超高速・高精度に進化した”4Dフォーカス”で撮りたいシーンを確実に残せるデジタル一眼カメラ「α6300」

0218q
ソニーから、世界最速0.05秒の高速AFと、世界最多425点全面位相差AFセンサーや新動体追従アルゴリズムにより、狙った被写体の一瞬を高精度に捉え続けるデジタル一眼カメラ「α6300」を3月11日に発売。

・世界最速0.05秒AFを実現 世界最多425点位相差AFセンサーで一瞬の動きを高精度に捉え続ける『α6300』 | プレスリリース | ソニー

-------------------------

●高速かつ高精度なファストハイブリッドAFと最速0.05秒の高速オートフォーカスで、撮り逃がさない性能。


「α6300」は、「α6000」からの2年ぶりのモデルチェンジで、さらに強烈に進化した”4Dフォーカス”。

0218p
動体への追従性、高速性に優れている位相差検出方式AFセンサー合焦精度が高いコントラスト検出方式AFとの2つを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」が進化して、「α6000」の0.06秒から、「α6300」では0.05秒という超高速AFに。

0218o
そして驚くべきは、425点像面位相差AFセンサー169点コントラストAFが画面のほぼ全域をカバー。
「α6000」ですら179点だった事からすると驚異的。)

0218n
動体予測アルゴリズムが進化した「高密度AF追従テクノロジー」は、被写体位置に対して「α6000」約7.5倍の密度でAF枠を集中配置させて、より正確に被写体を捕捉。

さらに、超高密度な集中枠を被写体の動きに合わせて追従して、より精度高く捉え続けるという、複雑な動きをする動体に対しても正確にかつ安定して追従する能力を身に着けている。

0218t

AF・AE追従11コマ/秒連写が可能。

連写中でもほぼタイムラグなしで映像を表示しながら最高約8コマ/秒の高速連写もできるようになったので、高速な動体にもフレーミングがしやすくなった。

0218m
そして、Aマウントレンズにも、マウントアダプター「LA-EA3」を介して装着することで、425点の像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲と高速レスポンス、高い追従性能を利用できる。

さらには、動画撮影時にも像面位相差AFセンサーとコントラストAFのファストハイブリッドAFで高い精度と追従性でスムーズなフォーカシングが可能。

オートフォーカススピードは「α6000」の最大2倍高速化。

「AF駆動速度」と「AF追従感度」の調整もできて、対象シーンに合ったフォーカス表現で録画できる。

0218u
他、ダイレクトに「フレキシブルスポット」の位置変更や、拡大しながらのAFが可能に。

液晶画面に「3分割」「方眼」「対角+方眼」の3種類のグリッドラインの表示も可能。

0218j
撮像素子には【APS-C】サイズで新しい有効約2420万画素“Exmor”  CMOSセンサーを搭載。

銅配線の採用と回路プロセスの進化で、集光効率が大幅に向上し、さらに高感度・低ノイズ化、ISO感度は常用でISO100-25600、拡張でISO100-51200までをカバー。

さらに、最高約3コマ/秒連写に対応したサイレント撮影も可能になった。

-------------------------

●高解像4K動画とハイスピード撮影までが可能な動画撮影の強化。

0218h
動画撮影機能では、4Kムービー撮影も可能に。しかも別途外付けのレコーダーを用意することなく単独での記録ができる。

スーパー35mm(APS-C 16:9相当)フォーマットの画素加算のない全画素読み出しで4K(3840×2160)に必要な画素数の約2.4倍の情報量を凝縮して4K映像を出力するから、モアレやジャギーの少ない圧倒的な解像力を誇る4K動画画質で撮影できる。

さらにフルHD映像での120fps ハイスピード撮影に対応。

最大100Mbpsの高ビットレートでの記録が可能で、本体で30p/24p記録を選択して4倍/5倍のスローモーション動画記録もできる。

 XAVC S/AVCHDとMP4(1280×720 30p/24p)を同時に記録でき、外部モニターで映像を確認できるHDMI同時出力にも対応したりと、動画周りも相当に強化されている。

-------------------------

●マグネシウム合金を採用した堅牢性ボディに大幅改良。

0218e
「α6300」
のトップカバー、フロントカバー、内部フレームに加えて、リアカバーにも軽量で剛性の高いマグネシウム合金を採用。

ボディの堅牢性を確保しながら小型・軽量化でき、大型のAマウントレンズを装着してもしっかりとホールドできる。

0218c
そして、主要な操作ボタンやダイヤルにシーリング処理を施して、キャビネット部品のあわせ目を凹凸にすることで2重構造化。

ボディ全体にシーリングを施して、水滴やほこりが浸入しにくい防塵・防滴設計に。

0218d
安心感のある操作性を実現するためにグリップのホールド性を高め、即時性やカスタマイズ性を追求したUI、ボタン類にも使いたい機能をすぐに呼び出せるカスタマイズもできる。

重さに関しては、高剛性を保ちながらボディ単体で約361g、バッテリーとメモリーを含んでも質量は約404g。

0213j
ファインダー部には、約235万ドットの「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」を採用。

自発光する有機ELの忠実な黒を再現する高いコントラスト、広色域、優れた応答性により、暗がりでの撮影時でも、光学ファインダーでは見えないような部分でもしっかりと視認できる。

さらに、60fps/120fpsで表示可能なモードを新たに搭載。ファインダーで動体を狙う場合にもより残像の少ないなめらかな表示ができる。

0218b
背面の液晶モニターには視野率100%の 約92.1万ドット3.0型ワイドディスプレイを採用。

液晶ディスプレイは、ボディ背面から上方向に約90度、下方向に約45度チルトさせることができる。

0218w
また、「α6000」ではなくなって不便だった水平・上下方向の傾きを確認できる「デジタル水準器」表示も復活している。

USB端子からの充電と給電にも対応する。

-------------------------

●Wi-Fi搭載して、撮ってすぐに写真を
 スマートフォンやタブレットに転送!

0218v
Wi-Fiを内蔵して、撮った静止画を、スマートフォンやタブレット、PCやテレビに転送して視聴したり共有したりが出来る。

スマホアプリ “PlayMemories Mobile”を使うと、簡単にカメラ内の画像を転送して、そのあとはInstagramやTwitter/FacebookといったSNSにアップロードが簡単。

NFCに対応しているので、NFCを搭載したスマートフォンであればタッチするだけで面倒な設定もいらず。

「スマートリモコン」機能を使えば、自分のタイミングでシャッターが切れたり、ズーム、セルフタイマー、フラッシュもリモート操作でコントロールできる。

0218x
また、カメラから直接Wi-Fiで、もしくはPCを使って
「PlayMemories Camera Apps」からアプリをダウンロードして
機能をアップしたり、便利機能を加えたり、カメラを進化させることができる。

-------------------------

●デジタル一眼カメラα6300ラインアップ

0218r
デジタル一眼カメラ α6300 ボディのみ 「ILCE-6300」
●ブラック
ソニーストア販売価格:134,880円(税別)  
●長期保証サービス(3年ベーシック)無償
●3月11日発売予定

0218s
デジタル一眼カメラ α6300 ズームレンズキット 「ILCE-6300L」
●ブラック
ソニーストア販売価格:149,880円(税別)  
●長期保証サービス(3年ベーシック)無償
●3月11日発売予定

-------------------------

0218y

この驚異的なまでのAF性能は、本格的なスポーツシーンの撮影だけじゃなくて、それ以上に高速移動する子どもやそのイベントの類でも思う存分性能を発揮してくれるはずで、一回しかない撮影チャンスでも確実にとらえてくれるという意味ではほぼ化物じみた性能。

加えて4K動画もハイスピード撮影もできて、強烈に被写体を補足しつづけて撮ってくれれるムービーにもなる。

これは本体実機を触ったら手に取るように実感できるに違いない。

という事で、銀座ソニービル、ソニーストア大阪/名古屋では3月上旬から先行展示を始めるけれど、もっと早く触りたいと思ったら、2月25日(木)から始まる「CP+2016」でも先んじて展示されるそうなので、行けるひとはぜひ行って「α6300」の性能を味わってみよう。

LINEで送る
Pocket