海外で デジタル一眼カメラ α9 II ( ILCE-9M2 )を発表!α9からセンサーは変わらず。プロスポーツカメラマンやフォトジャーナリスト向けに信頼性や接続性・ワークフローを強化。<追記:国内でも発表!>


海外で、発表されたデジタル一眼カメラαシリーズEマウントモデルα9II

先に発売されたα7R IV と同じく第4世代機として登場したものの、センサーはα9と同じままでそれではどこが変わったのか?

・Sony Introduces Alpha 9 II Adding Enhanced Connectivity and Workflow for Professional Sports Photographers and Photojournalists
・Sony Announces Alpha 9 II With Enhanced Connectivity And Workflow For Professional Sports Photographers
・α9 II full-frame camera with pro capability ILCE-9M2

α9に引き続きの機能はα9IIに新たに備わった機能はで記載。

<2019年10月4日、α9II国内発表>
・進化した高速通信性能と革新的な高速撮影性能を備えるフルサイズミラーレス一眼カメラ『α9 II』発売 | プレスリリース | ソニー
・α9 II | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
・先行展示情報(ソニーストア直営店)
・α9 II 撮影サンプル

---------------------

●メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSセンサーはα9と変わらず。

 
α9IIに搭載されるセンサーはα9と同じく、有効2420万画素(総画素数2,830画素)の35mmフルサイズのメモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSセンサー

大容量のデータをメモリに一時的に格納し、最新の画像処理エンジン「BIONZ X」をサポートするフロントエンドLSIと組み合わせることで高速な読み出しが可能。

 
秒間60でAF / AE追従をしながら最高20コマ/秒の超高速撮影や、最大シャッタースピード1/ 32,000秒でのサイレントシャッター、振動のない撮影。

電子シャッターだからこそ可能となったファインダーブラックアウトのない連写

60 fpsのライブビュー機能と連続撮影時の表示遅れを最小限に抑えながら、シャッターを切っても被写体を途切れることなく捉え続けることができる。

また、最高1/32000秒のアンチディストーションシャッターにより、電子シャッターで速い動態に対しておきていた「ローリングシャッター現象」も抑えられる。


常用のISO感度は、最高ISO51200

ISO100~51200(拡張ISO50~204800)の広い感度域をカバーして、暗所や薄暗い場所での撮影でもノイズの少ない高精細な描写ができる。


α9でのボトルネックとなっていたメカシャッター時の連写性能は、秒間約5コマから、α9IIでは最高約10コマ/秒のAF/AE追従高速連写が可能に。

フラッシュを同期させても高速連写が可能になる。

また、蛍光灯などでちらつきを低減させる「フリッカーレス撮影」もできるようになった。


光学式5軸手ブレ補正機能をボディに内蔵。

望遠レンズ時に起きやすい角度ブレ(ピッチ/ヨー)、マクロ撮影時など撮影倍率が大きい時におきるシフトブレ(X軸/Y軸)、夜景撮影や動画撮影時に目立つ回転ブレ(ロール)といったブレに対応できる5軸手ブレ補正

補正効果も5.5段分にまで効果がおよぶ。

α9は5段分


撮像エリアの縦横約93%をカバーする範囲に693点の像面位相差検出AFセンサーと、425点のコントラストAFを搭載して、高精度なフォーカシングをサポート。

AFアルゴリズムのさらなる向上により、複雑な動きや突然の動きでも被写体追跡性能がさらにアップしている。


α9の強烈な武器といえるオートフォーカスも健在。

改良されたアルゴリズムのおかげで、右目/左目を選べるリアルタイム瞳AFは、人物のみならず動物の目もサポート。

被写体を指定してシャッターボタンを半押しするだけで、被写体を追跡するAIベースのリアルタイムトラッキング時でも、顔や瞳を検出する精度を上げている。

EV-3のように暗いシーンでも高精度な撮影ができる。

---------------------

●タッチトラッキングや瞳AFが動画に対応。


高解像度4K動画の本体内記録が可能

4K映像に必要な画素数の約2.4倍の豊富な情報量を活用して、オーバーサンプリングにより非常に高精細かつダイナミックレンジの広い4Kムービーを撮影ができる。


動画撮影時にもファストハイブリッドAFが効く。

また、動画を撮影するさいに、液晶モニターの被写体に触れることで、タッチトラッキングでフォーカシングをフォロー。

人の目を見つけると、リアルタイム瞳AFが働き追従する。

---------------------

●プロの要望に応えたハードウェアの細部のブラッシュアップ。


シャッターユニットは新たに再設計。

500,000回のシャッターリリースサイクルを超える耐久性でテストをクリア。

シャッター時の衝撃を吸収する内部ダンパー構造を組み込むことで、シャッターの振動とノイズを最小限に抑えている。


電子ビューファインダーは、α9と同等のまま、約368万画素「Quad-VGA OLED Tru-Finder」

ファインダーフレームレートは、残像が少なく滑らかで動体撮影に適した120fpsと、省電力を重視した60fpsから選択。


縦位置グリップは「VG-C4EM」「NP-FZ100」を2本収納できる。

本体にUSB給電をした場合、縦位置グリップを装着したままでも充電ができる

本体のみで使用する場合の撮影可能枚数は、背面モニター使用時で690枚、EVF使用時で500枚。


メモリーカードスロットは、SDカード UHS-IIに対応したデュアルスロット

スロット1、スロット2とカメラ内メニューの上下が整合性がとれるようになり、どちらのSDカードスロットも、書き込み時間を短縮できるUHS-IIに対応。

そしてついにメモリースティックは廃止。

同時記録や、RAW/JPEG、静止画/動画の振り分け記録もできるし、メディア同士でコピーもできる。


カバーと内部フレームに軽量で高剛性のマグネシウム合金を採用、カメラの剛性と軽量性を維持しながら、ボディの耐久性をさらに高めている。

また、バッテリーカバー、端子カバー、シャーシ内のすべての接合部に強化シールが適用され、耐湿性を向上。

レンズマウントの周囲にクッションが追加され、より過酷な環境でも信頼性の高い動作を保証する。


有線LAN端子は、α9の100BASE-Tから、α9IIでは1000BASE-Tへと向上。

FTPS(File Transfer Protocol over SSL/TLS)にも対応して、高いセキュリティーも確保。

ボイスメモ機能を備えて、音声で解説したり撮影条件などを最大60秒記録することもできるようになった。


マイクロUSB端子に加えてSuperSpeed USB(USB 3.2 Gen 1)対応 USB Type-C端子を搭載。

ワイヤレスLAN接続では、α9の2.4GHzに加えて、α9IIでは5GHz(IEEE 802.11ac)も利用可能。


マルチインターフェースシューに新しくデジタルオーディオインターフェースを追加。

デジタルガンマイク(ECM-B1M)XLRアダプターキット(XLR-K3M)を使うと、音声をデジタル信号のままにカメラに伝送して劣化の少ない高音質な録音が可能。


グリップ部分はさらに深くなり、よりグリップしやすくなっている。

また、背面ダイヤルが上部に配置されより操作しやすく、露出ダイヤルにロックボタンが追加。

押すたびに交互にロックまたはロック解除という機構で、好みで使い分けできる。


新しいマルチセレクターにより、動いている被写体を見逃さないように焦点をすばやく直感的に移動。

表面の質感を変更してボタン操作を強化し、より簡単で確実な操作ができるよう改良。

AF-ONボタンは、クリック感と位置を調整して、より簡単にアクセスできるように大型化。

---------------------

α9IIの本体サイズは、128.9×96.4×77.5mm。質量は約678g(メモリーカードとバッテリー含む)。

ヨーロッパで2019年10月頃の発売予定、価格は€5.400、北米では11月頃の発売予定、価格は$4,500。

噂されていた3600万画素ではなく、α9と同じセンサーをそのまま採用したということもあって若干拍子抜け。

α7R IV と同じハードまわりになったことと、α9で抱えていた弱点を解消したモデルといったように思える。

ただし、最新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載しことによるパフォーマンスは伝わりきらないので、国内発表および先行展示されて実機を触ってみたい。

今日の時点では国内での発表はまだないけれど、もはやお約束の海外先行発表なので国内での発表を改めてまとう。

-----------------------------

●はじめてソニーストアを利用するときも先にMy Sony ID登録しよう

まだ一度もソニーストアを利用したことがないという場合でも、My Sony IDを新規登録すると、すぐに利用できるソニーストア割引クーポン(10%OFF)をもらうこともできる。

その後、お買い物条件に応じて年に2回オイシイクーポンがもらえるので、ぜひ利用しよう。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌 
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋 
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣 
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪 
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階 
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神 
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS 
営業時間:11:00~20:00

 

 

LINEで送る
Pocket