VAIOブランドのフルハイビジョンディスプレイ。

3c220b41.JPGVAIO type Xと同時に発表された
VIAOブランドフルハイビジョンディスプレイVGP-D23HD1
icon

デジタルハイビジョン放送のフル解像度(1920×1080)を上回る、
23型WUXGA(1920×1200)の解像度を持ってる。
デジタルハイビジョン映像をダウンコンバートせずに表示できる。

それと、QUALIAの46型テレビ「KDX-46Q005」と同様に
液晶のバックライト部に赤・青・緑の3色のLEDを使用するLEDバックライトシステム”トリルミナス”を採用してる。
さらに、映像の輪郭を滑らかにする高性能映像プロセッサーも搭載。

音の部分もこだわって、フルデジタルアンプ「S-Master」、
大容量2ウェイスピーカーを搭載するこだわりよう。

ここまでくるとPC用のディスプレイとは思えない。
まぁ価格も約40万円するくらいだから当然か。

「VAIOデジタルTVユニット」VGP-DTU1
icon
と接続する事で、
地上・BSデジタルのハイビジョン番組を見る事ができる。

ちなみにコレ↑の値段は約8万円
という事は両方足して約48万円ナリ。。。スゲー値段だコト。

VAIO type Xを含んだ場合の接続方法は、こんな感じ。】

------------------

うーん、考え方にもよるんだけど、
これなら17~19型の液晶ディスプレイを買って、
リビングのテレビを40型前後の液晶かプラズマにするって方法もある。

そのかわりリビングに置くには、レイアウトでは悩みそうだな。
大型テレビとVAIO type Xを接続するのがi.Linkケーブルなので、
この長さがネックになりそうだな。
長いi.Linkケーブルってないしー。

そういえば、新しい液晶WEGA(KDL-L40HVX、KDL-L32HVX、KDL-L26HVX
icon
の3機種ならPC入力対応なので、VGAケーブルで接続しちゃうというテもあるけど、解像度低いか・・・。

自分の部屋に置いて、ひとつのディスプレイで操作性も画質も両立させようと思えば、このジゴクのモニター&デジタルユニット48万円コースに足をつっこむしかなさそうだ。。。

LINEで送る
Pocket