ドコモ3Gと公衆無線LANをシームレスに使えるポータブルWi-Fiルーターが登場!


先日のdocomo夏の新製品発表会で明かされた
「定額データプラン」割引キャンペーンに対応した
モバイルWiFiルーターがBUFFALOから正式に発表。

・NTTBPと共同開発、ポータブルWi-Fi:BUFFALO
・外でもドコモでらくらくねっとPortableWi-fi:BUFFALO

ドコモデータ通信機能内蔵ポータブルWi-Fiルーター
正式型番は「DWR-PG」。

まず、既報のとおり
ドコモのFOMAネットワークで利用が可能で
FOMAプラスエリア(800MHz帯)にも対応。

さらに
ワイヤレスLAN、有線LANでの接続に加えて
ワイヤレスLANは公衆無線LANサービス
(FREESPOT、HOTSPOT、フレッツスポット、Mzone、BBモバイルポイント)
もつながり、
かつ、その接続した状況から
よりベストな回線を選択して自動的に接続&切り替えをしてくれる
コグニティブ機能を搭載している。

またクライアントとして接続できうるワイヤレス機器は
を最大で6台まで同時アクセス利用が可能。

通信時で最大約6時間、
スタンバイモードを利用すると最大約30時間と
長時間利用にも適している。

そしてBUFFALOならではの「AOSS」にも対応
していて利用もより簡単に設定もできる。

2010年6月24日(木)より販売開始。

-----------------

価格は、37,000円(税込)とされていて
直販サイト「BUFFALO DIRECT」では
発表日の5月25日に34,800 円で予約販売が開始されたものの
速攻で初回予約受付分が完売。

日本通信「b-mobileWiFi:19,800円(税込)」らに比べると
価格的には割高ではあるけれど、
WAN側の回線をいちいち切り替えせずに
そのままシームレスに利用できるのは便利!

ひとところにずっと居る場合はまだしも
場所を移動しながらインターネットを利用する場合には
やっぱりこの機能はわずらわしさがなくてうれしい。

それと、
NTT東日本のフレッツ光ユーザーに限っては
これと同等の製品を月額315円でレンタルもしてくれるらしくて、
まさに自分もフレッツ光を利用してるから
レンタルがいいじゃん!と一瞬思ったものの
当然NTT西日本なので利用する事はかなわなかったり・・・。

・NTT東日本

出来ればNTT西日本も同じサービスをやって欲しい。。

Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket