ちょっと遅れてやってきたiPad2ホワイトを使い始める。

icon icon
3月25日の発売予定から一転、一時は延期されていたものの
4月28日から日本でも発売開始となったiPad2。

余裕こいてApple Storeで受注開始直後にすぐにオーダーしたものの
なぜかいきなり1~2週間待ちステータスで、入荷日もえらく先を表示されてて
でもまぁiPadが初めて日本に上陸した時ほどのテンションでもなかったので
まいっか、と気長に考えてたら出荷が早まったようでつい先日到着。

購入したのは、iPad2のWi-Fiモデルで
カラーはホワイト、容量はちょっと悩んだけど一番少ない16GB。

ぶっちゃけ、SonyTabletがこの秋に控えてるのでそれまで遊べればいいかな?という気持ちと
既にiPhone4とiPhone3GSもあるし、(身内用のiPadもあるし)
アプリを使い分けして分散すれば容量はどうにかカバーできるかなと。

で、早速到着したブツを取り出し
パッケージも少しスリムになったんだなーと思いつつフタを開けてみると
そこには、ホワイトのベゼルになったiPad2が。

ちなみに、本体以外に入ってるのは
いつもと同じACアダプターとUSBケーブル、と解説書。

icon icon
さすがに本体と対面するとちょっと感動!

ホワイトというカラーに感動、
初代iPadよりも薄くなってる事に感動、
手に持ってみて軽くなってる事に感動、
この3つがまず一番最初に受けた印象。

一応中身の変わったところと言えば
新開発された1GHzデュアルコアSoCの「Apple A5」を搭載していて
前A4と比べてCPUの性能が最大2倍・グラフィクスが最大9倍高速化しつつ
消費電力は従来と変わらない。

とか言いながらまだその変化は体感するほど使ってないけど。

icon icon
それから、ようやく外側と内側両方にカメラを搭載。

外カメラは、720pの動画撮影や静止画の撮影に対応、
内カメラは、FaceTimeやPhotoBoothに利用できる。

これまたぶっちゃけ、カメラの性能はものすっごい微妙で
今更Xperia arcのカメラを知ってしまってると
これで何かを記録使用とは思わなくて
まぁ外カメラでは例えばQRコードを認識される時に使うとか
内カメラはFaceTimeとかSkypeのビデオチャットで使うかな?くらい。

icon
なぜか、妙に目立つのが下面に見えるスピーカーのアミ。

それと薄型化したせいか、底下面にアクセスする専用端子が
本体のカーブになっている事もあってケーブルがまっすぐに差せずに
ハマりがうまくいかない事もあるけど、たぶん慣れれば大丈夫だろう。

icon
iPad2とiPadを比べてみた。

液晶ディスプレイの大きさや解像度は全く変わらず
9.7型(1,024×768)のまま。

iPhone4の搭乗時には、レティナディスプレイという高精細ディスプレイがウリの一つになっていたし
そういった流れでiPad2には高解像度化が期待されていたのだけれど
今回はそれは完全スルーされているので
実際に使ってみると、iPadを使ってるのと何の変化も感じる事はなくて
新鮮味は少ない。

icon icon
ただそれでも、iPadと比べて明らかに薄くなってて
重量も601gとダイエットしてる効果は大きくて、
もちろんまだ軽いとは御世辞にも言える質量ではないけど、
ここまで薄くなると
全体的に感じていた圧迫感がかなり軽減されるというか
持ち運ぶガジェットとしてもかなり負担が減るように思える。

ワガママを言えば、
出来ればもうちょっと500gを切るくらいまで追い込んで欲しかったけど。

後は
バッテリーの持ちがiPad同等くらいまで持つか?とか
メモリー容量が増えてマルチタスクで使ってても快適に動くか?
とかはもっと使い込んでみてからわかる事なんだろうなと。

--------------------

<以下オマケ&余談>

icon
せっかくベゼルがホワイトになってオシャレさが増したんじゃ?
と思いつつさらなるオシャレ化?を目指して壁紙はVAIOロゴ入りに。

というか、もうSonyTabletが発表されてるから、
ソニー製のタブレット端末は、VAIOブランドじゃないとわかってはいても
こんな広い面積を見ると、ついついVAIOの壁紙にしたくなってしまって(汗

icon icon
それから、iPad2を収めるケースは、
buzzhousedesign製のハンドメイドレザーケース

もともと去年、iPad用に買ったものだったんだけどそのまま共用で使える。

イタリアンレザーの本革仕様で
裏地は高級クロス素材でiPad本体をやさしく保護、
内側にあるベルトを引くとiPadを簡単に取り出せるギミックもあったりと
実用性も考慮してある。

icon icon
それと、iPad2の下敷きにしてるのはbuzzhousedesign本革製マウス&ガジェットパッド

もともとはマウスパッド用として使おうと買ったものだったのだけど、
iPad2をPCで同期する時とか充電する時に
そのままテーブルに直置きにするのは抵抗があるから
そういやガジェットパッドとしても使えるしと思ってこのパッドを敷いたら
なんとまぁジャストサイズだった。

icon
まぁ基本自分が贔屓にしているブランドというのもあるのだけれど、
今回のiPad2用のレザーケースやガジェットパッドに始まって
Xperia arc用のレザーケースにしても最近妙に革製品が増殖しまくり。

革製品って、その素材のチョイスから加工生成までの完成に到るまでの
その工程を含めてで随分と印象が違ってたりするもので
実際にこのイタリアンレザーをここまで贅沢に使ってかつ丁寧な仕上げで作りこまれてると
思わず使い込みたくなる。

何だろう?変な言い方かもしれないけど
この最新ガジェットと相反する動物の皮膚とをコラボというか、
どうせ持ち出すアイテムならちょっとケースも自己主張したいなという
単なる自己満足。

・Xperia arcのために作られたbuzzhouse design.ハンドメイドレザーケース!

Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket