世界最薄13.9mmのサイバーショットTシリーズ「DSC-T77、T700」発表!


ソニーのサイバーショットTシリーズがフルモデルチェンジ。

・世界最薄13.9mmの本体に光学式手ブレ補正機能を搭載
カメラまかせで高画質な撮影ができるサイバーショットTシリーズ2機種を発売

DSC-T100からT300まで続いたモデルが、DSC-T700へ。
DSC-T70の後継がDSC-T77へモデルチェンジで、
今回は前モデルと一線を画す方向で、フルモデルチェンジとなる。

-----------------


DSC-T700とDSC-T77の
デジタルカメラとしての基本性能は同等。

有効画素数は1010万画素、1/2.3型「Super HAD CCD」
レンズはカールツァイスの「バリオ・テッサー」を搭載。

光学ズームは4倍で、
焦点距離は35~140mm(35mmフィルム換算)、
F値は、F3.5~4.6。

新開発の手ブレ補正機構内蔵レンズで
光学式の手振れ補正を搭載。

画像処理エンジン「BIONZ」と
「Dレンジオプティマイザー」も搭載、


「おまかせシーン認識」機能には
「人物」「風景」「マクロ」を追加、
顔検出機能には、
目つぶり警告や目つぶり軽減機能までが働いて
さらに失敗写真を防ぐ機能が充実。

起動時間は、約1.6秒
撮影間隔は1010万画素撮影で1.9秒。


基本操作は、やっぱりタッチパネル。

このタッチパネルの操作は、
好みが真っ二つに割れるところで
まさに個人的にはタッチパネルが苦手。
というより画面に指紋がべたべたつくのが好きじゃない。

ただ、
電源ボタンとシャッターボタン、
ズーム操作は、ハード的な操作なのでそこは唯一の救い。

という
ここまでの性能は全く同じで、
本体の大小による差はまったくない。

-----------------

特徴は、
共通して言えるのは、
Tシリーズの本来のコンセプト「Thin(薄い)」にふさわしく、
本当に薄くなった事。

ここ最近のTシリーズは、ぶっとくてこれといった突出した機能もなく
明らかな迷走っぷりを発揮していたけど
ようやくキチっとした特徴を打ち出せたかと。


DSC-T77は、
とにかく薄く最薄部で13.9mm、
ボディにステンレスを採用するなどして堅牢性を保っていて
持ち運びは最高に便利に。


カラバリは、
スタンダードカラーのブラック、シルバーに加えて
個性のあるグリーン、ピンク、ブラウンの5色。

見た目のおしゃれ感はなかなか完成度が高い。


DSC-T700は、
背面液晶が3.5型ワイドの約92.1万画素という
「エクストラファイン液晶」。
213dpiという高精細で、高コントラスト、広視野角がウリ。

この背面液晶で16:9表示させれば、
撮った画像をいつでもハイビジョンクオリティの高解像度で
閲覧できるのが魅力。

内蔵メモリーも4GBという大容量となっていて、
メモステなしでも、大量の画像をストックして
アルバムのように好きな時に思い出の写真を見る事ができる。

プライバシー機能も充実していて
パスワードロックをかけておけば、
ふいに内蔵メモリー内の写真を他人に見られる事もない。

付属ソフトの「Picture Motion Browser」を利用すれば、
かんたん書き出し(PCシンク)というアイコンをクリックするだけで
例えば最高画質で撮影した1010万画素の画像をPCに取り込んだ上で、
今度は、
VGAに変換して小さくした画像をT700へ送りもどして保存。
そうすると、ものすごく大量な写真を
T700のメモリー内にストックできて、
まさにフォトアルバムとして活用できる。


デザインも
レンズカバーを閉めていると
一枚の金属板のようなヘアラインの見えるソリッドなボディ。


カラバリは、
スタンダードカラーのブラック、シルバーと、
女性を意識した感のあるブラウン、ピンク、レッドという暖色系を
あわせた計5色になる。

-----------------


世界最薄という響きとともに発表されて、
薄さもそうだけど、
1010万画素と、光学手ブレ、光学4倍と
ひとまず今考えるに必要十分な性能を備えてるので、
普段使いのデジタルカメラとしては久々に物欲にかられる。

惜しいのは、
焦点距離がワイド側が35mmという事で、
もうちょっと広角があったらなとは思うけど
このサイズじゃそれも厳しいのかなと。。

バッテリーの持ちは
DSC-T700が、約200枚 / 約100分
DSC-T77が、約220枚 / 約110分
と、
本体の小さいT77のほうがロングバッテリーになっていて
(たぶん液晶の大きさと性能の差による影響)
それで基本性能が同じだったら、
T77のほうが超薄いくて持ち運びしやすそうで良さそう気がしないでもない。

T700の内蔵メモリー4GBも捨てがたいけど。

あ、
またソニースタイル限定カラーとかはなくて、
専用コラボケースはないみたい。
そこが一番の物欲ポイントなのに。。

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket