4K120p動画やISO409600高感度をもつフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S III ( ILCE-7S3 )」登場。1210万画素 裏面照射型CMOSセンサー、最新画像処理エンジン「BIONZ XR」、CFexpress Type Aメモリーカード対応デュアルスロットなど新要素満載。


デジタル一眼カメラαシリーズEマウントモデルα7SIIIが海外発表に続き、日本国内でも正式にプレスリリース。

α7SIIから5年の時を経て、後継製品となるα7SIIIは、1,210万画素 35mm フルサイズ Exmor Rセンサーを搭載して、圧倒的な高感度・低ノイズ設計で、4K120p動画記録に対応。

<国内プレス>
・映像クリエイターの創造力を突き動かす フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7S III』 発売 | プレスリリース | ソニー
・世界初次世代メモリーカード規格のCFexpress Type A対応カードを発売 | プレスリリース | ソニー
・映像クリエイターの創造力を突き動かすフルサイズ一眼。映像世界を、意のままに デジタル一眼カメラ α7S III

α9II/α7R IVと同等機能はα7SIIIに新たに備わった機能はで記載。
(文章がごちゃごちゃしてわかりにくい場合は、青文字だけを追ってみると進化点がわっかりやすいかもしれません。)

---------------------

●1210万画素 裏面照射型CMOSセンサー、最新の画像処理エンジン「BIONZ XR」を搭載。


α7SIIIには、新たに裏面照射型有効約1210万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。

α7SIIの持つ高感度・低ノイズ・広ダイナミックレンジはそのままに、最大2倍の読み出し速度を誇り、さらなる高感度と広いダイナミックレンジを備えている。


そして、今までは高性能画像処理エンジン「BIONZ X」とフロントエンドLSIを連携して処理していたものを、最新型の画像処理エンジン「BIONZ XR」へ集約。

従来比「BIONZ X」の最大8倍の高速処理を誇り、AF、画像認識、画質調整、現像といったリアルタイム処理を短縮して、動画・静止画処理能力を大幅に向上。

ユーザーインターフェース/ネットワーク/ファイル管理といったメディア処理の負荷を分散して、快適な操作レスポンスを実現。


色再現性の向上のため、センサーに最新のカラーフィルターを採用。

センサーの高集光プロセス技術に加えて、入射光量に合わせて出力される信号のレベルをセンサー内部で最適化することで、すべての感度領域において高感度・低ノイズ性能を実現。

標準ISOは80-102400、静止画拡張時 ISO 40-409600(動画拡張時 80-409600)

低感度時に約15ストップの広いダイナミックレンジで、深い影からハイライトまで、広いダイナミックレンジを達成。

撮像エリアのほぼ全域横約92%をカバーする759点の像面位相差検出AFセンサーと、425点のコントラストAFをあわせもつファストハイブリッドAFシステム。

複雑な動きやスピードに緩急のある動体も高速に捕捉し、粘り強く追随し続ける。

 
リアルタイム瞳AF(人と動物対応)と被写体を追跡するAIベースのリアルタイムトラッキングもSシリーズとして初めて搭載。

角度のある下向き、横向き、上向きの顔に対して約30%高精度に瞳を捉えられるように。

高度なAFアルゴリズムにより、AF-S時で測距可能範囲の下限値は EV-6(AF-S時、F2.0、ISO100)と、、肉眼ではほとんど見えない暗いシーンでも高精度な撮影ができる。


メカニカルシャッターと電子シャッターそれぞれ最高約10コマ/秒のAF/AE追従高速連写が可能。

「BIONZ XR」の高い処理性能とバッファメモリーの高容量化、メモリカードの書き込み速度が向上したため、非圧縮RAW/非圧縮RAW+JPEGの撮影時で1000枚以上の連続撮影が可能。


RAW、JPEGに加えて、ソニーのデジタルカメラとして初の、静止画記録フォーマットHEIFに対応。

また、国際規格で定義されるHLG(ハイブリッドログガンマ)に対応した、「HLG静止画モード」も備える。


光学式5軸手ブレ補正機をボディに内蔵。

望遠レンズ時に起きやすい角度ブレ(ピッチ/ヨー)、マクロ撮影時など撮影倍率が大きい時におきるシフトブレ(X軸/Y軸)、夜景撮影や動画撮影時に目立つ回転ブレ(ロール)といったブレに対応できる5軸手ブレ補正

補正効果も5.5段分にまで効果がおよぶ。

 

---------------------

●4K 120fpsの動画記録、安定した動画撮影の機能。

全記録モードでの画素加算なしの全画素読み出し動画記録、4K 120p記録に対応。

新開発の裏面照射型構造イメージセンサーや画像処理エンジン「BIONZ XR」により、中・高感度域のノイズ低減による1段分の画質向上

4:2:2 10bitのサンプリングという驚異的な豊かな映像をカメラに直接記録して、画像のグレーディング、ポストプロセッシング、コンポジットの柔軟性を大幅に高める。


MPEG-4 AVC/H.264比で圧縮効率が約2倍の高効率圧縮コーデック MPEG-H HEVC/H.265を採用した「XAVC HS」ファイルフォーマットを搭載。

XAVC S記録時と同等のビットレートであればより高画質に、画質が同等になる設定であればより低容量で記録できる。


フレーム圧縮方式Long GOPに加えて、α7SIIIは、αモデルボディで初めてフレーム間の圧縮を行わない(All-Intraエンコーディング)をサポート

記録ビットレート最大1200Mbpsのビットレートで高画質4Kの本体内記録が可能になる。


また、動画撮影においても新たに搭載した「可視光+IRセンサー」を活用して、通常は難しい蛍光灯やLEDなどの人工光源下でも、より正確なホワイトバランスが得られるAWB性能も進化。

新しいイメージセンサーと処理エンジンにより、4K撮影時の動体歪みも大幅に軽減。

 
色域はS-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineに対応。

S-Gamut3とS-Gamut3.Cineの色再現性を、ソニーのデジタルシネマカメラ「VENICE」や「PXW-FX9」など、S-Log3搭載の業務用カメラと合わせた撮影・編集が簡単に。

また、新たにS-Log撮影時の最低ISO感度が640に下がり、さらに拡張ISO感度域も選択でき、常用ISO範囲の下限値から2段分(ISO160-500)低感度側のISO感度も選択可能。


撮影後の編集作業では、αシリーズで初めて、HDMI経由で外部レコーダーへの16bit RAW動画出力をサポート。

XAVC HS 4K/XAVC S 4K/XAVC S-I 4K動画の本体内記録をしながらHDMI経由でRAW映像を出力が可能なうえ、プロキシー記録も選べる。

フルサイズ4264×2408 (16:9アスペクト)、16bitの映像出力が可能で、フレームレート(60p/50p/30p/25p/24p)が設定できる。


業務用ラージフォーマットカメラ「FX9」の技術と性能基準を継承するファストハイブリッドAFにより、被写界深度が浅く広範囲にわたって高速で動く被写体の高精度でスムーズな追跡が可能。

動いている被写体を4Kの浅い被写界深度と120pのフレームレートで撮影する場合でも、正確で粘り強いAFパフォーマンスを発揮。


映像を見る人の視点を自然に操るラックフォーカスのような演出の際に有効で、「7段階」で速度調整が可能な「AFトランジション速度」や、AF対象の被写体を瞬時に切り換えたり、粘り強く追随したりする感度調整が「5段階」で設定でき、どちらもあらかじめカスタムキーに割り当てておくことで、撮影中にも瞬時に設定を切り換えられる「AF乗り移り感度」を搭載。


マニュアルフォーカス(MF)記録中にも、目的に応じたAF動作でフォーカスワークをサポート。

シャッターボタンの半押しやAF-ONボタンを押すことで、静止画撮影時同様に最速で被写体を捉えたり、タッチフォーカス操作でAFとカスタムボタンによるリアルタイム瞳AFは、あらかじめ設定した「AFトランジション速度」に応じたピント送りなどができる。


リアルタイム瞳AFは、瞳の検出能力がさらに向上。より角度のある横顔や下向き、上向きの顔でも高精度で自動的に瞳にピントを合わせ続けるため、焦点深度が浅くても構図に集中できる。

また、フォーカスを自動追尾させるリアルタイムトラッキングは、液晶ディスプレイに触れた被写体を直感的かつ自動的に追跡するタッチトラッキングにも対応する。


5.5段分の光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能に加えて、新しい「アクティブモード」により、動画撮影の安定性が向上。

リアルタイム処理能力に優れた新画像処理エンジンが、手ブレ量を高精度に検出し光学的に補正することで、安定した4K動画撮影が可能になる。


カメラ全体で、熱の発生を高精度に解析し放熱経路を最適化。

熱伝導性に優れたグラファイト素材を、独自のソニーΣ(シグマ)形状に加工し、手ブレ補正ユニットに組み込み。

イメージセンサーの発熱を、従来の約5倍の放熱効果を得ることで、1時間を超える4K60p動画の記録が可能になる。

 

---------------------

新UIとタッチ操作可能なバリアングル液晶、CFexpressタイプAカードに対応したデュアルスロット944万ドットOLEDビューファインダー


MOVIEボタンを上面に配置し外径、高さを変えるなどの細かなチューニングを施して、あらゆる撮影位置での操作性を向上。

もちろんカスタムキーとして機能を割り当てることも可能。


また、α7シリーズとして初の横方向に176度、上方向180度、下方向90度と自在に可動するバリアングルタイプの横開き背面モニターを搭載。

ジンバルに搭載した場合や自撮り、地面すれすれのローポジションでも視認性を向上。


約144万ドット、3.0型の大型のタッチパネル液晶を採用。

撮影時のタッチ操作時のレスポンスも向上し、より直感的な操作ができる。

画面上のアイコンをタッチすることでタッチフォーカス、タッチトラッキング、無効の設定を瞬時に切り換えられる。


(上記画像は、英語版)

メニュー構造は、プロの写真家とビデオ撮影者の両方からのフィードバックを反映するように再設計。

カメラの設定がより直感的になり、設定変更のに対するカメラの応答性が向上。

メニュー画面はタッチで操作でき、再生画面はスワイプ、ピンチズーム機能を備える。


944万ドットの高精細OLEDビューファインダーを搭載。

0.90倍のファインダー倍率、撮影画像の対角視野角約41度(全表示領域では約43度)、25mmのハイアイポイントと周辺までの歪みを低減して、すみずみまでクリアな映像を映しだす。

シーリングの改善により、防塵・防滴性能をも持ち合わせている。


メモリーカードスロットは、CFexpress Type AメモリーカードとSDXCメモリーカードに対応したデュアルスロット

SDカードは、UHS-IIに対応。

CFexpress Type Aカードは、高速連続静止画撮影と高ビットレートでの4K動画記録の両方に適した高速書き込み/読み取り速度を備えた次世代のコンパクトストレージ。

大量の静止画像や動画データが生成されている場合でも、カメラのバッファをすばやく解消できる。


イメージセンサーの前面に搭載したフィルターが、70,000回/秒以上の超音波で振動して付着したゴミやほこりを効率的に除去。

電源オフ時にカメラがアンチダスト駆動を自動的に行い、メニューからクリーニングモードを手動で実行することもできる。


バッテリーは高容量の「NP-FZ100」を採用。

αシリーズ初のUSB PD(Power Delivery)に対応して、内蔵バッテリーを消耗することなく、長時間の連続撮影が可能。

PD互換のUSB充電器とモバイルバッテリーをカメラのUSB Type Cポートに接続して、電力を供給したり、内部バッテリーを従来の電源の3〜4倍の速度で充電できる。


より堅牢なボディを実現するために、トップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リヤカバーに至るまで、軽量かつ剛性の高いマグネシウム合金を採用。

マウント固定用のねじを6本使用しマウント部の剛性を高めている。


また、外装の合わせ目全周や電池蓋にシーリング構造を採用。

メディア蓋をヒンジ軸から二重蓋構造のスライド機構とロックレバーの組み合わせに変更。

レンズロックボタンの形状変更や、マウント周りへのクッション追加して、さらなる防塵・防滴に配慮した設計となっている。


有線および無線通信機能は、静止画および動画ファイルのFTP転送とリモート撮影機能に対応。

ワイヤレス5GHz / 2.4GHz LAN接続に対応。

SuperSpeed USB 5Gbps(USB 3.2)をサポートするカメラのUSB TypeCポートに接続されたUSB-to-Ethernetアダプターケーブルを利用して、1000BASE-Tイーサネットネットワークへの有線接続を利用できる。

リモート撮影は、SonyのImaging Edge Desktopアプリケーションを搭載したPCから、またはImaging Edge Mobileを搭載したモバイルデバイスからコントロールできる。


マルチインターフェースシューはデジタルオーディオインターフェースに対応。

別売のショットガンマイクロホン「ECM-B1M」やXLRアダプターキット(XLR-K3M)を使い、音声をデジタル信号のままにカメラに伝送して劣化の少ない高音質な録音が可能になる。

音声の記録フォーマットを、48kHz/16bit 2ch、48kHz/24bit 2ch、48kHz/24bit 4chからメニューで選択できる。

---------------------

最高ISO409600の高感度性能と15+ストップの広いダイナミックレンジに加えて、4K120p動画記録や超高精度かつ高速なAF性能を兼ね備えたα7SIIIがついに発表に。

高画質ムービーにフォーカスしたカメラではあるものの、センサー、画像処理エンジン、メディアスロット、バリアングル液晶、新UIなどその進化っぷりは第4世代のα7R IV α9IIを軽く凌駕。

完璧に、最新世代のフルサイズミラーレスαの筆頭となった。

1200万画素という画素の少なさがスチル撮影のみで考えると悩ましいけれど、このカメラだからこそ撮れる画により魅力を感じられる。

ソニーストアの先行予約販売は、2020年8月4日(水)10時から。

α7SIIIの実機はソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)で先行展示されるものの、展示スケジュールについては注意が必要。

α7SIII展示スケジュール>
銀座:7月31日(金)~

大阪、名古屋: 7月31日(金) ~ 8月4日(火)
       8月14日(金) ~ 8月18日(火)
       8月28日(金) ~ 8月31日(月)

札幌、福岡天神: 8月7日(金)~8月11日(火)
       8月21日(金)~8月25日(火)

9月1日(火)以降は全店で展示。

---------------------

●映像クリエイターの創造力を突き動かすフルサイズ一眼。映像世界を、意のままにα7SIII


デジタル一眼カメラ α7SIII 「ILCE-7SM3」
ソニーストア販売価格:410,000円前後
●2020年8月4日(水)10時から先行予約販売開始
●長期保証<3年ワイド>付
●ソニーストア割引クーポン10%OFF
●提携カード決済で3%OFF
[2020年10月9日発売]


●αあんしんプログラム
αオーナー向けの「あんしん・快適な」サービス
「レンズ長期保証優待」、「αメンテナンス最大50%OFF」、「下取りサービス増額

-----------------------------

●はじめてソニーストアを利用するときも先にMy Sony ID登録しよう

まだ一度もソニーストアを利用したことがないという場合でも、My Sony IDを新規登録すると、すぐに利用できるソニーストア割引クーポン(10%OFF)をもらうこともできる。

その後、お買い物条件に応じて年に2回オイシイクーポンがもらえるので、ぜひ利用しよう。

---------------------

●ソニーストア 直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)


ソニーストア直営店(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて購入の際、ショップコード「2024001」を伝えていただくと当店の実績となります。
 ご購入される方はよろしければ是非ともお願い致します。

ソニーショールーム / ソニーストア 銀座
街の中心にある銀座四丁目交差点に面したGINZA PLACE(銀座プレイス)4階~6階。
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A4出口直結
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 札幌
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分。4丁目交差点すぐ
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 名古屋
名古屋市営地下鉄栄駅サカエチカ8番出口。丸栄百貨店南隣
営業時間:11:00~19:00

ソニーストア 大阪
大阪駅/梅田駅から徒歩5分程度。ハービスエント4階
営業時間:11:00~20:00

ソニーストア 福岡天神
西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩5分。西鉄天神CLASS
営業時間:11:00~20:00

 

 

LINEで送る
Pocket