ソニー、美容業界にむけて肌解析システムBeautyExplorerを提案。

0203e

2月3日に、ソニーから肌解析システム「BeautyExplorer™(ビューティーエクスプローラー)」を製品化したと発表。

・肌解析システム BeautyExplorer™の運用開始
 ~手のひらサイズの肌測定機で高機能・高性能を実現した美容業界への新提案~

-----------------------------

●美容業界にむけて肌解析システムBeautyExplorerを提案。

0203f

肌解析システム「BeautyExplorer」は、CMOSイメージセンサーを搭載した小型肌測定機と、画像処理技術を応用した解析アルゴリズムから、肌のキメ・毛穴・シミ・色み・水分・ 油分などの肌状態を高精度でより速く測定して解析。

クラウドサービスと組み合わせて、エステティックサロンや美容サロン、化粧品メーカー、美容関連製品の販売店といった、美容関連の企業がサービスとして提供できるように今年3月から運用を開始。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

0203g

肌測定機「Skin View Camera(スキンビューカメラ)」は、水分測定と肌撮影の2つの機能を持ちながら、手のひらに収まる小型・軽量タイプで、タブレットとワイヤレスでつながるため、取り回しがとてもしやすいのが特徴。

タブレットに搭載された肌解析アプリ「Skin Analyzer(スキンアナライザー)」は、使いやすいユーザーインターフェースで、カウンセリングでも解析内容が一目で分かりやすく表示。

0203h

測定を受けた顧客に向けても、スマホ向けアプリ「Skin Viewer(スキンビューアー)」を提供することで、クラウドに蓄積された測定データと連動して、美容サービスや製品等による効果とあわせながら解析結果のデータを閲覧できる。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

0203k 0203j

 肌解析技術「SSKEP」と、新規開発の光学モジュールによって、皮膚の表面だけでなく、皮下を含めた複数の撮像データを基にして、肌のキメ・毛穴・シミ・色み・油分、専用センサを用いた水分など、様々な肌状態の解析を行う。

そして、画像解析技術と画像認識技術を応用した定量評価と、画素単位での成分分析を行いって、解析結果のデータを色分布で表示して視覚的にも分かりやすく表示。

0203i

例えば、「肌のキメ」では、キメの大きさ、均一性、数量、方向などを分析して、肌のキメの状態を正確に評価。さらに、皮膚に含まれるメラニン量や赤み量などを分析して、皮膚の表面や内部の目には見えない肌状態がわかるといったもの。

 肌解析技術「SSKEP」は、最新のアルゴリズムの解析精度の向上や、新たな解析項目の追加で、クラウド上で進化。アプリの最新版も常にクラウド経由で配布されるため、より使いやすいユーザーインターフェースへと進化するという点でも今までにないシステムになる。

-----------------------------

ソニーから、まさかの美容業界へ進出?と思いながら、見てみると、カメラの技術やらクラウドの解析技術といった、従来からもつ資産を「センシング」分野へ向けたという流れのようで、わりと違和感がない。

というか、こうした女性向けの美容への提案だけじゃなくて、今後は、頭皮の解析といった応用もあるそうで、男性陣の悩みを解消してくれるクラウド技術も生まれるかもしれない。

iconicon
【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket