UNITED ARROWSコラボのdocomo「F-04A」


ソニエリから発表されたCyber-shotケータイ「S001」が
ものすごく気になりながらも
docomoからauにMNPするわけにいかない事情もあるし
もともと欲しいと思っていた
docomo「F-04A」のUNITED ARROWSスペシャルモデルを買い増し。

初めてのFUJITSU製なので若干の抵抗を感じつつも、
どうせiPhoneを持ってるし、
こっちは、電話とメールがまともに出来ればそれで良いかなと。

で、
実際に本物を見てみたらかなりいい感じだった。


ペトロールブルーというカラーで全体的に深い蒼。
液晶背面はカーボンの織り柄に、
ほんのりと青く反射するミラーのサブディスプレイ、
その他のボディ部分は光沢感仕上げ。

ちょうど前に使っていたN904のアーバンブルーと近い色ながら
この「F-04A」のほうがかなり薄くて、
断然スタイリッシュ。


開いてもUNITED ARROWS仕様。

ダイヤルキーはこの機種専用に
フォントとゴールドプリント。
ヒンジの下あたりに、UNITED ARROWSのロゴが入る。

待ち受け画面だとか、メール送受信画面も
UNITED ARROWS専用のものを用意、
待ち受けは、
スーツ、シャツのボタンが開いてロゴが現れるFlashで動く。


「F-04A」単体の機能の特徴としては、
IPX5等級とIPX7等級の防水性能。

バッテリー部分は2重にロックする機構になっていたり
電源接続端子部分も、気密性の高いフタを使用。

さすがにお風呂までに持っていくつもりもないけど、
雨の日とか、濡れた手でも気にせずに
ケータイをつかめるという安心感だけはうれしい。

カメラ機能(200万画素)とか
ワンセグといった機能はそんなに期待してないのでどうでもいい。

画面は、3インチの480×854ドットフルワイドVGAで、
高精細からくるフォントのみやすさはgood。
小さいフォントにしても、ものすごく読みやすい。

ダイヤルキーは凹凸がかなり少ないので
押した感は少なめだけど、
PRADA Phoneのタッチパネルよりははるかにマシ。
元通りにメールがサクサク打てるようになって
精神的に楽になった。


ちなみに、
UNITED ARROWSスペシャルモデルなので
いろんな箇所にそれなりのこだわりが。

パッケージがロゴ入りの
ブラウンカラーになってるあたりの演出はお約束。


オマケに、
UNITED ARROWSオリジナルレザーケースも付いてくる。

これには、「F-04A」を収納するポケットと
ボールペンやメモ帳のポケットがあって
おしゃれにケータイを持ち歩こうというコンセプトのケースだと思われる。

けど、
どうにもポケットから出し入れしてると
内側に特に何の加工されてなくて
ケータイのボディに傷が付きそうだったり、
こんなに大きいケースだと
そもそも携帯するのに不便そうなので使う機会は少なそうな予感。


本当なら、
イッコのケータイ(もしくはスマートフォン)で
全てがまかなえるに越した事はないけど、
そうもいかないので複数台で分業したい、
と言い訳をしたいだけの単なる自分の趣味。

ひとまず好みのブランドとのコラボだし
思ったよりも本体のデザインが良かったのでかなりお気に入り。


それと、
「F-04A」を買ったら、
UNITED ARROWSスペシャルモデルと同じデザイン天板の
FMVのBIBLO LOOX Uが当たるらしくて
コレいいじゃん!とか思ったら
毎月抽選でたったの2名しか当たらないものらしいので早々に断念。

VAIO typePiconでも
こんなカーボンデザインのブルーのモデルなんかがあったらいいのにな
という妄想をどうしても抱いてしまう。

【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket