「X1 Ultimate」を搭載したBRAVIA最上位モデル「 BRAVIA MASTERシリーズ」、4K 有機EL BRAVIA「A9Fシリーズ」と液晶BRAVIA 「Z9Fシリーズ」登場。


海外で先行して発表されたBRAVIAの最上位モデルとされる「 BRAVIA MASTERシリーズ」4K 有機EL BRAVIA「A9Fシリーズ」と、液晶BRAVIAの「Z9F シリーズ」を発表。

10月13日に発売となる。

・次世代の高画質プロセッサー「X1(TM)Ultimate」を搭載した4Kブラビア(R)全4機種発売 | プレスリリース | ソニー

---------------------

4K 有機EL BRAVIA & 液晶 BRAVIA最上位モデル「 BRAVIA MASTERシリーズ」


BRAVIA 最上位モデルとして搭載されるのが心臓部ともいえる高画質プロセッサー「X1 Ultimate」

2018年1月にCESでお披露目されて注目を浴びた「X1 Ultimate」がついに国内モデルに搭載される。

クアッドコアの「X1 Ultimate」は、BRAVIA現行モデルに搭載される「X1 Extreme」のリアルタイム処理能力の約2倍に相当するパフォーマンスで、TV番組からインターネット動画までのコンテンツを高画質化。


その1つ目の恩恵として、映像の中で、それぞれの被写体にあわせて高精細化する”オブジェクト型の超解像処理”を実現。

被写体ごとにグループ化して個別に超解像処理を行って、ノイズは抑えながら細部まで精細感をアップして、今までの超解像処理では失われてしまうような質感も、現実に近い質感へ再現する「オブジェクト超解像処理」

SDR映像をHDR映像にアップコンバートする「HDRリマスター」も進化して、今までの被写体ごとでなくさらに被写体の細部までコントラストの最適化を行うので映像の立体感が向上。

「ノイズリダクション」の精度がさらに向上して、SD映像で残りがちだった細かいノイズまで低減する。


また、「Netflix画質モード」を搭載して、Netflix専用にキャリブレーションした高画質で楽しめるモードや、映像制作の画質調整ツール「CalMAN」に対応して製作者の意図通りにディスプレイを調整する「CalMAN® for ブラビア」も備える。


OSは、Android 8.0 Oreoを搭載。

従来のAndroid TV搭載BRAVIAと比べて、アプリの起動時間は最大1/4、電源のオンは約1/3に高速化

Netflixアプリにいたっては約1秒以下で起動とあからさまに高速化している。

新たにテレビ本体にマイクを内蔵して、リモコンがなくてもダイレクトに話しかけて、テレビの電源のオン/オフやテレビ放送、録画番組やインターネット動画の検索といったハンズフリー操作ができる。

Amazon Alexaは年内ソフトウェアアップデートで対応。

---------------------

4K 有機EL BRAVIA 「A9Fシリーズ」


有機ELテレビ「KJ-65A9F」【65型】

ソニーストア販売価格:649,880円(税別)

有機ELテレビ「KJ-55A9F」【55型】
ソニーストア販売価格:449,880円(税別)

●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

●基本設置サービズ無償

ディスプレイサイズは、65型と55型。

地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2を備える。4Kチューナーは非搭載。


4K有機EL BRAVIA「A9Fシリーズ」は、高画質プロセッサー「X1 Ultimate」に加えて、有機ELパネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」を搭載。

ダイナミックレンジを最大まで高めることで、あらゆるシーンの色表現をより鮮やかに。

画面全体が明るい映像や画面の一部だけが明るくなるようなシーンでもきめ細かなディテールや高コントラストな美しい映像を再現する。


画面を振動させて音を鳴らすことができる「アコースティック サーフェス」が「アコースティック サーフェス オーディオプラス」へと進化。

アクチュエーターをA1/A8Fシリーズに備わっていた左右2基から、新たに中央にもアクチュエーターを搭載して3基になり、さらにサブウーファも左右の2基搭載。

3.2ch/実用最大出力(JEITA)98Wの迫力ある音質が再生できるようになる。


さらに「アコースティック サーフェス オーディオプラス」をセンタースピーカーとして利用できるようになり、センタースピーカーのないスクリーンから音がなるまさに映画館と同等のシアターサラウンドを構成することもできるようになる。

---------------------

4K 液晶 BRAVIA最上位モデル「 Z9Fシリーズ」

4K液晶テレビ「KJ-75Z9F」【75型】
ソニーストア販売価格:899,880円(税別)

4K液晶テレビ「KJ-65Z9F」【65型】
ソニーストア販売価格:599,880円(税別)

●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

●基本設置サービズ無償

ディスプレイサイズは、75型と65型。

地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2を備える。4Kチューナーは非搭載。

液晶BRAVIA「Z9F シリーズ」には、高画質プロセッサー「X1 Ultimate」と高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO」に加えて、視野角に関係なく画質を維持する「X-Wide Angle」と、画面の明るさを犠牲にすることなくチラツキを抑えることのできる「X-Motion Clarity」を搭載。

「X-Wide Angle」は、斜めから見ても正面から見ているのと同等の美しい表現が可能になり高コントラスト・広視野角の両立。


高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO」は、直下型LED部分駆動により映像の暗い部分のLEDを消灯させて抑えた電流を、明るい部分に集中させて輝度を上げる技術。

消費電力を増やさずに、高輝度かつ高コントラストの表現が可能になる。


「X-Motion Clarity」
は、LEDバックライトの発光をエリアごとに高精度に制御。

画面の明るさを保ったまま残像感をより効果的に低減させて動きのくっきりした映像を実現。

これらのソニー独自機能で液晶パネルの弱点を大きく克服する。

---------------------


4K 有機EL BRAVIA 「A9Fシリーズ」は、「A1シリーズ」の後継モデル的位置づけ。

4K 液晶BRAVIA「Z9F シリーズ」は、「Z9Dシリーズ」の後継モデルに相当する。

「 BRAVIA MASTERシリーズ」と銘打って、キモとなるのはプロセッサーが大きく進化してフラッグシップとしての画質。

加えて、「A9Fシリーズ」は「アコースティック サーフェス プラス」で音声が強化されてかつセンタースピーカーにできるあたりがより上位モデルとしての魅力がある。

そして何よりも、どうにもモサモサでイライラさせられるAndroid TVが劇的に改善されていて、これは相当に気になるところ。

おもしろいというか割り切りが凄いのが、4Kチューナーは載せてこなかったということ。

4K画質のネットコンテンツの充実っぷりもあって、放送波は別売のチューナー単体モデルにまかせるとして、コスト上昇を抑えてモニターとしての価値を「A9Fシリーズ」「Z9F シリーズ」に見出すとコレはかなり良いんじゃないかと。

ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)には実物が早速展示してあるので、百聞は一見にしかず。現物を見て聞いて触ってみよう。テレビで久々にウキウキできることは間違いない。

・新商品 発売前先行体験・展示について | ソニーストアについて | ソニー


ソニーストアでは、2018年10月30日(火)までの期間限定で4Kブラビア「A9Fシリーズ」「Z9F シリーズ」購入者限定のキャンペーンを開催中。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

LINEで送る
Pocket