iPadやiPhone、SoftBankケータイで雑誌、新聞が見られる「ビューン」登場!


“電子書籍”ってジャンルは北米ではすっかりスタンダードでも
国内で普及するのはまだ先なんだろうなと思っていたのに、
なんと
複数の雑誌を30日間450円でiPadで見れてしまう
コンテンツ配信サービス「ビューン」をいきなり6月1日から開始すると
SoftBankが発表!

・30を超える最新の新聞・雑誌・テレビがあなたの手の中に。「ビューン」

まず見られるコンテンツの数はまず31用意されていて
例えば
毎日新聞、西日本新聞、スポーツニッポンは
iPad用の記事を用意していたり
実際の本の発売日にあわせてAERAとかDIME、CanCam
といった雑誌が一応売られている雑誌のだいたい5割くらいが見られる。

見られる端末は、
iPad、iPhone、iPod touch、ソフトバンク携帯電話で、
それぞれ30日間での金額が
iPadが450円、iPhone、iPod touchが350円、
ソフトバンクのケータイが月額315円となる。

「ビューン」アプリを起動してから30日間無料で試せる。

-------------------

おおぅ!これはすごい!
と思って早速試してみた。


自分はiPhoneとiPadがあるのだけれど
やっぱり大きい画面で見るほうが楽しそうなので
ひとまずはiPadで。

iTunesでダウンロードできるビューンアプリは
iPhoneとiPadでは異なるので注意。


ちょうど6月1日の午前0時くらいから
ダウンロードできるようになったので
すぐに接続接続ーと思ったらアクセス集中でかなり重い感じ。

それでも何度か試してみると
何冊かの雑誌が表示されてきて
上側には電車の吊り広告みたいなのが
そのまんま掲載されていたりして見てておもしろい。

ちなみに、
DIMEにスマートフォンの記事があったので
タッチしてDIMEを開いてみた。


基本、ページが画像で取り込まれていて
タテにしてると雑誌の1ページ分が表示され
ヨコにすると雑誌の見開きがそのまま収まる形で表示される。

もちろんピンチイン、ピンチアウトで
拡大と縮小も可能で
左右にはじくとページが変わる。

出てるページに対しては
と思えるほどにサイズ変更もタテヨコも自由で
なんて快適!とは思えるのだけれど、
ページを送るたびにサーバーにアクセスしにいくので
その時のダウンロードするまでの間がある。

そこに雑誌をサラサラとめくって見る
という感覚にまでなれないのが惜しい。
この辺はたまたまサーバーが混んでるからなのか?
はわからないけれどそうじゃないならぜひ改善して欲しい。


それから
ニュース動画も「日テレNEWS24」を、
動画とテキストでも見られる。
ヨコにするとフル画面にもなるけど
元画像がSD画像なのであまり綺麗じゃない。

後にはHD画像へとなる予定みたいなので
これも期待できるけれど
見られる動画の数も増やしてくれるとうれしいかも。

-------------------


それでも
これが30日間約1ヶ月でほぼ雑誌の1~2冊分のお金を払うだけで
全部の内容ではないにしても複数の雑誌を読めてしまうのはすごい。

iPadが5月28日に登場して話題が集中している中で
それでもまだ“電子書籍”というものに
自分を含めほとんどの人が慣れてない時に折り重なるように
いつから準備していたんだろう?と思うほどに
絶妙のタイミングで投入してくる戦略もすごいとしか言いようがない。

ソニーも、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社との4社で
電子書籍配信の事業企画会社を
7月1日を目処に設立するのだろうけど、
ビューワーとなるハードウェアやサービスを含めて
早急に具現化して欲しいと思ってしまう。

どちらも存在して競いあったほうが
使う立場からすればもっとサービスが充実して
国内の“電子書籍”事情が進展するんじゃないかなと
素人考えで思ったりする。

・ソニーと凸版印刷、KDDI、朝日新聞の4社で電子書籍配信の新会社を設立!

Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket