高画質で楽しめるモードや、映像制作の画質調整ツール「CalMAN」に対応して製作者の意図通りにディスプレイを調整といったことも可能。

従来どおりAndroid TVを搭載して、Googleアシスタントの音声操作もでき、さらに今回テレビにマイクを内蔵することで、リモコンがなくてもダイレクトに音声操作もできる。

4K有機EL BRAVIA 「AF9/A9Fシリーズ」、液晶BRAVIAとして「ZF9/Z9F シリーズ」ともに価格は現時点では未定。

欧州/北米での発売は2018年10月頃。

また、とくにディスプレイに関しては海外と国内の事情がことなるため、国内でのリリースや仕様などは現時点では不明。

---------------------

「AF9/A9Fシリーズ」は、4K有機EL BRAVIA 「A1シリーズ」の後継モデルで、「ZF9/Z9F シリーズ」は、液晶BRAVIA「Z9Dシリーズ」の後継モデルに相当すると思われ。

中身のプロセッサーが強化されて画質が上がる恩恵はもちろんのこと、操作の心臓部ともいえるAndroid TVがもっとサクサクに動いてくれるようになってくれたり、「Acoustic Surface Audio+」がセンタースピーカーにできたりと、願ったり叶ったりの進化していてコレはイイ!

問題は「 BRAVIA MASTERシリーズ」と銘打って、BRAVIAのフラッグシップモデルとしてのラインとなりそうなので、今よりもどれだけ価格上昇するかが非常に気になる。

ぶちゃけ4K/8Kチューナー搭載ウンタラカンタラは別にして、ディスプレイとして非常に気になるモデルである。

・ソニーストア、4K対応テレビ BRAVIAの分割手数料0%キャンペーンを2019年1月15日(火)10時まで期間延長。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket