ダイナミックな広角からスナップまでを1本でこなせるフルサイズEマウントレンズ 「SEL1635Z」を使ってみよう。

  1111a

デジタル一眼カメラ”α”シリーズのフルサイズ対応のFEレンズ、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 「SEL1635Z」が発売となって、ようやく外に撮影するチャンスに恵まれたのでα7に装着して撮ってみた。

-----------------------------

1111b

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 「SEL1635Z」
ソニーストア販売価格:143,880円(税別)  
●長期保証サービス(3年ワイド)無償
●αフォトライフサポート加入者専用ページはこちら。 

焦点距離:16-35mm(APS-C 35mm換算:24-52.5mm)
F値 : F4
レンズ構成 : 10群12枚
絞り羽根 : 7枚 円形絞り
最短撮影距離 : 28cm
フィルター径 : 72mm
サイズ : 78×98.5mm
質量 : 518g

1111d

「SEL1635Z」は、Eマウントシリーズのミラーレスカメラ特有の短いフランジバックを最大限に生かした小型軽量かつ高性能なCarl Zeiss広角ズームレンズ。

Carl Zeiss独自の「T*コーティング」により、フレアやゴーストを抑えた高コントラストな描写が魅力。

1111c

レンズ構成は、高度非球面レンズを含む非球面レンズ5枚と、EDガラス3枚、画面中心から隅々までシャープに描写する高い解像力と、歪曲収差や像面湾曲を極限まで抑制した忠実な再現性や高い色収差補正を持っているとされている。

フィルター経は、72mmとEマウントの中では非常に大きいサイズで、SONY純正のプロテクターであれば、「VF-72MPAM」が適合する。

1111e

35mmフルサイズ対応のFEレンズとしてすでに発売されている、Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS 「SEL2470Z」FE 70-200mm F4 G OSS 「SEL70200G」につづいて、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 「SEL1635Z」が加わった事で、F4通しのコンパクトで明るいレンズがワイドから望遠までひと通り揃った事になる。

1111k 1111l

「SEL1635Z」の焦点距離は、16mmから35mm(APS-C 35mm換算:24-52.5mm)と非常に広角なズームレンズ。

レンズは、35mm側にした時がいわゆるレンズの筒が収まった一番短い状態で、16mmの広角側にするとレンズが前面に飛び出す形状になる。といっても、望遠レンズほどの伸長ではなくて約15mmほど前にせり出す程度で実用上で影響はない。

ズームリングは適度な抵抗感を感じながら滑らかに回せて、オートフォーカスもとても静か。

1111f

「SEL1635Z」のレンズの全長は98.5mmで 「SEL2470Z」の全長94.5mmと比較すると、約4mmの長さの違いで、パッと見ただけであれば区別がつかないくらいにレンズの形状もとても良く似ている。

1111h 1111g

正面から見るとレンズの大きさの違いがわかりやすく、「SEL1635Z」のレンズ径は72mmで、「SEL2470Z」レンズ経67mm。

 「SEL1635Z」の中身は、高度非球面AA(Advanced aspherical)レンズ1枚を含む非球面レンズ4枚、EDガラス3枚という構成で、レンズの重さは約518g。

α7に装着すると、メモリー、バッテリー含めて総重量としては約979g(α7Sとで1,007g)、トータル重量はちょうど1kgくらいの重さになる。

-------------------------

●”α7”+「SEL1635Z」で撮ってみた。

こちらは、”α7″Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 「SEL1635Z」を装着して数点撮影テスト。

以下は、同じ場所から焦点距離を35mm/28mm/24mm/20mm/16mmと変えて撮影したもの。

icon
焦点距離:35mm(35mm換算) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:1600

icon
焦点距離:28mm(35mm換算 300mm) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:1250

icon
焦点距離:24mm(35mm換算 300mm) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:1000

icon
焦点距離:20mm(35mm換算 300mm) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:1000

icon
焦点距離:16mm(35mm換算 300mm) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:1000

-----------------------------

 そして、以下は、近所にある庭園施設(やまぐちフラワーランド)、工房茶屋ばさら窯で撮影したサンプル数枚。

・やまぐちフラワーランド
・工房茶屋ばさら窯

icon
焦点距離:16mm(35mm換算) シャッタースピード:1/1000秒 絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:100

 icon
焦点距離:35mm(35mm換算) シャッタースピード:1/320秒
絞り値:F8 露出補正:+0.7EV ISO:1000

 icon
焦点距離:35mm(35mm換算) シャッタースピード:1/800秒
絞り値:F4.5 露出補正:+1EV ISO:100

 icon
焦点距離:35mm(35mm換算) シャッタースピード:1/400秒
絞り値:F4 露出補正:+1EV ISO:100

 icon
焦点距離:16mm(35mm換算) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+1EV ISO:250

 icon
焦点距離:35mm(35mm換算) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:800

 icon
焦点距離:16mm(35mm換算) シャッタースピード:1/15秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:50

 icon
焦点距離:35mm(35mm換算) シャッタースピード:1/60秒
絞り値:F4.5 露出補正:+0.7EV ISO:400

<今回の撮影画像>
・「SEL1635Z」で撮影してみたサンプル画像。(Google+)

-----------------------------

 1111i

 広角24mmからさらにもう一歩踏み込んだ16mmのダイナミックな広角な構図で撮れるのがおもしろくて、狭い場所で目一杯収められるのはもちろん、特に空の青空をドーンと入れたり、周囲を巻き込んだ撮影が楽しい。

今回はあえてこれ1本しか持たずに撮影してみたけれど、広角だけじゃなく35mmでも撮れるから、レンズを変える事無くそのままスナップとして撮れてしまえるので妙なジレンマを抱えることなく結構サクサクと撮って来れた。

画像を見ても、フォーカスのあった部分のディティール、被写体の質感も解像よくて、そこから被写界深度を外れるときれいに滑らかなボケていて、鮮明に映っていてなかなか心地良い。

1111j

しかも、全域で開放F4で撮れるという事もあって、撮っている時に広角から望遠にズームを変えても、条件さえ変わらなければ露出を変更してということもなく撮ることができるし、光学手ブレ補正も内蔵されていることもあって、かなり自由に撮れてずいぶんと使い勝手も良かった。

 これで、Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS 「SEL2470Z」FE 70-200mm F4 G OSS 「SEL70200G」含めて、35mmフルサイズ対応のFEレンズで通しF4のソニー小三元が揃ってしまって、α7持ってると3つ揃えたくなるのがそら恐ろしい。

・ついに来たよ35mmフルサイズのコンパクトデジタル一眼Eマウント”α7”!
・やたらウキウキで、初めてα7/α7Rを持って撮影してきた!
・α7を持って、横須賀港に撮影に行ってみた。
・α7にマウントアダプター+望遠レンズで、呉港に撮影に行ってみた。
・かなり楽しみに待ってた「SEL55F18Z」が来たからα7他で撮ってきてみた。
・α7で、1/1ガンダムとストライクフリーダムを狙い撃つっ( ゚д゚ )!!!
・α7にあるとかなり重宝するカールツァイスレンズ「SEL2470Z」。

iconicon

【TOPページへ】

LINEで送る
Pocket