ソニーが基本的に好き!

Amazon Music Unlimitedで「360 Reality Audio」コンテンツのヘッドホン再生に対応。手元にあるスマホとヘッドホンですぐに立体音響を体感できる手軽さがようやく揃う。


没入感のある立体的な音場を実現する立体音響技術を活用した音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」

2020年から欧米で展開を始めていたものが、今年に入って国内でも徐々に本格化。

360 Reality Audio対応機器は続々と発売されるものの、その期待とは裏腹にコンテンツの普及がなかなか進んでいるように思えなかった。

ところが10月19日から、「Amazon Music Unlimited」で360 Reality Audioコンテンツのヘッドホン再生の対応になったことで状況は一変する。

・立体的な音場に没入できる音楽体験「360 Reality Audio」の普及を加速
Amazon Music Unlimitedでのヘッドホン対応による機器拡大や対応楽曲の拡充など|SONY

・360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)

---------------------

●「360 Reality Audio」ってそもそも何?

「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」は、 オブジェクトベースのソニーの 360立体音響技術を使った新しい音楽体験。

ボーカルやコーラス、楽器などの音源ひとつひとつに位置や角度情報をつけて、球状の空間に配置。

アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感できるというもの。

球形の空間に音が配置されるイメージで、上下左右全方位からの音が楽しるため、より臨場感を感じられる。

・Sony Japan | ニュースリリース | 立体的な音場を実現する新たな音楽体験「360 Reality Audio」のエコシステムを拡充

 

---------------------

●「Amazon Music Unlimited」の360 Reality Audio再生がヘッドホンに対応。


「360 Reality Audio」を本格的に楽しむには、当然対応するコンテンツが必要。

今現在「360 Reality Audio」対応しているコンテンツは、2021年10月末時点で、「Amazon Music」「deezer」「nugs.net」の3つのストリーミングサービスのみ。

この中で一番メジャーでかつ楽曲数が豊富といえば、「Amazon Music」ではあるけれど、再生機器がスピーカーのみで、ヘッドホンには対応しないという奇妙な制限があった。

これが想像以上に不便で、コンテンツの少なさ以前のストレスだった。


それが、2021年10月19日より、有料サービスの「Amazon Music Unlimited」では、「360 Reality Audio」と「Dolby Atmos」の空間オーディオ楽曲の提供を開始。

再生機器として、スピーカーに加えてヘッドホンでも利用可能になった。

「Amazon Music Unlimited」の利用料金は、月額980円(プライム会員の場合は月額780円)。

 

---------------------

●「Amazon Music」アプリの空間オーディオ視聴の使い勝手が進化。

「Amazon Music Unlimited」を楽しむためのスマホアプリは、特に変わらず「Amazon Music」アプリ。

「360 Reality Audio」をピンポイントに聴きたい場合は、”360 Reality Audio”で検索すると、「Best of 360 Reality Audio」というプレイリストが見つかる。

対応楽曲には、タイトルの上にそのまま「360 Reality Audio」というラベルが付いているのでわかりやすい。

そして、このラベルをタップすると、「360 Reality Audio」 とステレオの切り替えができるようになっている。

[楽曲の品質]と[再生デバイス]、[出力機器」がひと目でわかりやすくて、いつでもカンタンに切り替えられる。

いつも立体音響で聴きたいわけでもないし、純粋な2chオーディオで聴きたいときもどの程度の品質なのかも一目瞭然で、これはイイ!


シンプルに言えば、ステレオ音源をヘッドホンで聴くと頭の中で再生されているという感覚が、「360 Reality Audio」になると、音が頭の周りを包み込むように聞こえるといった体験にかわる。

スマホとヘッドホンだけで、この体験ができるという手軽さと、ハイレゾ音源とは違った360度の音場を体験できるという満足感がある。

これは俄然対応するストリーミングサービスや楽曲がもっともっと増えてほしいと思わずにはいられない。

 

ちなみに、「Amazon Music Unlimited」には、Dolby Atmosの3D音源も存在する。

こちらはもともとAmazonが推しているだけに、対応楽曲がかなり豊富。

検索すると、”Dolby Atmos”や”空間オーディオ”といったプレイリストなどがたくさん見つかる。

こちらもDolby Atmosのラベルをタップすると、Dolby Atmosとステレオの切り替えができるようになっている。

Dolby Atmosを聴いてみると、こちらもしっかりと360度音に包まれた立体的なオーディオを体験できる。

「360 Reality Audio」 対応楽曲はまだまだ少ないだけに、Dolby Atmosの楽曲と合わせて空間オーディオを楽しめるというメリットはかなり大きい。

もともと楽曲が豊富というところがサービスを利用するうえでの不満点にならないだけあって、 これから空間オーディオ(360RA、Dolby Atmos)対応楽曲が増えると嬉しいね!くらいのスタンスでいられる。

 

---------------------

●現時点では、Amazon Musicは、ヘッドホンの音響特性最適化に対応せず。

基本スマホとヘッドホンさえあれば体験できる「360 Reality Audio」

ソニー製の対応ヘッドホンであれば、さらにヘッドホンを立体音響特性に最適化することができる。


スマホアプリ「Sony | Headphones Connect」の「360 Reality Audio設定」から自身の耳の形を測定して、ソニーの耳の形状を解析するサーバーに送信。

楽曲配信アプリと連動して正確な音場を再現できるように最適化するというもの。

「Artist Connection」「deezer」「nugs.net」といったアプリが最適化に対応しているけれど、現時点では、「Amazon Music Unlimited」は未対応だった。

おそらく順次対応すると思われる。

 

---------------------

●音楽を聴くことが楽しみになる「360Reality Audio」


今年に入って「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を大きく推していたし、デモンストレーションを聴けば確かにその凄さはわかった。

けれど、やはり対応コンテンツが増えなければまったく盛り上がらないのは事実。

正直言って、今までどのサブスクも楽曲内容とサービスとクオリティが中途半端だった。

「deezer」「nugs.net」も、そもそもお金を払ってまで聴くとして360RA対応楽曲がたくさんあるわけでもなく、では普通に聞けるコンテンツが用意されているかというとまず満足できるレベルになかった。


この中では一番楽曲数も多い「Amazon Music」は、360RA対応する機器がスピーカーに限定されているという制限がまた萎える原因にもなっていた。

そこでようやく進化というより、やっとスタートラインについたという感じではあるけれど、ヘッドホンも対応してくれたのは素直に嬉しい。

手元にあるスマートフォンとヘッドホンですぐに体験できるという敷居の低さは、これからの普及には大切なことだと思える。

欲を言えば、ソニー製の対応ヘッドホンのヘッドドホン立体音響特性に最適化に「Amazon Music」アプリを早く加えて欲しいところ。

 

・YOASOBI from THE FIRST TAKE × 1000X Series

 

---------------------

●「360Reality Audio」対応ヘッドセット


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWH-1000XM4」
ソニーストア販売価格:44,000円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット最高峰「WH-1000XM4」レビュー。不要な音を消し去ってイイ音を聴きたい、都合よく必要な音は聞き取りたいという贅沢をシームレスに満たしてくれる。

 


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」
オープン価格
ソニーストア販売価格:33,000円(税込)
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM4」を使ってみたレビュー!待望のLDAC搭載だけじゃない、さらなるノイキャン性能アップやハンズフリー通話劇的改善、防滴対応、装着性まで何から何までが感動レベル!
・「WF-1000XM4」と「WF-1000XM3」のイヤホンのバッテリー使用時間比較。コーデックや圧縮音源のアップスケーリング、ノイズキャンセリング機能のオンオフによるバッテリー駆動時間の変化もチェックしてみる。

 


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」
ソニーストア販売価格:27,500円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・静寂とイイ音の合わせ技が最高すぎる、完全ワイヤレスのノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を使ってみたレビュー。
・ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000XM3」を2週間ガッツリ使ってみた雑感。
・[ Engadget Japanese 掲載]完全ワイヤレス&ノイキャンで劇的に進化 ソニーの新ヘッドセット「WF-1000XM3」レビュー

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000XM2」
ソニーストア販売価格:38,500円(税込)
●長期保証<3年ベーシック>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF

・強烈なノイズキャンセリング性能と音質のクオリティを持ったネックバンドタイプのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WI-1000XM2」レビュー。キャリングケース含めての持ち運びやすいコンパクトさが使いたいシーンを増やす。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市中区錦3丁目24-17 日本生命栄ビル 3階
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。旧福岡市立中央児童会館
営業時間:11:00~19:00

iconicon

【TOPページへ】

ソニーストア

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)