デザインも妥協のない「DSC-T10」、4色のカラバリ。

iconicon
コンパクトでブレない、とっても使いやすいサイバーショット「DSC-T10」
の続き。

「手ブレ補正」と「高感度」のおかげで
誰でも撮影が楽しくなるデジカメ「DSC-T10」icon

とっても優秀だけど、
デザインも良くて、質感も高くて
4種類のカラーバリエーションがあるので
選ぶのも楽しい。

---------------------

【シルバー(S)】
ステンレスのシルバーボディの金属感は、
本体のディティールをクッキリと浮かび上がらせる。

スライドカバーは、ヘアライン処理されたアルミパネルと、
メッキ処理された光沢のあるグリップ部分。

定番カラーだけれども、
シルバーアクセサリーのような高級感があって、そこが結構魅力。

---------------------

【ブラック(B)】
明らかに男性支持層が多い、
落ち着いたカラーリングのブラック。

光沢を抑えたボディで、スライドカバーの閉まった状態は
ブラックで統一された一体感があって、
開けると、カメラレンズとフラッシュが存在感を示す。

単一に見えつつも、スライドカバーのヘアラインは、
光の当たり具合で見え隠れするので
アキがこない。

---------------------

【ホワイト(W)】
新色のホワイト。
ラメのような細かな光を反射している、パールホワイト。

唯一、スライドカバーにヘアラインを施さずに
塗装のみで仕上げられていて、
金属質の固いイメージがない。

やわらかなホワイトボディのところどころに、
シルバーのボタンが輝いているのがとてもオシャレに見える。

---------------------

【ピンク(P)】
同じく新色のピンク。
ツヤのあるパールピンクのボディは、
今までのデジタルカメラにはないインパクト。

どうしてもピンクというカラーは、
ただかわいらしいというイメージになりがちで、
選びにくいカラーでもあるけれども、
スライドカバーに引かれたヘアラインのインパクトが、
全体的に落ち着いた雰囲気にさせているせいか、
以外とクセがないように思える。

このカラーを指名買いするヒト達はいるハズ。

---------------------
その他にも、それぞれ
SONYのロゴマークはダイヤカットによる削り出しになっていたりと、
所有感を満たしてくれる仕上がりになってる。

たかが、デジカメだけど、
せっかく買うのならデザインもカラーも納得したい。

そういった意味では「DSC-T10」iconは、
性能もデザインも妥協はないし、
カラーも好みで選べるので、とってもオススメできるデジカメかな。

iconicon
”α100”販売中!icon

過去のソニーネタも一目瞭然!【DigitalLinkくんこくHP】
ソニースタイルの【VAIO】

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket